技術屋かずのつれづれ日記

自分が体験したことで、ほかの人にもお勧めしたいことを書いていきます

ブログを通じて、仕事もプライベートも楽しく過ごす方法を探して多くの人と共有したいと思っています。
そのために、私が思ったことや感じたこと,得た情報などから「心が豊かになること」「社会に役に立つこと」を発信します。

旧ブログ「技術屋かずの徒然日記」 http://d.hatena.ne.jp/tkazu0408/ から引っ越してきました。
Twitterやってます。フォローしてもらえたら嬉しいです! https://twitter.com/t_kazu0408
Facebookページも作りました。「いいね!」してもらえたら、飛び上って喜びます! https://www.facebook.com/t.kazu0408

2015年10月10日 ここから再び「はてなブログ」に引っ越しました。
引っ越し先は”はてなブログ”でブログのタイトルは「日々是好日」
URLは http://kazu-eng.hateblo.jp/ です。
よろしければ、こちらものぞいてみてくださいm(__)m

名言・格言

集中は疲れるけど……


150503_忙しい


集中は疲れるけど、夢中は疲れないんだよ!

とは、ずいぶんまえに Twitter で見かけた俵万智さん (@tawara_machi)の息子さんの名言(迷言?)ですが、



私が金曜日にやったCADでの作業も、集中してやったわけではなく、夢中でやってしまっていたのですね。

だから、気がついたら4時間半も経っていた、という感じで、まったく疲れなかったし。



夢中になれる仕事があっていいな~

と思われるかもしれませんが、

時間を忘れてやってしまう = 他の作業をする時間がなくなってしまう

ということだから、良いことばかりではないのです。



そこで思ったのですが、

夢中になれる仕事は、きっと、どんなに疲れていても集中してできるだろうから、

頭の働きが鈍ってくる夕方から始めても、十分にできるのではないか?


と。 


ということで、来週からスケジュールを立てるときには、

夢中でやってしまいそうな作業は夕方以降に組み込んでみよう

と思います!


そうするとダラけることなく1日集中して仕事を続けられそうですからね^^


でも、

夢中になって時間を忘れて帰り損ねた

なーんてことにならないように気をつけないといけませんね。

まっ、そんなことにはならないでしょうけど(笑)



こんなことを思いつくと、早く試してみたくなりますね~

あーー、仕事が始まらないかなぁ……

といっても、今度の火水は出張だし、木曜日は夕方から社外委員会の会合だから、自席で作業できるのは金曜日までないんですけど……(ノ_-。)




【関連記事】

やっぱり好きな作業は要注意!

好きな作業こそ、時間のかけすぎに注意!




最後までお読みいただき、ありがとうございました!
最後にもう1つお願いがあります。
人気ブログランキングに参加しています。あなたの1票がランキングに反映されますので、よろしければクリックをお願いします。
   にほんブログ村 その他生活ブログ 手帳へ
feedlyへの登録はこちらから↓
follow us in feedly


やってることはアピールすべきなのか??


150429_カモ

みんさんも「鴨の水掻き」という言葉はご存知ですよね。
「鴨の水掻き」とは

水面に遊ぶカモは、いかにものんびりしているかのようにみえるが、実は、水中ではしきりに水かきをしているもので、人も、気楽そうに暮らしていてもやはり人知れぬ苦労があるものだ、という意味。 

ですが、私も

あんなことをやってます!
こんなこともやってます!
こんな成果がありました!
……


と、自分がやっていること,特にまだ結果が出ていないことは人にアピールするどころか、

なるようにしかならないよね~

と、言うことの方が多いです。
池のカモと同じで、人に見えない水面下ではバタバタしてるのに、そんな素振りは見せない、というより見せたくないし、自分からは口に出したくないのです。



でも、なぜだろう?? なぜ言わないのだろう??

他人が「自分はこんなこともやってるよ」というのを聞くと「自慢してるの?」と思ってしまうし、気分がよくないから、自分はそんなことはしたくない、と思っているからなのか?

とも考えたのですが、ほかの理由はないか? ともう少し考えて出てきたのが

今やっていることは途中経過であって、まだ結果が出ていないこと。
達成できなかったときのことを考えると、中途半端な段階では口に出したくない


と思ってるんじゃないか、ということでした。

「不言実行」といえば聞こえがいいかもしれませんが、できなかったときのことを考えて、自分の身を守ってる、とも考えられますよね。たぶんそうなんですけど......



でも、
何も言わない ⇒ まわりはやってることに気付かない ⇒ 何もやっていないと思われる
と考えると、損してる方が多いのかもしれませんね。



そういえば年度末の上司との面接のときに

自分がやっていることを会社幹部にアピールすることと、そこで得た知見を周知する意味でも、社内外の学会や委員会での活動についても、幹部会等で報告するように

と言われたな~



私の場合、自分がやっていることに自信がなさすぎるのかもしれません。
自信がないから、できなかったときのことを考えて言わない・言えないのだと。

でもこれだと、できなくても誰も何も言わないのだから、達成できる可能性は低いかもしれません。
本当にやりたいことならば、人に言ってしまってやらざるを得ない状況を作ってしまった方がいいのでしょう。
それが「有言実行」ですよね。(本来、「有言実行」という言葉はなく「不言実行」をもじってできたということですが)



本当にやりたい・なりたいことがあるのなら、自分の尻を叩くという意味でも

いつまでに〇〇する!

と公言していきたいと思います。

自分自身にも自分がやっていることにも、もっと自信を持たないとね!!




最後までお読みいただき、ありがとうございました!
最後にもう1つお願いがあります。
人気ブログランキングに参加しています。あなたの1票がランキングに反映されますので、よろしければクリックをお願いします。
   ブログランキング・にほんブログ村へ
feedlyへの登録はこちらから↓
follow us in feedly



【好きな言葉】 行動すれば次の現実


141105_朝日


行動すれば次の現実
これは私が大好きな言葉のひとつです。

この言葉の意味はだいたい想像できると思うのですが、

頭の中であれこれ考えていても何も変わらない。行動して初めての結果が出るし、その結果によって次にやるべきことや、今とは違う状態、つまり次の現実が現れる、ということです。


ではなぜ私がこの言葉が好きなのか? ということですが、それは、この言葉で言われているように、すぐに行動したいと思っているけど全然できていないからなのです。
 
このブログでも何度か書いたことがありますが、私は「石橋を叩いて渡る」どころか「石橋を叩いて、叩きすぎて壊して渡れなくなる」ほど、いろいろと考えるだけ考えて、結局、行動しないことの方が多いのです。

「考え方も行動も変えないのに結果が変わるわけがない」ということもわかっています。でもどこかで、自分が変わらなくてもまわりが勝手に変えてくれる,変わってくれることを期待しているのかもしれませんね。そんなことは、まずないのに……。


失敗することよりも、失敗を恐れて行動しないことの方がリスクが高い。だから、行動した結果、起こりそうな最悪の事態を想定して、それでもなんとかなると思えたら行動すべきです。

ときには1歩進んで2歩・3歩下がることもあるかもしれないし、振り出しに戻ることもあるかもしれません。でも、目的地に近づくためには1歩踏み出すしかないんですよね。

うまくいかなかったときには、水の中に放り込まれたときのようにジタバタして溺れそうになるかもしれません。でも落ち着いてみたら足がつくほど浅かった、ということの方が多いんじゃないかな。


「失敗を恐れない」、のではなく、「リスクを取る覚悟をする」。
そして、今行動したら、どんな次の現実が現れるんだろう??
うまくいってもいかなくても、わくわくしながら結果を待つ。
そういう気持ちで行動できたらいいな~

今の私に足りないもの、それは覚悟ですね、きっと



「行動すれば次の現実」はこの本↓に書かれています。


【関連記事】

最後までお読みいただき、ありがとうございました!
最後にもう1つお願いがあります。
人気ブログランキングに参加しています。あなたの1票がランキングに反映されますので、よろしければクリックをお願いします。
   にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

feedlyへの登録はこちらから↓
follow us in feedly



人が想像できることは、必ず人が実現できる

141104_鹿島CM

めったにテレビを観ない私ですが、夕方、ゴロゴロしながらニュースを観ていたら、その合間に流れたCMに現れたのがこの言葉

人が想像できることは、
必ず人が実現できる。

    ───ジュール・ヴェルヌ


そうなんですよね。
関門海峡や瀬戸大橋だって、誰かが「ここに橋をかけよう」と思って、出来上がった姿をイメージ(想像)したから実現したもの。

先日、ヴァージン・ギャラクティック社のスペースシップ2は事故を起こしてしまいましたが、宇宙旅行だって、誰かが想像したから実現しようとしている。

つまり、
「人が想像できることは、必ず人が実現できる。」
ということ。


でも、これを逆に考えると、
想像できないことは、実現できない。
とも言えるんですよね。


私たちも、どんな人になりたい、という夢や希望がありますが、でも、なれるのはよくても想像できたところまで
と言われます。

だから、夢や希望は、すぐに叶いそうなことを願うのではなく、他人が聞いたら「そんなの絶対無理だよ!」と言われるくらい大きなものにするべきなんですよね。



私は「いまさら」という言葉が嫌いです。
たった一文字違うだけだけど「いまから」と言いたい。

だから、「そんなことは"いまさら"無理」、と考えるのではなく
どんなことでも"いまから"目指していきたいと思います!


みなさんも、想像できる最高の自分を実現するために、いまから一歩を踏み出しましょう!!

 





人気ブログランキングに参加しています。よろしければクリックをお願いします。
   ブログランキング・にほんブログ村へ

feedlyへの登録はこちらから↓
follow us in feedly


プロフィール
Twitter やってます
Facebookページ
記事検索 by Google
楽天カードでポイント生活はじめよう!
アクセスカウンター

    メッセージ

    直接のご連絡はこちらからどうぞ

    名前
    メール
    本文
    feedlyへの登録はこちらから!
    follow us in feedly
    ブログランキングに参加しています
    にほんブログ村 その他生活ブログ 手帳へ
    にほんブログ村
    かずの本棚(メディアマーカー)