150406_肉

先週の金曜日は久しぶりに、今なにをすればいいのか考えられないほど、アタマの中がぐちゃぐちゃ、ほとんど思考停止状態になってしまいました。

その原因は、水木と出張で、それ以前から、やらなければ! と思っていたことに手を付けられなかったことに加えて、出張したことで新たにやらなけらばならないことが発生してしまったからなのです。


金曜の夕方の時点で

やることが多すぎて、どれから手をつけたらいいかわからない(>_<)

と思ったので、どんなことがあるのか書き出してはみたのですが、一度混乱してしまったアタマがすぐに回復することはなく、どれも手をつけられませんでした。


ホント、目の前には崩さなければならない大きなタスクの山があるのはわかっているのに、どういう順番で崩していけばうまくいくのかわからないどころか、まず最初に手をつけるべきものがどこなのか? さえもわからないといった感じでした。



以前、象を1頭食べる方法』という記事で、そういう状態を改善するのに必要なのは
簡単なタスクに分解することと、かけられる時間を書いてそれを守ること、そして、人に任せられる部分は任せること
と書きましたが、それさえも考えられないほど、パニックになってしまっていましたね(;^_^A



では、ここまでなってしまったときにやるべきことは、混乱したアタマがきちんと働くように回復すること─なんか、ポケモンみたいですね(笑)──そのために必要なのは、考えない,なにもしないことだと思うのです。

ということで、金曜の夜は、何かをやることをあきらめてそそくさと帰宅したのでした(;^_^A



そして迎えた翌日の土曜日ですが、その日は長女の「旅立ち」の日で早起きだったし、少し感傷的になってしまったこともあり仕事のことまでは考えられず、プライベートでもやることがあったので、そっちから片付けてしまいました。

昨日の日曜日も午前中は恒例の週次レビューをやったり、昼食後はウォーキング(散歩とも言う)に出かけたりして、やはり仕事のことは考えませんでした。


おかげで(?)仕事アタマもずいぶん回復したようで、今はなんとか考えようという気になるくらいまでになりました^^



いちばん大事なのは、やらなければならないことを溜めこまないことですが、思考停止するまで溜めこんでしまった場合には、リセットする時間を取ること,なにもしなかったり、仕事以外の好きなこと,やりたいことをすることだと思うのです。
だって、普通の状態だったら何事もなくできることでも、焦ってしまったら余計に時間がかかったり失敗したりしますからね。

急がば回れ
一見、遠回りしているように見えても、実はその方が早く済むことも多いと思います。



ということで、まだまだスッキリとはしないアタマですが、思考能力は回復してきたので、
象は一口サイズに切り刻んで、人におすそ分けできるものは差し上げて、自分で食べるしかないモノだけ食べ始めようと思います。

 
最後までお読みいただき、ありがとうございました!
最後にもう1つお願いがあります。
人気ブログランキングに参加しています。あなたの1票がランキングに反映されますので、よろしければクリックをお願いします。
   にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
feedlyへの登録はこちらから↓
follow us in feedly