130628_目覚まし


私の職場はカレンダー通りの営業なので、今日は祝日なのでお休みでした^^

が……
急な仕事が発生したり、トラブル対応で追われたりして、本来やるはずだった仕事が終わっていないし、明日の午前中にはケリをつけたい仕事があるので、休日出勤をする代わりに、その仕事だけ持ち帰って朝からやっていました。(本当は、情報セキュリティー上、家に仕事の資料などを持って帰るのはNGなんですけどね。でも、休日出勤まではしたくなかったので、こっそりと(;^_^A)



実はワタクシ、ブログの記事に書こうと思うながら書けていないのですが、先週の土曜日に『【これで悩み解決】あなたの手帳&デジタルツールを活かす習慣化ワーク』というワークショップに参加したのですが、その時に問題解決への工夫として選んだ「最重要タスクをする時間を手帳に書きこむ」ということは、それ以降ずっとやっていました。

そこで今朝も、今の状況と完成形をイメージしながら、それを作り上げるのに、3時間はかかるだろうな~ と思ったので、その1.5倍の4時間半を想定して、8時30分から13時まで手帳に線を引きました。

そして、作業開始……。
順調に進んでいたけど、元々予定していなかった資料も作ろうかな~ と思ってしまったのです。

その時点で、
今からやろうとしている作業は、本当に必要なことなのか??

とは思ったのだけれど、
やるかやらないか考える時間の方が無駄。
だったら、さっさとやってみよう!
それで、無駄だと思えば、その時点で止めればいい

と考えて、予定外の作業もやってしまいました。


途中で15分ぐらい、お昼ご飯を食べる時間ははさんだけど、予定指定作業(+α)が完了したのは午後3時前でした。

ということは、かかった時間は6時間ちょっと。
元々の想定は3時間,手帳に線を引いたのは、その1.5倍の4時間半だったにもかかわらず、当初想定のちょうど2倍かかってしまったわけです(;^_^A



私の場合、こういうことが多いんですよねぇ......。
これくらいでできるだろう
と思った時間の、1.5倍から2倍は普通にかかります(;^_^A

えっ!? それは見積もりが甘い??

というよりも、今日もそうですが、やり始めたら元々予定していなった(余計な、とまでは言わないけど)ことまでやってしまうことが多いのです。
それで見積もった時間を大幅にオーバーしてしまう。

逆に、想定通りの時間で終わった(終わらせた)ときには、
ちょっと手を抜きすぎたかな??
という感覚になってしまうのです。(それでも、やるべきことはちゃんとやってますよ。)



アウトプットに、それほどこだわっているつもりはないのだけれど、やりすぎてしまうことの方が多いですね。
で、時には本筋からずれてしまって、本来必要ではないことに一生懸命になって時間ばかりかかったあとで
あれ?? 何でこれをやってたんだっけ?? こんなこと、やる必要なかったよな~
と思うことも何度もありました(;^_^A


なぜなんでしょうね??
何かに集中すると視野が狭くなって、まわりが見えなくなってしまうのかな??
一途だからな~(笑)


だから、変な方向に突っ走りすぎないように、ときどき
今やろうとしていることの本質は何か??何を決めなければいけないのか??
を考えて軌道修正するようにはしているんですけどね。

だから今日も一旦
今からやろうとしている作業は、本当に必要なことなのか??
と考えることもできたのです^^

それでも、当初想定の2倍、見積の1.5倍の時間がかかったのは事実ですけど......。



これから時間を想定するときには、今予定していないことをやりたくなることを見込んで
これくらいでできるだろう、と思う時間の2倍を見込むべきなのかもしれませんね。

うーん......、時間が潤沢にあればそれでもいいのだけれど、たいていは何時までに終わらせなければならない、と締切り時刻が決まっている方が多いんですけどねぇ......。


これから、朝1日のスケジュールを立てるときに、どうすれば間に合させることができるのか、考えながら書きこんでいこう!
そのためにも、今日のように、見積と実績を比較する、そして、食い違いがあれば、なぜ違ったのかを振り返って次回以降の見積に生かすことが大切なのでしょう。

ドラッカーもその著書『経営者の条件』の中で
まず自らの時間がどのように使われているかを知らなければ、時間の管理について考えることはできない。
と言っていますからね。


私は24時間365日、何時から何時まで何をやっていたのかは記録しているし、時間浪費をしないように気をつけてはいるけど、見積と実績を比べることはあまりやってこなかったので、長時間かかった作業については、なぜそんなに時間がかかったのか? もっと短時間で終わらせることはできなかったのか? を考えて、あまりにこだわり過ぎないようにしようと思います。


みなさんも
今やっている作業は「何のため? 誰のため? 本質は何?」を考えることをおすすめします。

 

【関連記事】
自分のことを天才だと思っているのは私だけではなかった ~物事は予想の2倍の時間がかかる~


【参考書籍】




最後までお読みいただき、ありがとうございました!
最後にもう1つお願いがあります。
人気ブログランキングに参加しています。あなたの1票がランキングに反映されますので、よろしければクリックをお願いします。
   にほんブログ村 その他生活ブログ 手帳へ
feedlyへの登録はこちらから↓
follow us in feedly