150416_朝


私も習慣にしていることはいろいろとあります。

まずは早起き。
毎朝4時半に起きて、5時に家を出て、6時15分に会社に着く、という生活を、もう10年くらい続けてるんじゃないかな?

そんなことを言うと
「毎朝そんなに早く、よく起きれますね~」
と言われるのですが、もう習慣になってしまっているので、4時半起きは私にとっては普通のことなのです。

ではなぜそんなに早く起きるようになったのか、というと、
満員電車に乗りたくないから
ただその理由だけでした(;^_^A

最初の頃はそこまで早起きではなく、6時半頃の電車に乗っていたのですが、それではカバンを網棚に載せて吊革につかまるのがやっと、という感じだったのですが、
もう1本早い電車に乗ったらどうなんだろう?
と思ってやってみたら、前以上に空いたんですよね。

で、もう1本前だったら? と思って早めていくうちに今の時間に固定されてしまったというわけです。


他にはタイムログを取ることも、もう5年くらいやっていると思います。

これは自分が
いつ、なにをやっていたのか思い出せないことが嫌だった
というのが始めたきっかけです。

記録していると、
あのときなにをしてたっけ?
というのが確実に思い出せるのです。

これは家計簿をつけることで、あとになってもお金の使い道が思い出せるのと同じですね。



なぜこんなことを書いたのかというと、先日、知人が出版した『一流の人はなぜそこまで、習慣にこだわるのか?』という本を読んでいて、
習慣化は、なにかを達成するための手段であって目的ではないんだ
と思ったからです。


私の習慣になっている早起きにしても、
満員電車に乗りたくない、に始まり、座って通勤したい
という目的がありました。

現在では、それに加えて
朝の時間にブログを書く
という目的も加わっています(^^)


タイムログの方は、ただ単に思い出すために使うのではなく、
毎週・毎月、行動ごとに集計して、なににどれくらいの時間を使ったのか把握するとともに、
減らすべき行動はないか? 無駄に過ごした時間はないか?
を振り返って、あればそれを減らし、もっと有効な使い方をするように改善するためのツールとしても活用しています。



「やる理由があったから、できる方法を見つけた」としか言えません。でもこれが本当に大事なことだと思います。(P15)
と書かれていますが、 
なぜ早起きしたいのか?
 
その理由が
多くの人が早起きの方がいいと言うから
では、きっと習慣にはなりません。
そこには強い目的意識がないから……。


そう思うと、
習慣とは身につけたくてつくものではなく
叶えたい目標があって、それを達成するために行動するうちに自然に身につくもの
なのかもしれませんね。


ということで、
なにかを習慣にすることを目的にするのではなく、
なにかを手に入れるための行動を続けていきましょう!

そうすることで、その行動が習慣になるのですから……。



【参考書籍】 

この本のことは、後日ゆっくり紹介するつもりでいますので、しばらくお待ちくださいm(__)m




最後までお読みいただき、ありがとうございました!
最後にもう1つお願いがあります。
人気ブログランキングに参加しています。あなたの1票がランキングに反映されますので、よろしければクリックをお願いします。
   にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

feedlyへの登録はこちらから↓
follow us in feedly