150809_談笑

昨日の記事で、「『行動を促す自信の構築』に焦点を当てた勉強会」に参加したことを報告しましたが、

その最後に「自己紹介」ならぬ「他己紹介」というのがありました。


「他己紹介」とはどういうものかというと、

いっしょにワークをやったパートナーをみんなに紹介する

というものです。


昨日の参加者は主催してくれた人とコーチを除くと6名だったのですが、

私の順番は最後でした。


なので、ほかの人が紹介しているときには、

聴こう! 聴こかなきゃ!

という気持ちはあるものの、

自分はどういう風に紹介しよう??

と、自分が話すときのことがきになって、聴くことに集中できなかったんですよねぇ……。



1月半くらい前にも

Skype を使ったオンライン・ディスカッションのときに

聴くことに徹しようと思っていたにもかかわらず、 

この人の発言が終わったら 

どんなコメントをしよう? とか、 

どんな質問をしよう? とか考えてしまったし、 

自分の順番が近くなってくると、 

何を話そう?? 

と考えたり……。 


「聴く」ことだけに集中できず、ほかの人の話を聴きながらも、 

その先の自分が「話す」ことを考えながら聴いてしまっていた 



できないことに気づいた、これまで無意識だったことを意識できた

ということは、

意識し続ければできるようになるかもしれない

ということだとも思うので、

これからも機会をみては傾聴を心がけて、できるようになりたい

2015年6月25日の記事 『聴くのは難しい』より 


と書いているにもかかわらず、です(;^_^A


どうすれば集中して聴けるようになるのだろう??

やはり、何度も何度も練習するしかないのだろうか??


それとも、自分が話す順番が回ってくるようなときには、

それを意識しないというのは無理なのかな??


最初っから無理だと思ってしまったら、そこで思考停止してしまうので、

どうすればいいのか?? 

考えてみたいと思います!!


たとえば、

話したいことが浮かんでだらメモして、そのあとは聴くことに集中する

とかね。(だってメモは忘れるために取るのだから)


人と話をする機会はまだまだあるので、日々訓練し続けます!!



こんな方法もありますよ

ということがあれば、ぜひぜひ教えてください!!

よろしくお願いしますm(_ _)m




【関連記事】

聴くのは難しい
 
聴く力は伝える力




【参考書籍】





最後までお読みいただき、ありがとうございました!

最後にもう1つお願いがあります。

人気ブログランキングに参加しています。あなたの1票がランキングに反映されますので、よろしければクリックをお願いします。
   ブログランキング・にほんブログ村へ

feedlyへの登録はこちらから↓
follow us in feedly