昨日、散歩のついでに寄った文具店で、2種類のペン、各2色、合わせて4本を買いました^^


買ったのはこちら。

38f5909e.jpg
 505b22bf.jpg

ステッドラーのテキストサーファーゲル三菱鉛筆のダーマトグラフです。




まずは、ステッドラーのテキストサーファーゲルですが、こちらは、3月に放送された「お願いランキングGOLD 第1回 最新文房具総選挙 筆記用具部門」で堂々第1位に輝いたものです^^


普段、ほとんどテレビを観ない私ですが、文房具は好きなので、このテレビは観ていました。

で、放送が終わったあとに、このステッドラーのテキストサーファーゲルは欲しいな~と思ったものの、買うのを忘れてそのままになっておりました(;^_^A



それが先日、書評ブロガーの一龍さんのこの記事「ライフログノートのマーキングに【文具】ステッドラー テキストサーファーゲル」を読んだら、無性に欲しくなってしまいまして......

今度は買い忘れないように、しっかりと、TODOリストに「ステッドラー テキストサーファーゲルを買う」と書いておきました。

で、やっと昨日ゲットしてきたのです\(^o^)/



では、このステッドラーのテキストサーファーゲルとはなんぞや?ということですが、詳細は一龍さんのブログを読んでいただくとして、簡単にいうと、繰り出し式の蛍光ペン,ラインマーカーです。

使い方は”口紅”のような感じですね。

インクが減ってくれば、お尻のところをくるくると回すと固形インクが出てきます。

23526d85.jpg



で、発色ですが、私が買ったのはピンクとグリーン。

ピンクは普通の蛍光ペンとあまり変わりませんが、グリーンは、緑というより黄色に近いですね。

0990a310.jpg


ステッドーラーの製品紹介ページはこちら





もう1使ったのがダーマトグラフ

こちらは何かというと、いわゆる、色鉛筆です。


普通の色鉛筆と違う所は、削らなくていい、ということ。

下の絵は三菱鉛筆さんのホームページから借りしてきましたが、芯が短くなったら、こうやって紙をめくればいいのです。

d1ac5d38.jpg





特徴はそれだけだと思っていたのですが、実は、


ガラス、金属、プラスチックなどに自由に描ける特殊芯とのこと。また、

■油性ダーマトグラフ

ガラス、金属、プラスチックなどに自由に描ける特殊芯を使っています。

■水性ダーマトグラフ

ガラス、金属、プラスチックなどに自由に描ける特殊芯を使っています。水で消すことのできるタイプです。


らしいのです。


水性タイプだと水で消せるので、ホワイトボードやガラスに書いたり、ちょっと遊べそうですよね(笑)

詳細は三菱鉛筆さんのホームページ





このダーマトグラフ、私は小学生の時に使っていた記憶があるんです。

だから、懐かしいな~と思っていたのですが、ガラス、金属、プラスチックなどにも描けるとは知りませんでした。

さっそく筆箱に入れて使ってみたいと思います!