d903b400.jpg

みなさんは、相手が誰だろうと自分が思っていることを素直に口に出せますか?

私は自分が思っていることや言いたいことが言えないときが多々あります。
ただ言えないだけではなく、ときには思っていることと逆のことを言ってしまったり、してしまうこともあります。


なぜ言えないのか? それは、
そんなことを言ったら相手が傷つくんじゃないか? 悲しむんじゃないか? 怒るんじゃないか?
など、相手がどう感じるか,そんな気持ちにさせたくない、思っていたのですが、もっとよく考えると、それは

相手から、この人は人を傷つけたり、悲しませたり、怒らせたりする人なんだ、と思われたくない,嫌われたくない、という気持ちがあるからなんですよね。

相手のことを思っているフリをしているけど、実は自分がかわいいだけなのです。



それでも、そんな私の態度や行動を優しいと言ってくれる人もいます。

でも、そんな優しさ(と思っていること)は、逆に相手を傷つけてるかもしれないし、余計に悲しませているのかもしれません。
それから、相手だけでなく、その他の人に中にも傷つく人がいるかもしれないのです。



最近書いた記事「やさしさとはなんだろう?」の中にも書きましたが

男は強くなければ生きていけない。優しくなけれは生きていく資格がない

し、強くなければ優しくなれないのかもしれません。


嫌なことには、NO! と言えること,嫌いなものには、サヨナラできることが、強さであり自分に対してのいちばんの優しさなんでしょうね。



他人のことを幸せにしたいのなら、まず自分が幸せになる。そして身近なところから広げていく、というシャンパンタワーの法則がありますが、優しさも同じですね。
「人に優しく自分に厳しく」というけれど、自分に厳しい人は他人にも厳しいんだよ
と、私が大好きな斎藤一人さんもおっしゃっていますが、そのとおりなのでしょう。

他人に優しくなれるためには、まず自分に優しくなる。
でも、そのために必要なのは NO! と言える強さなんですよね。



捨てるということは本当に大切な物を残すこと

すべてを残そうとしたばかりに本当に大切なものを失わないために、残さなくていいものにはNO! と言える強さを身に着けなければいけませんね。あとで後悔しないためにも……。



【関連記事】
やさしさとはなんだろう?
シャンパンタワーの法則



【参考書籍】




最後までお読みいただき、ありがとうございました!
最後にもう1つお願いがあります。
人気ブログランキングに参加しています。あなたの1票がランキングに反映されますので、よろしければクリックをお願いします。
   ブログランキング・にほんブログ村へ
feedlyへの登録はこちらから↓
follow us in feedly