技術屋かずのつれづれ日記

自分が体験したことで、ほかの人にもお勧めしたいことを書いていきます

ブログを通じて、仕事もプライベートも楽しく過ごす方法を探して多くの人と共有したいと思っています。
そのために、私が思ったことや感じたこと,得た情報などから「心が豊かになること」「社会に役に立つこと」を発信します。

旧ブログ「技術屋かずの徒然日記」 http://d.hatena.ne.jp/tkazu0408/ から引っ越してきました。
Twitterやってます。フォローしてもらえたら嬉しいです! https://twitter.com/t_kazu0408
Facebookページも作りました。「いいね!」してもらえたら、飛び上って喜びます! https://www.facebook.com/t.kazu0408

2015年10月10日 ここから再び「はてなブログ」に引っ越しました。
引っ越し先は”はてなブログ”でブログのタイトルは「日々是好日」
URLは http://kazu-eng.hateblo.jp/ です。
よろしければ、こちらものぞいてみてくださいm(__)m

2013年09月

いろんな意味で勇気をもらいました(笑) 『池田千恵(著) 「仕事を任される人」になる5つのルール ──なぜ、ダメ新人の私が大逆転できたのか?』

みなさん、早起きしてますかーぁ?(アントニオ猪木風に(笑)


私は平日は毎朝4時半に起きる「ヨジラー」です^^





さて、今日ご紹介するのは、「ヨジラー」という言葉の生みの親(?)で、もちろん、本人もヨジラーである池田千恵さんの新刊『「仕事を任される人」になる5つのルール』です。





この装丁、何かに似ていると思いませんか?

そう!先週最終回を迎えてしまいましたが「倍返し」という言葉を流行らせたこの番組

f57943ca.jpg
(この画像は半沢直樹のHPからキャプチャしました)

このことは私が気づいたわけではなく、先日、1日限りの池田知恵ファンクラブ&この本の出版記念に参加した時に、ご本人が言われていたのをパクったんですけどね(;^_^A


この本のプロローグにこんな文章があります。

「今に見てろよ」

「いつまでも仕事ができないやつだと思うなよ!」



それから、こんな文章も

 これから私がお伝えする手法は「今に見てろよ」を前向きなエネルギーに変えて人生を大逆転させる「逆襲のルール」です。

「逆襲のルール」本書では強調されていません。強調したのはワタクシです。

装丁だけでなく、考え方も「半沢直樹」,「倍返し」的ですよね?(笑)



それもそのはず、池田千恵さん曰く

「この本にはリアル倍返しするための具体的な方法を書いた」

とのことだし、


この本のタイトル案には

「逆襲の仕事術」

「いつまでも使えないやつだと思うなよ!」

もあったそうですからね~





では、リアル倍返しするため方法の中から私が付箋を貼った箇所からいくつかを紹介したいと思います。

f5dbc40c.jpg


【目次】


はじめに  「君にやってもらえれば間違いない」と言われるとき


プロローグ この「5つの力」であなたは這い上がる


第1章   上司やお客様に満足してもらう

      ──コミュニケーション力


第2章   すぐに取りかからない。まず考える

      ──段取り力


第3章   問題点を”見える化”する

      ──現状把握力


第4章   「やりたい!」をセーブしない

      ──素直力


第5章   目的意識をハッキリ持つ

      ──自己実現力


おわりに  あなたの本気で、周囲をあっと言わせよう





本当は本に書かれた順番に紹介した方がいいのかもしれませんが、まず最初に今の私がいちばんグサッときた部分から紹介します。ちょっと長いけど...

「完璧主義」というブレーキの外し方


 真面目で一生懸命な人ほど、つねに完璧を目指していることが多いような気がしています。例えば、仕事もバリバリ、家ではいつもキレイに、シャツはしわ1つなく、巻き髪も乱さず、料理も出来合いのものは嫌なので毎日作って、子供に寂しい思いをさせたくないので遊ぶ時間もきちんと取って・・・・・・というように。


 完璧主義の人ほど、「まだ今、私のイメージする状態になっていない」と言いますが、あなたのイメージ、どれだけ完璧なんですか?


 あれもこれもと頑張れば頑張るほど、自分がすり減っていくような気がしませんか?全部中途半端な気がしてしまって、できない自分に落ち込んだりすることがありませんか?


 私は、すぐに行動に移せる人、移せない人の違いは、「完璧」のとらえ方の違いなのではないかと考えています。前者は「自分の中で考え抜いた、現時点での完璧」がわかったら、まず行動するから動きが早いのです。一方後者は「まだ見ぬ全人類から認められ得る完璧」を追求するために立ち止ってしまっていつまでも前に進めません。つまり、「完璧」の基準を自分で決めているか、相手に「完璧」の基準をゆだねているかの違いです。


 「完璧」は、周囲の状況や優先順位によって変わるものです。絶対的な完璧なんてないから動いた方がすぐに軌道修正できるし、得なので、考えてもしょうがないことでぐるぐる悩まないことが大事だと思うのです。

 「完璧」の判断基準をあいまいにするのではなく、自分で毎回、「この場合は、ここまでやれば私なりの完璧だ!」と具体的に決めてみませんか?(P85-87)

なぜこの部分がいちばんグサッときたのか??

それは前回記事「やりたいけどやれないこと、実はそれは...」にもかかわる部分があるからじゃないかな??



私は自分で自分のことは「完璧主義」だと思っています。

ウツになったことで、多少はいい加減になれた部分もあるのですが、でも、根本的な部分では、やはり完璧主義ですよね...

小中学校の頃なんて、テストで100点取っても模範解答と同じじゃなきゃ満足しなかったし(;^_^A


だから、私がブログを書けなくなった理由には「本当はやりたいことではない」以外にも『後者(すぐに行動に移せる人、移せない人)は「まだ見ぬ全人類から認められ得る完璧」を追求するために立ち止ってしまっていつまでも前に進め』ない、というのもあるのではないか、と思ったんですよね。


でも、「完璧」とか「自信」とかって、身についたからやるものではないんですよね。

私も結婚しているし子供もいるけど、じゃあ、結婚する前に、「完璧」な家庭を築く「自信」があったかって...あるわけないし、

子どもを育てる「自信」あったかと言われても、「ない」というのが正直なところです。



結婚したい!と思ったから、結婚したし、子どもが欲しいと思ったから作った、ただそれだけ。

結婚生活や子育てを続けるうちに、いろんなことがわかってくるし、自分自身成長して、自信もついてくるんじゃないかな。

今でも「完璧」にはほど遠いと思いますけど(;^_^A



それでいいんだろうな~

「この場合は、ここまでやれば私なりの完璧だ!」

いろんな事柄ごとに自分なりの完璧のレベルを設定してみたいと思います。今より低いレベルでね(;^_^A



まぁ、これまでにアップしてきたブログの記事、これは全く持って「完璧」には程遠いですが...

結婚生活や子育てと同じように、やっていくうちに上手くなれればいいな~と思います^^





「どうしたらいいか」を自分で考えるステップ


社会人2年目のとき、上司に相談しようとして遮られ、言われた言葉があります。


相談するテーマと自分の案を持ってくるように。それがない相談は、相談ではない。


 私はそう言われるまで「わかりません。どうしたらいいですか?」と聴くことが相談だと思っていました。しかし、上司にとって、その行動は相談のレベルにも達していなかったため、遮られてしまったのでした。(p63)

こういう聞き方をしてくる人、私のまわりでも多いですね。自分で考えていないというか・・・


「どうしたらいいですか?」と聞かれた時、私は

「どうしたいの?」とか「どうすればいいと思う?」とか、こちらからも聞き返すようにしています。

それから最後に「次からは、どうすればいいですか? じゃなくて、こうしたいんですけど、どうですか? と質問するように!」とも言っています。


だって、こちらから答えを与えたら、自分で考えなくなるし、もしうまくいかなかった場合、「言われたからやったのに・・・」と人に責任を押し付ける人になってしまいますからね。

自分でやったことは、たとえ人からアドバイスされたことであっても自分で責任を取る、そんな人になったもらいたいな~


 


よい「しょうがない」と悪い「しょうがない」


「しょうがないよ」

 という言葉はついつい口から出てしまうものですよね。この言葉を聞いたとき、元気になるときとなんだか悔しいときがあるな? どうしてだろう? とふと思い、先日、自分が過去に発した「しょうがない」を具体的に思い出して分析してみたところ、面白いことがわかりました。


「しょうがない」という言葉には、いいものと悪いものがあることに気付いたのです。いいものには二つのタイプがあり、悪いものは一つです。


 よい「しょうがない」の一つ目は過去を振り返って言う「しょうがない」、二つ目は落ち込んだ相手を元気づけるための「しょうがない」です。前者は自分や相手がしてしまったことをくよくよ悩んだり恨んだりしないための言葉です。後者は、相手の気持ちを少しでも楽にするための言葉です。


 一方、悪い「しょうがない」は、今と未来をあきらめる「しょうがない」。つまり、思い通りになっていない状況をそのまま受け入れてしまう言葉です。こちらの「しょうがない」は、思考停止を生むのではないかと考えています。(p142-143)

「しょうがない」・・・関西弁でいうと「しゃーない」(笑)

千恵さんが書いているとおり、使い方,考え方によっては非常に便利な言葉だと思います。

この本の最後に「NGワードリスト」があるのですが、悪い「しょうがない」は私の「NGワードリスト」に入れようと思います^^





失敗は単に知らなかっただけ


 失敗したのは、自分に人格的な、根本的な欠陥があるわけではなく、単に知らなかっただけ。そう考えると、なんだか気持ちが楽になりませんか?(p158)


こう思えるようになると、自分の失敗だけでなく、人の失敗に対しても寛容になれそうですね。

失敗したからってガミガミ言うのではなく、「これで勉強になったね^^」そう言える自分になりたいですね。

自分の心に余裕がないと、なかなか難しいと思いますが...


でも、いくら勉強好きでもあまり「これで勉強になったね^^」と自分に言わないようにしないとね(;^_^A

それから、勉強は1回限り、やっても2回までということにしようと思います!





あなたの本当の「欲」は何?


 では、「欲」はどうやって見つければいいのでしょうか。

 例えば、「〇〇したいけどできない」という言葉を発してしまったとき、すでにあなたは「できない理由」を心の中にたくさん隠し持っているのかもしれません。だって、本当に心からしたいことだったら、どんな思いをしても動かずにはいられないはずですよね。もしくは、「〇〇したい」という理由を、何かキレイな大義名分から作り上げているから、実は自分の本心とは違うのかもしれません。その時点でもう一歩考えを深める必要があります。


<中略>


 ほかの人にかっこいい目標を言うのはいいですが、自分にはウソをつかなくてもいいじゃないですか。かっこ悪い欲を探してもいいのではないでしょうか。生々しい欲を探ってみましょう。(p175-178)

これも前回記事「やりたいけどやれないこと、実はそれは...」と重ねて考えてしまいました。

「なぜブログを書きたいんだろう??」と...


私がブログを書く理由私がブログを始めた理由については、2度(?)記事を書いているのですが、いちばんの理由は

会社の看板をはずして『私という人間がいることを知って欲しかったから』



じゃあ、書けなくなった理由は、この逆なのかな??


確かに勉強会や講演会を通して仕事関係以外でのリアルな出会いもたくさんありました。

だから、ブログ(バーチャルな世界)にこだわらなくなってきたのかな??

いやっ、それだけじゃないような気もします。

じゃぁ、なぜ?と聞かれても答えに困ってしまいますが...


私は毎週末に2~3時間「ひとり作戦会議」の時間を取って、いろんな考えごとをすることにしているので、今週末は私の生々しい欲を探ってみようと思います^^

そこで出てくる『欲』は、きっと、人には言えないような『欲』だろうから、ブログは書かない(書けない)でしょうけどね(;^_^A





徹底的に妄想する極意


 目標をなんとなく想像するだけに終わらせず、行動に移すためには、今どこからスタートすればよいかを徹底的に分析してみると、一歩を踏み出したときに、今目指す山の何合目を歩いているかがわかるようになりますし、「これを続けていけば前に進んでいける」という実感が持てます。

 逆に言うと、徹底的に考えていないから「どうせ無理だ」と思考停止に陥ってしまったり、「頑張っているのになかなか憧れの人に近づけないなあ」とあきらめてしまったりしているのです。(p185)


確かにそうですよね~

”なんとなく想像するだけ”では「目標」ではなく、ただの「夢」になってしまうんですよね...

本当にその「目標」を達成したいのであれば、現状分析して今の自分に欠けているものをみつけて補っていく努力をしなきゃいけないですね。

私もタスクリストの「夢・目標」欄には20個ほど書いていありますが、「行動に移すためには、今どこからスタートすればよいかを徹底的に分析」した項目はないかも…(;^_^A


これじゃあ、いつまでたっても「夢のまた夢」で終わってしまいそうなので、先ほどの『欲』にもつながりますが、本当にかなえたいことは何なのか?そのためにはどうすればいいのか?を1つずつ考えてみたいと思います。

まだまだ時間はたーーっぷりありますから~^^





【感想】


池田千恵さんはデビュー作『「朝4時起き」で、すべてがうまく回りだす!』でも、ダメダメOLだったころの自分のことを隠すことなく披露されていましたが、本著でもその姿勢は変わらず。

正直、「えっ!そんなことをしてたの??」と思えるようなエピソードもありました。

それはそれで読んで面白かったですけどね(笑)



でも、どうしてそこまで自分をさらけ出せるのか??

先日の講演会で、

それは「SNSが発達した現在では、隠そうと思っても隠しきれるものではない」、ということに加えて

「ダメだった自分をさらけ出すことで他人を勇気づけることができる世界」

だとおっしゃっていました。


確かに勇気づけられました(笑)



しかし、「問題は、その原因が割った時点で8割解決している」とも言われます。

そう思うと、ダメダメな自分であっても、何がダメダメなのかがわかった時点で8割解決。

あとは、どうやってそれを直していくのかを考えればいいだけ、とも考えられますね。





この本に書かれていることは、正直、他の本にも書かれていることやあたりまえのことが多いです。


「当たり前のことを当たり前のようにやっていてはあたりまえの結果しか出ない」とは渡邉美樹さんの言葉だそうですが、

先日の講演会で千恵さんは『バカみたいにコツコツ目の前のことをできる人が「倍返し」できる』とおっしゃいました。

確かにその通りだと思います。



基本ができていないのに応用ができるわけがない!

まずは当たり前のこと(基本)がしっかりできるようになるまでバカになってやる。そんな姿勢が大切なんだと思いました。


そういう意味でも、この本は入社2~3年目の若いビジネスマンに読んでほしいですね。



千恵さん、勇気をもらえる本をありがとうございました!

それから、アフタヌーンティーもよろしくお願いしますm(_ _)m

あー、テーマを早く考えなきゃ!!!!!!





ついでに、こんなタイトルの本も



やりたいけどやれないこと、実はそれは...

ブログを書くことがなかなか習慣にならない技術屋です(;^_^A



手帳・ノートもリニューアルしたし、他にも書きたいことや、紹介したい本はたくさんあるんですけどねぇ...

でも、書けない。

書こうとしても筆が進まない,キーボードを打つ手が止まってしまうんです。



なぜ書けないのか,書くことが習慣にならないのか?

やりたい!と思っているのにやらないこと,長続きしないこと、

実は、そのこと自体、本当は好きじゃないこと、やりたくないことなのです!

a36e9097.jpg


これ、6月末に参加した時間術のセミナーで言われたことです。(このセミナーの様子は「仕事が速い人の時間術」というムックになっていますので、よろしければ読んでみてください)

この時は、後輩の指導方針など、自分の作業ではなく考える時間を取りたいと思っているのに取れない、ということを相談した時の回答ですが、でも、なにごとにも当てはまるんじゃないかなと思います。





自分ではブログを書きたいと思っているけど、実は「書きたい」ではなく「書かなきゃ!」と思っているだけ。

書けないのは、実は書くのが好きじゃないのかもしれませんね…



実際、子どものときから作文や読書感想文など、自分の思ったことを書くのって、大の苦手でしたから。

それは今でも残っているんだと思います。



その上、読んでくれる人はどんなことを知りたいのか、その人たちに何を知らせればいいのか・・・などと思うと余計に書けなくなってしまうのです。

これって考え過ぎ。その時その時の考えを好きに書けばいいのかもしれませんが、間が空けばあくほど、

ちゃんと書かなきゃ!!

と思ってしまっている自分がいるような気もします。





どうしたらいいんでしょうね??????





セミナーでの美崎さんのアドバイスに倣えば、

1つの記事を書きあげられなくても、とりあえず5分だけのつもりで始める

それを積み重ねて1つの記事に仕上げていく。

そんな感じでもいいのかな?? なんて思ってもいますが...





ということで、この記事は何日にもわたって追記・削除・修正を繰り返しました。

えっ!それでこの内容??なんて言わないででくださいね(苦笑)



1日5分、10分から始めて、徐々に延ばしていければいいな~と思います。





このブログを立ち上げて、もうすぐ3年。記事は400本余りしか書けていませんが、これからも、コツコツ、気まぐれに書いてはいこうと思いますのでよろしくお願いしますm(__)m







私のノート術 ノートを完全リニューアルしました!

前回私のノート術について書いたのは2013年7月16日(その時の記事はこちら)なので、2か月近く経ってしまいましたね(;^_^A


その頃も、もう、

手帳・ノートの使い方は今のままでいいのか??変えたいな~

と思っていたのですが、9月に入ったのをきっかけに全面リニューアルしました。





変えたいと思っていた理由はいくつかあるのですが、第一に重かったから。

先日、あるところに持って行って重さを計ったら、750グラムもあったのです!

以前、自分で計ったときには450グラムだったのに・・・と思ったけど、家でも、もう一度計りなおしてみたけど、やっぱり750グラムありました!

でも、今度のノートも560グラムありますけどね(;^_^A

dab426bd.jpg
 (これは新しいノートの重さです)




2番目の理由は、ノート(手帳)に複数本のペンを刺して持ち歩きたかったから。

以前のノートにはフリクションの3色ボールペンを1本刺していたのですが、最近使うようになった万年筆も刺したいな~と思いまして...

筆箱に入れて持ち歩いてもいいのだけれど、そっちはそっちで大量に入ってますからね。これも700グラムぐらいあるし。ノートと合わせて1.5キロ。最近のモバイルノートPCより重いんだもの、やっぱり重いよね(;^_^A

9c1605dd.jpg




もう1つ、A5サイズでは小さいと感じるようになったから。

ノートに左側には作業した時刻を書くため,右側には予測と実績の時間を書くために余白を取っているから、実際に書けるスペースが足りないと感じるようになってきたのです。

それに、片面にしか書いていなかったから、紙の量の割には書ける部分は少ないし...




それから、スケジュールもタスクも、ほとんどデジタル化しているのに、手書きとダブルで書くのは(実績については3つ)ムダだと思うし、1つにしてしまおうというのもあり...


他にもいろいろと不満がたまってきたので、ここは!ということで全面リニューアルしました^^





新たなお供はこちら

9e2e6c45.jpg



外装はコクヨのカバーノート「SYSTEMIC[システミック]リングノートタイプ」のB5版です。

c7e8aaa5.jpg



でも、中身のノートは元々付属している「ツインリングノート〈エッジタイトル〉」ではなく、コクヨの「キャンパスバインダー<スマートリング>」に自作のリフィル(無地のルーズリーフに印刷したもの)を入れて使っています。

467c5070.jpg



市販の(リング)ノートを入れて使おうとしたのですが、気に入ったノートがなかなか見つからなかったので、今回も結局は自分で作ってしまいました(;^_^A

5d916414.jpg
 (今までと同じく、ドット&左右に罫線入りです)



他にも計画用のシートも作ったりしてみましたが、でも、変更して1週間足らず。まだまだ不満なところ,改善したい部分も多々ありますので、どんな使い方をしているのかは、ある程度固まった段階で紹介しますね。


使う本人としても、早く固めたいのですが(;^_^A

今週・来週くらいは、いろんな使い方をしてみて、ある程度固めて、その後も修正し続けていく、そんな使い方をしてみたいと思います。
















プロフィール
Twitter やってます
Facebookページ
記事検索 by Google
楽天カードでポイント生活はじめよう!
アクセスカウンター

    メッセージ

    直接のご連絡はこちらからどうぞ

    名前
    メール
    本文
    feedlyへの登録はこちらから!
    follow us in feedly
    ブログランキングに参加しています
    にほんブログ村 その他生活ブログ 手帳へ
    にほんブログ村
    かずの本棚(メディアマーカー)