「インテル」と聴いて何を思い浮かべますか??

おそらくパソコンのCPUを作っているメーカ、「Intel」のことを考える人が多いと思いますが、

もう1つ、「インテルナツィオナーレ・ミラノ」というイタリア・ミラノを本拠地とするサッカークラブのことも単に「インテル」とよびます。


なぜこんなことを書いたかというと、前回の記事『第25回日経ビジネスアソシエを読む朝食会。に参加しました』 http://d.hatena.ne.jp/tkazu0408/20120812/1344725939 の最後に書いた「私のツボにはまってしまい、笑いが止まらなかったエピソード」に関係があるからです。


これまた、坂巻編集長のネタになるのですが、日経ビジネスアソシエの編集に携わる以前に、あるパソコン雑誌の編集もやられていたとのこと。


ただし、坂巻さんはパソコンのことは全然詳しくなかったので、編集者が


インテルは調子がいいよね~


と言われても、


えっ! 今6位だろ? 全然調子よくないじゃん


とか、


シーピーユー?? そんな選手いたっけ??

クロックス?? 靴か??(すみません、これは今、私が作りました(;^_^A)


と、パソコンの話をしているのに、坂巻さんはサッカーの話だと思って聴いていたとのこと。だから、


みんなそんなにサッカーが好きなのか!?


と思ったそうです(笑)


こうやって文字にしてしまうと面白くないのですが、でも、編集長の話し方がよかったこともあり、私は笑いが止まりませんでした。


──────────

ところで、先ほどの単語、少しでもパソコンのことを知っていれば、何のことだかわかりますよね?

シーピーユーではなくてCPU、中央演算装置、まぁ、パソコンの頭脳にあたる部分です。


ついでに、クロックスではなく、クロック数です。

私もそれほど詳しくはないのですが、一般的には数値が大きい方が性能が高いようです。

──────────


でも、坂巻さんがそのPC雑誌の編集に携わるようになってから売り上げが伸びたとのこと。

それは、それまでの編集者はパソコンの知識があったため、


読者も当然これぐらいは知っているだろう


と思い、説明を省いていたのでしょう。おそらく無意識のうちに・・・


そんな中にパソコンのことを知らない坂巻さんが加わったことで、


こんなことを知らない人,知りたがっている人がいるんだ!


ということに気付いて記事に書くようになったから、初心者に分かりやすい雑誌になり、売り上げが伸びたのだと思います。



雑誌に限らずブログや仕事での報告書などでも、書いている人は自分が分かっているから、削ってしまって書かない部分があります。


私も仕事の報告メールを書いたあと、


「これってどういうこと?」と聞かれることもたびたびあります(;^_^A


で、「〇〇〇ということですが」と言うと、


「それは書いてくれなきゃわかんないよ」って。。。



文章を書くときや、特に読み返すときは、前知識がない第3者になる必要がある。


そう感じたエピソードでもありました。


でもなぁ。。。

ブログを書くのは今でも時間がかかっているのに、第3者になって読み返して修正して・・・

ってやってたら、ますます時間がかかってしまう(ノ_-。)


その分、更新頻度を落とそうかな??

なんて言えるほど更新できていませんけどね・・・・(;^_^A