141201_本


先日、Facebook を見ていたら、友人がある本の写真を投稿していたのですが、
タイトルを見て気になったのでAmazonで検索したところ、
本は読んでいないけど
 と明言した上で、星1つ、かなり否定的なレビューを書いている人がいました。

そして、そのレビューの最後には
他の本(良い本があります)をまず読まれることをお奨めします。
とまで書かれています。
 

それに対して別の人が以下のコメントを投稿しているのですが、
気になる表題で、一体どんなことが書いてあるのだろうか、と思って中身を読んで、「タイトル通りではなかった、買うんじゃなかった」、「表題に偽りはなかった」、というのがみんなの知りたい論評だと思います。
 
「表題」のみから連想して自分の知識の内部で決めつけて論評しても、この本の中身の評価(読む価値がある内容かどうか)を知りたい人にとってはまったく意味が無いです。
 
読んでもいないのに、他の本を勧めるのはさすがに失礼ではないですか?
私はこの人と同じ意見です。

最初にレビューを書いた人の意見は、
そもそも読んでもいないのに、レビューと言えるのか?
とも思うしね。

それに、「他に良い本がある」というのなら、
そこまで書くのなら、具体的なタイトルまで紹介してよ!
とも思ってしまったし(;^_^A


私も本は年間100冊以上読んでいますが、
タイトルだけで判断して読んでみたけど、想像していたものとは内容ががずいぶん違う、
と思った本も多いです。

それには、
こんなことまで書かれていたのか!
と、いい意味で裏切られたことも

なーんだ、これしか書いてないのか……
とガッカリさせられたこともあります。

でも、どちらも実際に読んだからこそわかることだし、
私の主観であって、他の人はまったく逆の印象を持つかもしれないし。
(実際に、何人もの友人が「いい本だ」というから読んでみたけど、私にはちょっと……と思った本もあるし )


自分にとって良い本を選べるようになるのが、
見る目を養う
ということだとも思うんですけどね~



本も人も同じ。
第一印象の見た目だけで判断するのではなく、
付き合ってみないと良いか悪いかは判断できないし、してはいけない

と思います。



ということで、この気になった本の評価は

星5つが8人
星4つが3人
星3つと2つはゼロですが
星1つが2人

と、まずまずだし、エース編集者が作った本なので、やっぱり読んでみようかな~
と思う技術屋でした^^




最後までお読みいただき、ありがとうございました!
最後にもう1つお願いがあります。
人気ブログランキングに参加しています。あなたの1票がランキングに反映されますので、よろしければクリックをお願いします。
   にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

feedlyへの登録はこちらから↓
follow us in feedly