昨日は朝のある出来事をきっかけに少し?いやっ、かなり?凹んでしまいました(^_^;)


こんな気分のままじゃいけないな~


とは思ったものの、なかなか切り替えることができず、ズルズルと夜まで引きずっていました。



こんな気分じゃ、ダメだ!

今日は早く帰ろう!



と思い、20時半ごろ退社(早くない??(^_^;)



ところが、乗った電車が会社と自宅の中間あたりで停車。


「踏切事故が発生したため、15分~20分ほど停車します。」


とのアナウンス。。。。



え~~~~~ 早く帰れると思ったのに。。。。


とは思ったものの、



あと30分遅かったら、会社を出た時点で止まっていただろうし、

動き始めたばかりの電車だと、きっと混んでるし。。。


早く乗っててよかった~~\(^◇^)/

それに本もゆっくり読めるし~~\(^_^)/ばんざーい



などと考えていました。なんて前向きな・・・(^_^;)



だって、イライラしたところで電車が動きだすわけではないし、

自分で勝手に不快になって、イヤな気持ちになっても、困るのは自分ですからね。


自分ではどうしようもないことは受け入れてしまって、



じゃぁ、どうする?



と考えた方がよっぽどいいと思っていますから。



20分ごろ停車したあとは順調に運転再開。

家に着いたのも、やはり予定よりも20分遅れぐらいでした。



で、玄関を入るときに


あれっ?朝から凹んでたのに、今は全然そんな気持ちがない。


ということに気づいて、なぜだろう?と考えてみたのですが、

たぶん、電車内での読書のおかげ、ですね。



過去のことを思い出してみても、


職場でイライラしたり、凹んだりすることがあっても、家まで引きずっていることはほとんどない。

その理由も、やっぱり、電車内の読書だな~

本を読むことで気持ちを切り替えてるんだな~って思いました。



私にとっては、ONとOFF,仕事モードと家庭モードの切替スイッチが『読書』なんですね。



よしっ!

これからは気分転換が必要と思ったら読書しよう!!

でも、勤務時間中はマズイかな??(ノ_-。)