150201_pv

8月24日に引っ越して以来、先月まで順調に増加してきたこのブログへの月間アクセス数(pv:上のグラフの青線)ですが、ついに前月を上回ることができないときが来てしまいました。

とはいっても減少したのはページビュー(pv)だけ。
上のグラフでもわかるとおり、ユニークユーザー数(uu)もセッション数も9%ほど増加しています。
見にきてくれている人や回数自体は増えているにもかかわらず、読まれたページ数は減ってしまったということ。

つまり、ブログが更新されたことをFacebookやTwitterでの通知で知ったり,Googleなどの検索エンジン経由で見つけてきてくれたりしても、目的のページを見ただけで閉じられてしまった,他のページを見てもらえなかったということ。

ということは、訪問のきっかけになった記事は読んでも、他の記事も読みたいと思ってもらえなかった,そう思ってもらえるだけの魅力がなかったということですね。


昨日の記事にも書きましたが、Facebookで”いいね!”をもらうのも、ブログの記事を気に入ってもらうのも基本は同じだと思います。

何がダメだったのか?
どうすれば他に記事も読んでもらったり、再び訪問しようと思ってもらえるのか?

そんなことを考えてみたいと思います!



私が大好きな著者の一人である斎藤一人さんの著書『百発百中』にこんなことが書かれています。
 失敗すると落ち込む人がいるけど、人は落ち込むために失敗するんじゃないんだよ。改良するためなんだよ。落ち込むということは一発で当てられると思ってたんだよな? それって事業をなめてるよ。
 そんなんだったら、だれだって社長になれるし、事業家になってるんだよ。
 改良するの。そして出すの。そしてまたしばらくして改良して、また出すの。
 社長業とは改良業なんだよ。そうやってつねに改良してるとだんだん、当たるようになってくるんです。
 そしてそれが、今まで十回やってたのが次に挑戦するときには九回になり、八回になり、七回になるんです。
 そうやって頭の中でつねに改良しながら挑戦していると、問題が解決するスピードも早くなってくるんです。それでそのうち、一発で当てられるようになるんだよ。
 だけどそれは、失敗からしか学べないんです。(P185-186)

そう! だからpvが減ったからって落ち込んでる場合ではないんです。
あなたのブログはおもしろくないよ。だから、このページだけしか読まなかったよ
って、読者が教えてくれたということなんですよね。

この人の他の記事も読んでみたい!
そう思ってもらえる記事が書けるように、改良、改良、また改良していきますので、今後ともよろしくお願いしますm(_ _)m





【関連記事】
宮川千明さんのセミナー「Facebook平均いいね4000!真の女王が語る『いいね!と友だちの質を10倍にする方法』」に参加しました
「引き寄せの法則」はこの世の摂理 斎藤一人・柴村恵美子(共著)『百発百中』





最後までお読みいただき、ありがとうございました!
最後にもう1つお願いがあります。
人気ブログランキングに参加しています。あなたの1票がランキングに反映されますので、よろしければクリックをお願いします。
   にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

feedlyへの登録はこちらから↓
follow us in feedly