家族といっしょにリビングにいるのに、イヤホンで音楽を聴きながら本を読んでいました。

先日参加した「日経ビジネスアソシエを読む朝食会。」で、そんな私の経験をお話しさせていただきました。


この話を聞いたみなさんの反応は、声には出さなかったものの (゚ロ゚;)エェッ!? 

だと思います。


私だって、今考えると (゚ロ゚;)エェッ!? ですから(;^_^A



でも、なぜそんなことをしたかというと、「”自分の”時間を無駄にしたくない」という気持ちがあったからです。

そう、「自分の」なんですよね。。。


それに、そのときは「今」という超短期的な視野しかなく、中長期的な視点で考えることをしていなかったと思います。


嫁と子供たちはテレビを観ているけど、私はその番組には興味がないし・・・

だったら本を読みたいけど、テレビの音が入ってくると気が散って読書に集中できないから、イヤホンして読もう!

って・・・


でも、それってどうなの??


と聞くまでもなく、ダメですよね(;^_^A



半年ほど前に『時間術の「落とし穴」』という記事を書いているのですが、時短する際にも、


その「無駄」は本当に排除していいのか?

ということを考えなければいけないと思います。



「今」だけを考えると「ムダ」と思えることであっても、中長期的に考えると必要なこともたくさんあるんじゃないかな。

かつての私のように、一見ムダと思えることだけれど、実はムダではないこと,必要なことまで削ってしまわないように気を付けてくださいね。


【関連記事】

2012-07-16 『日経ビジネスアソシエを読む朝食会。に参加しました』

2011-11-28 『時間術の「落とし穴」』


【関連書籍】

長野慶太(著)『TIME×YEN 時間術 すべての時間を成果に変える31の鉄則』


【送料無料】Time×yen時間術 [ 長野慶太 ]

【送料無料】Time×yen時間術 [ 長野慶太 ]
価格:1,365円(税込、送料別)