150219_大盛り


昨日の記事では、ホテルで食べた朝食の写真を載せたうえで、 
バイキング形式なのですが、あれも食べたい,これも美味しそう、と思うと、どうしても取りすぎてしまうのです(;^_^A
と書きましたが、昨日まで読んでいた『最高の人生と仕事をつかむ18分の法則』という本に、こんな文章がありました。 
 時間管理技術は多く提唱されているが、たいていはこの問題を解決しようとしないまま、効率的にすべてをやろうとしている。しかし、それはビュッフェですべてを味見するのと同じくらいまちがっている。あくせくがんばったあげく、自分の容量を超えてしまい、消耗しきってしまう。
 ビュッフェでサバイバルするコツは、なにもかも食べようとしないこと。人生もまったく同じで、成功するコツは何もかもやろうとしないことだ。
 やるべきことに的を絞り、それ以外のことはやらない。それを厳しく線引きななくてはならない。 (P125)
 

最初にこの文章を読んだとき、
人生をビュッフェにたとえるなんて上手いな~
でも、その通りだよな~

と思うと同時に、
私はビュッフェでも人生でも目の前にあるものは何でも食べようとしてお皿に載せてしまって、苦しくなるまで食べてしまう。
食べきれればまだいいけど、欲張りすぎて食べきれず残すこともあるよな~

とも考えてしまったのです。


ビュッフェだったら、食べきれなかった分は残してもいいけど(捨てるのはもったいないけど)、人生(仕事)はそういうわけにはいかないんですよね。

一度お皿に載せてしまったものは食べるしかない。
もし、自分ひとりで食べきれないと思うのなら、最初から取らないか、一度お皿に載せてしまったものでも、他の誰かに食べてもらうしかないのです。

いちばんよくないのが
あれも食べたい、これも食べたい、といって皿に盛ったはいいものの、どれも食い散らかしただけで完食しないこと。
だって、出した方は当然完食してくれると思っていますからね。


ということで、ビュッフェも人生も大切なのは、
自分が食べきれるお皿の大きさを知って、山盛りにせず、適切な量を取ること。

さらに、ビュッフェは自分の意思だけで決められるけど、
人生は他人が勝手に皿に載せることもある(というより、仕事はその方が多い)ので、その分のスペースを空けておくことも必要。
ということですね。


人生がこんなことにならないように、気をつけましょう!!(笑)
150219_大盛り2
 


【参考書籍】




最後までお読みいただき、ありがとうございました!
最後にもう1つお願いがあります。
人気ブログランキングに参加しています。あなたの1票がランキングに反映されますので、よろしければクリックをお願いします。
   ブログランキング・にほんブログ村へ
feedlyへの登録はこちらから↓
follow us in feedly