140903_バッター


私がはてなダイアリーに別れを告げ、Livedoorブログに書くことを決めたのが9月1日。(その時の記事はこちら⇒『別れを告げました』 )
 
その日にFacebookを通じて私の目に飛び込んできたのが、わかったブログ「『毎日ブログを更新できない!』という人にお勧めする、ブログ更新の秘訣」という記事でした。



はてなダイアリーでブログを書いていたときも、全然更新できない時期があったんですよね。
「書かなければ!」とは思っても、何を書けばいいのか思い浮かばない。

だから、いったんは「毎週1回更新する」とハードルを下げては見たものの、それでも書けませんでした。


かん吉さんのブログに書かれていたとおり、期間が空くと「レベルの高い記事を書かない」という気持ちにもなって、ますます書けなくなったような気もします。



ブロガーにとって記事を書くことは、野球選手がバッターボックスに立ってバットを振ることと同じ。

野球の場合にはフォアボールやデッドボールで塁に出ることはあっても、ブログにはフォアボールもデッドボールもありませんからね。
塁に出るためにはバットを振る、つまり、記事を書くしかない! ということ。

ときにはみっともない空振りもするでしょう。(私の場合は、そんなのばかりかもしれませんが(;^_^A)
でも、振らなければ当たらないのだから、──あっ、でも、大リーグボール1号というバットに当てる魔球がありましたね(笑)──なるべく多くバットを振ろう,記事を書こうと思います!



あるPodcast番組を聴いていたらカメライターのかさこさんがブログを始めたときは、毎日更新すると決めたけど、1行しか書けない時もあった、というお話をされたのを思い出しました。

週1回では書くことが習慣にはならないと思うので、よほどの事情がない限り、毎日書こうと思います!
たとえ1行しか書けなかったとしても…… 


みっともない空振りの連続かもしれませんが、あたたかく見守ってやってください!
よろしくおねがいします<(_ _)>