(この絵↑は「ひらめき」ですがわかりました??(;^_^A)


いつかという日は決してこない。
どんなことでも
やりたい! やってみたい!
と思ったときがいちばんの始めどきなんだよな~

そんなことを考えていたときに思い出したのがこの

思い立ったが吉日

ということわざです。


意味は説明するまでもないと思いますが、故事ことわざ辞典では
何かをしようと決意したら、そう思った日を吉日としてすぐに取りかかるのが良いということ。
と書かれています。


でも、果たしてこのことわざどおり、思い立ったことをすぐに行動に移しているでしょうか?
いつか時間ができたらやろう
そう思って先延ばしにしていませんか?


過去にも書いたことがありますが、
読みたい、と思って図書館で予約した本は、しばらくしてから手元に届いても、最初に思ったときほど読みたいとは思わなくなっている。
だから、本は読みたいと思ったときがいちばんの読みどきだと思うのです。

まぁ、時間が経ったら興味がなくなったということは、本当はそこまで興味・関心があることではなかった、と言えるのかもしれませんけどね(;^_^A

でもそれも読んでみたから、
興味が薄れていた
と気づくわけで、読まなければそのことにも気づかなかったかもしれないし、すぐに読んでいたら、ずっと興味を持ち続けられたことかもしれない。

「たら・れば」は言っても仕方がないのでこの辺でやめますが、
やってみたからわかる、気づくことも多いと思うのです。

だから、
やってみたいと思ったことは、すぐにやったほうがいいと思うのです。


えっ? そんな時間はない、時間ができたらやる、って。

時間は見つけるものではなく作るもの

私はそうも思っているので、
どうすれば時間が作れるか?
今やりたいと思ったことより優先順位が低いことのうち、何をやめればいいのか?
それを探して入れ替えようと思っています。


思い立ったが吉日

いろんなことをやって経験値を上げていきましょう!!




最後までお読みいただき、ありがとうございました!
最後にもう1つお願いがあります。
人気ブログランキングに参加しています。あなたの1票がランキングに反映されますので、よろしければクリックをお願いします。
   ブログランキング・にほんブログ村へ
feedlyへの登録はこちらから↓
follow us in feedly