技術屋かずのつれづれ日記

自分が体験したことで、ほかの人にもお勧めしたいことを書いていきます

ブログを通じて、仕事もプライベートも楽しく過ごす方法を探して多くの人と共有したいと思っています。
そのために、私が思ったことや感じたこと,得た情報などから「心が豊かになること」「社会に役に立つこと」を発信します。

旧ブログ「技術屋かずの徒然日記」 http://d.hatena.ne.jp/tkazu0408/ から引っ越してきました。
Twitterやってます。フォローしてもらえたら嬉しいです! https://twitter.com/t_kazu0408
Facebookページも作りました。「いいね!」してもらえたら、飛び上って喜びます! https://www.facebook.com/t.kazu0408

2015年10月10日 ここから再び「はてなブログ」に引っ越しました。
引っ越し先は”はてなブログ”でブログのタイトルは「日々是好日」
URLは http://kazu-eng.hateblo.jp/ です。
よろしければ、こちらものぞいてみてくださいm(__)m

ねばならない

なかなか動けないときにやる気を出す方法


なにかやらなければならないことがあるとき、あなたはすぐにスタートを切れますか?

つい先日も書きましたが、私は楽な方に逃げてしまい、なかなか手をつけようとしません。
いつかはやらなきゃいけないんだから、さっさと始めればいいのに、困ったもんですよねぇ…… (;^_^A

そんな私でも、こういうことをイメージすればやりたくなる(かも)、というアドバイスをもらったのでシェアしますね。


それは昨日の朝、Skype でミーティングをしていたときのこと。

私が、
勉強会用のパワーポイントを作らなければならないんだけど、なかなか始めない
という話をしたら、あるプロコーチから

かずさんの話を聴いた人にどうなってもらいたいですか?
と質問をされました。

そこで私は
私の話を聴いたことで、今までやったことがなかった人から、「やってみます」とか「はじめました」とか言われたら嬉しいですね~
と答えたところ、

そういう場面をイメージするとどんな気分になりますか?
と、再び聞かれ、

喜んでもらえるのなら、やらなきゃ、と思っていたことが、やりたいことになりますね~
と返事をしたのでした。

151005_喜ぶ



我々が作っている物の先には、それを見たり聴いたり使ったりする誰かがいます。
その誰かが喜んでいる姿をイメージしたら,喜ばせたいと思ったら、少しはやる気になりませんか?

どんなものを作ったら喜んでくれるだろう?
と、わくわくしながらできませんか?


なかなかやる気が出ないときは、今あなたがやろうとしていることの先にいる人のことを想像してみてください。
そして、その人が喜んでいるところをイメージしたり、どうすれば喜んでくれるか考えてみてください。
すると、気が重かった作業もスタートを切れるのではないでしょうか。


人は感情で動く生き物です。
うまくいったところをイメージして、自分の感情をコントロールし、やる気を出しで、どんどん前に進んでいきましょう。





最後までお読みいただき、ありがとうございました!

最後にもう1つお願いがあります。

人気ブログランキングに参加しています。あなたの1票がランキングに反映されますので、よろしければクリックをお願いします。
   ブログランキング・にほんブログ村へ

feedlyへの登録はこちらから↓
follow us in feedly



「ねばならない」を手放して感じたこと


昨日の記事に書いたとおり、昨日の午後は

なにをやっても,やらなくてもOKの日にしました。


といっても、ブログを更新したあとやったことは


読書をしたあと

メディアマーカーに追加したり、レビューを書いたりしてから

散歩を兼ねて書店と図書館へ


散歩から帰ったあとは

普段は5分・10分ぐらいで終わらせてしまう、Facebookを1時間近くやっていました。


そのあとは家族で食事して、風呂に入って……。

夜10時ごろからは、毎日やっている、その日の振り返りと日記を書いてオシマイ。


普段と違ったことといっても、いつもより長めにFacebookで交流していたぐらいで、やったことは大差なかったみたいです(;^_^A



でも、

あれをやって、これもやって、次はこれで……

と考えることをしなかったので、気分的にはすごく楽でしたね。


今週は職場で、あれやって、これやって…… と考え過ぎた感があるので、

それを緩められて、ちょうどよかったのだと思います。


毎日こんな、行き当たりばったりのようなことをしていると、

やらなければならないことができないような気がしますが、

たまにはフリーな日もあっていいな~

というのが、やってみた感想です。


ということで、これからも月に1日ぐらいは完全オフ日を設けようと思います!

150227_カレンダー

さて、次はいつサボろう??

カレンダー見て決めちゃおう!!



いつも忙しくあれこれ動いてばかりのあなた

1日、いやっ、半日だけでも緩めてみませんか?

そのあとのパフォーマンスも上がって、その分くらいは十分に取り戻せますよ^^



【関連記事】

完全オフ日




最後までお読みいただき、ありがとうございました!

最後にもう1つお願いがあります。

人気ブログランキングに参加しています。あなたの1票がランキングに反映されますので、よろしければクリックをお願いします。
   ブログランキング・にほんブログ村へ

feedlyへの登録はこちらから↓
follow us in feedly



「〇〇ねばならない」は手放そう


150503_忙しい


私は平日も休日も1日1万歩歩くことを目標にしているのですが、休日は意識的に歩かないと、2千歩程度で終わってしまうので、雨が降っていない限り2時間ぐらい散歩するようにしています。

散歩中は取り溜めた Podcast を聴いているのですが、それでも、ふっと違うことが浮かんでくることも多いんですよね。

昨日の散歩中は、ブログを書いたあとで出かけたためのかもしれませんが、じむこさんに教えたもらった『心理セラピストが指南! 自分を責めがちな専業ママの発想転換ワーク4つ』に関連してだと思うのですが
  • 本は読まなければならない
  • 勉強しなければならない
  • ブログは毎日更新しなければならない
  • ダラダラとゲームやネットサーフィンをしてはいけない
  • ゴロゴロして無駄にテレビを観てはいけない
  • …………
などなど、「〇〇ねばならない」「〇〇してはならない」と決めつけていることが多いな~

ということが頭に浮かんできたのです。


そして、4つのワークのうちの「(1) やめてみる」を思い出して

「〇〇ねばならない」「〇〇してはならない」という考えを手放そう。
「〇〇ねばならない」ではなく、読書でも勉強でも、あるいはゲームでもネットサーフィンでも、その時に「やりたい」と思ったことを素直にやろう!

と思うと同時に、

読書も勉強もやらなければならないという気持ちを手放すことで、やらない日がつづくと、飢えて自然にやりたくなるときがくるんじゃないか

とも思ったのです。



私は毎晩10個の目標を書き出しているのですが、最近は毎日
  • 自分を大切に扱う
  • 自分に素直になる
  • 自分がやりたいことをやる
と書いていたのに、頭で考えるだけで全然、行動に移せていなかったようです。

だから、やりたいと思ったことがゲームやネットサーフィンのような非生産的なことであっても、やることを許可しようと思います。
だって、自分がやりたいんだから……。 


ということで、最近でも全然できていなかった本の紹介ですが、ますますできなくなりそうです(;^_^A







最後までお読みいただき、ありがとうございました!
最後にもう1つお願いがあります。
人気ブログランキングに参加しています。あなたの1票がランキングに反映されますので、よろしければクリックをお願いします。
   ブログランキング・にほんブログ村へ
feedlyへの登録はこちらから↓
follow us in feedly



プロフィール

かず

本業は快適空間創造家

1966年生まれ。
1992年、九州の某国立大学大学院修士課程修了後、大手建設会社に入社。
1996年から1998年の2年間イギリスの現地法人に出向。

入社以来オフィスビルやマンションの設計を行ってきたが、最近では大型ショッピングセンターなど主に商業施設関連の設備設計業務に携わっている。

8年ほど前、仕事のプレッシャーから軽度のうつ状態におちいるが、それを契機に完璧主義から脱却。今では、当時よりもプレッシャーがかかる状況であっても楽しく仕事をしている。

自分の経験を生かし、プレッシャーの中でも楽しく仕事をする方法を伝えるとともに、ココロが折れそうになっている人を少しでも支えていきたい。

今は仕事のストレスはほとんど感じていないが、あえて言うならストレス発散方法は週末のウォーキングと、通勤時間中の読書。電車内で本を読むことで、ONとOFF、仕事モードと家庭モードを切り替えている。

45歳にして勉強会デビュー。仕事関係以外の人との交流の楽しさを知る。


【取得資格】
一級建築士、建築設備士、設備設計一級建築士、CASBEE評価委員、珠算検定試験1級(笑)

【メディア掲載履歴】
Podcast 「美崎栄一郎の仕事の楽しさ研究所」第20回出演
日経ビジネスアソシエ:2011年11月号 手帳術
           2012年 7月号 ノート術
           2013年 7月号 ノートの極意
学研パブリッシング :仕事の教科書VOL.1 伸びる!ノート術
           仕事の教科書VOL.2 仕事が速い人の時間術
           仕事の教科書VOL.3 結果を出す人の手帳術

Twitter やってます
Facebookページ
記事検索 by Google
楽天カードでポイント生活はじめよう!
アクセスカウンター

    メッセージ

    直接のご連絡はこちらからどうぞ

    名前
    メール
    本文
    feedlyへの登録はこちらから!
    follow us in feedly
    ブログランキングに参加しています
    にほんブログ村 その他生活ブログ 手帳へ
    にほんブログ村
    かずの本棚(メディアマーカー)