技術屋かずのつれづれ日記

自分が体験したことで、ほかの人にもお勧めしたいことを書いていきます

ブログを通じて、仕事もプライベートも楽しく過ごす方法を探して多くの人と共有したいと思っています。
そのために、私が思ったことや感じたこと,得た情報などから「心が豊かになること」「社会に役に立つこと」を発信します。

旧ブログ「技術屋かずの徒然日記」 http://d.hatena.ne.jp/tkazu0408/ から引っ越してきました。
Twitterやってます。フォローしてもらえたら嬉しいです! https://twitter.com/t_kazu0408
Facebookページも作りました。「いいね!」してもらえたら、飛び上って喜びます! https://www.facebook.com/t.kazu0408

2015年10月10日 ここから再び「はてなブログ」に引っ越しました。
引っ越し先は”はてなブログ”でブログのタイトルは「日々是好日」
URLは http://kazu-eng.hateblo.jp/ です。
よろしければ、こちらものぞいてみてくださいm(__)m

アクセス数

なんでこうなるの?


毎日投稿し続けてちょうど1年経った一昨日の記事で、

毎日更新するという方針を変更するにはいい機会かもしれない

と書いたにもかかわらず、その日以降も書き続けています(;^_^A


それまでは

書かなきゃ!!

という気持ちが強かったけど、あの記事を書いて以降は

書かなくてもいいんだけど……

とは思っているのですが、

そんな気楽な気持ちでいることがいい影響を与えてくれるのか、書きたいことが浮かんでくるのです。

書きたい!

と思っているのに書かない理由はないので書いている、という感じです。



1周年の記事ではやはり、

読んでくれる人がいるから書き続ける

ということも書きました。


実は、毎日書くことを止めようと思ったのは

「見に来てくれる人 = アクセス数」が増えないどころか、昨年の12月をピークに減少して、そのまま増えてくれなかったので、

なんのために書いているのだろう?

ブログは私には向いてないのかな?

などと考えてしまっていたというのもあります。


斎藤一人さんの言葉を借りると

お客さんが増えないということは飽きられてるということ
 
減っているということは、いらないと言われているということなんだ

と感じてしまったんですよね。



成果が出ていないことを続けるより、他のことをやったほうがいいのではないか

ということを書きましたが、それは、

ブログを止めて、他のことに時間を使ったほうがいいのではないか

という意味だったのです。


そして最後に

行動します!!

と宣言したのは、

ブログを書かない日を作る

という意味だったのです。



それがですねぇ……

理由はわからないけど、その記事を書いた日からアクセス数が、それまでのほぼ2倍に増えたんですよねぇ。





だから、

お客さんが減っている = いらないと言われているのなら書く必要もないな~

という気持ちだったのが、

まだ書き続けてもいいかなぁ

と思い直したというのもあるんです(;^_^A



どうして、こうなるんでしょうね??

増えたのが1日か2日だけだったら、昨日は書かなかったかもしれませんが、そうではなかった。



「成功曲線」や「三木谷曲線」と呼ばれるものがあります。

141102_曲線
(左が「成功曲線」、右が「三木谷曲線」です)


今、その起点に達しようとしているのかどうかはわかりませんが、

もう少し、がんばらないでがんばってみようかなぁ?



【関連記事】

【祝】 1周年

行動を変えるのは難しい(>_<)

何事もコツコツ続けることが大事

【参考書籍】


最後までお読みいただき、ありがとうございました!

最後にもう1つお願いがあります。

人気ブログランキングに参加しています。あなたの1票がランキングに反映されますので、よろしければクリックをお願いします。
   ブログランキング・にほんブログ村へ

feedlyへの登録はこちらから↓
follow us in feedly



とうとう減少してしまいました(>_<)


150201_pv

8月24日に引っ越して以来、先月まで順調に増加してきたこのブログへの月間アクセス数(pv:上のグラフの青線)ですが、ついに前月を上回ることができないときが来てしまいました。

とはいっても減少したのはページビュー(pv)だけ。
上のグラフでもわかるとおり、ユニークユーザー数(uu)もセッション数も9%ほど増加しています。
見にきてくれている人や回数自体は増えているにもかかわらず、読まれたページ数は減ってしまったということ。

つまり、ブログが更新されたことをFacebookやTwitterでの通知で知ったり,Googleなどの検索エンジン経由で見つけてきてくれたりしても、目的のページを見ただけで閉じられてしまった,他のページを見てもらえなかったということ。

ということは、訪問のきっかけになった記事は読んでも、他の記事も読みたいと思ってもらえなかった,そう思ってもらえるだけの魅力がなかったということですね。


昨日の記事にも書きましたが、Facebookで”いいね!”をもらうのも、ブログの記事を気に入ってもらうのも基本は同じだと思います。

何がダメだったのか?
どうすれば他に記事も読んでもらったり、再び訪問しようと思ってもらえるのか?

そんなことを考えてみたいと思います!



私が大好きな著者の一人である斎藤一人さんの著書『百発百中』にこんなことが書かれています。
 失敗すると落ち込む人がいるけど、人は落ち込むために失敗するんじゃないんだよ。改良するためなんだよ。落ち込むということは一発で当てられると思ってたんだよな? それって事業をなめてるよ。
 そんなんだったら、だれだって社長になれるし、事業家になってるんだよ。
 改良するの。そして出すの。そしてまたしばらくして改良して、また出すの。
 社長業とは改良業なんだよ。そうやってつねに改良してるとだんだん、当たるようになってくるんです。
 そしてそれが、今まで十回やってたのが次に挑戦するときには九回になり、八回になり、七回になるんです。
 そうやって頭の中でつねに改良しながら挑戦していると、問題が解決するスピードも早くなってくるんです。それでそのうち、一発で当てられるようになるんだよ。
 だけどそれは、失敗からしか学べないんです。(P185-186)

そう! だからpvが減ったからって落ち込んでる場合ではないんです。
あなたのブログはおもしろくないよ。だから、このページだけしか読まなかったよ
って、読者が教えてくれたということなんですよね。

この人の他の記事も読んでみたい!
そう思ってもらえる記事が書けるように、改良、改良、また改良していきますので、今後ともよろしくお願いしますm(_ _)m





【関連記事】
宮川千明さんのセミナー「Facebook平均いいね4000!真の女王が語る『いいね!と友だちの質を10倍にする方法』」に参加しました
「引き寄せの法則」はこの世の摂理 斎藤一人・柴村恵美子(共著)『百発百中』





最後までお読みいただき、ありがとうございました!
最後にもう1つお願いがあります。
人気ブログランキングに参加しています。あなたの1票がランキングに反映されますので、よろしければクリックをお願いします。
   にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

feedlyへの登録はこちらから↓
follow us in feedly


起きてビックリ w(゚o゚)w オオー!

141129_PV
(このグラフは、私がここでブログを書き始めた8月24日から今日までのページビュー数の推移ですが、多少の波はあるもののきれいな右肩上がりですよね^^)



おはようございます。

朝起きて liveboor blog の管理画面-アクセス解析を見てビックリ!
なんと、月間5,000pv を超えてしまっていたのです!
141129_livedoor_11月0

月間数十万から百万pvを超えるブロガーさんもいらっしゃるので、その方々からすると 5,000pv なんて1日分にも満たないかもしれませんが、私にとっては、ものすごいことです(;^_^A

このブログのアクセス数に関しては11月の初めにも書きましたが(その記事はこちら=>『自分では自分の成功を止められない?』、そのときと変わらず、というより、それ以上に増え続けていて、私自身ものすごく驚いています。



10月は3,348pv だったにもかかわらず、中旬以降、徐々に増えてくれたので、その時点では
11月は4,000pv~4,500pv、いくかな??
と期待(願望?)はしていたんですけどね(;^_^A
141102_PV



でも、『自分では自分の成功を止められない?』には
どうして?? 何でこんなことになっているんだろう??
と、自分で驚いてしまったのです。

うれしい反面、どこかで「これは今日だけだ。明日からは、きっと元に戻るんだろう」という気持ちになっていたんですよね。

本当はそうなってほしいのに、実際に起こると不安になってしまう自分がいたのです。
そのままアクセルを踏み続ければいいのに、ブレーキを踏んじゃうんですね。
と書いているのに、11月のアクセス数↓を見ていたら11月10日ごろは、
このままの調子でいけば5,000pv 行くんじゃないか!? 
とも思ってしまっていたのです。

怖い反面、もっといってほしいとも思ってる。
ブレーキもアクセルも両方踏みたい,踏んでるって感じかな??
そんな私って欲張りですよね~(;^_^A
141129_livedoor_11月

でも、11月中旬以降は100~150pv の日が続いたので、
9月が1,597pv 、10月が3,348pv だったんだから、4,500pv だってスゴイじゃん! このままの調子でいってくれたらいいな~ 
と思っていたところへ、11月も20日過ぎからラストスパートをかけてくれたようで(笑)、あと1日残して5,000pv を達成してしまいました\(^o^)/


でも、ページビュー数は私が直接操作できることではないんですよね。
11月14日には『目標は具体的で数値化できて自分一人で達成できることにすべし!』という記事を書いていますが、この記事を書いたときって、実は「5,000pv いって欲しいな~」と思ったときなのです。

だから、ページビュー数など、自分ではどうにもできないことは、それを励みにはしてもいいけど、目標にしてもどうにもならない、と自分に言い聞かせるために書いた記事でもあったのです(;^_^A



ブログに関して私ができることは記事を書くことだけ。
Google の検索キーワードで引っかかるかどうかはGoogle のアルゴリズムによるし、
一度来てくれた人がまた来てくれるかどうかも、その人しだいですからね。



斎藤一人と柴村恵美子さんの共著『運』の中にこんな文章があります。
うまくいったんだったらだんだん客増えるんだよ。客が横ばいだったら飽きられてるんだよ。減ってきたら世の中にいらないことをやってるんだよ。
これは商売の話でしたが、ブログが読んでもらえるかどうかも同じようなものだと思って、

ページビュー数が横ばいだったら飽きられている。減ってきたらいらないと思われてきた。

という気持ちで、どうすれば必要とされ続けていけるのかを考えながら続けていきたいと思いますので、今後ともよろしくお願いいたしますm(_ _)m

(またもや、お恥ずかしいものを曝してしまいました(;^_^A)





最後までお読みいただき、ありがとうございました!

最後にもう1つお願いがあります。
人気ブログランキングに参加しています。あなたの1票がランキングに反映されますので、よろしければクリックをお願いします。
   ブログランキング・にほんブログ村へ

feedlyへの登録はこちらから↓
follow us in feedly



プロフィール

かず

本業は快適空間創造家

1966年生まれ。
1992年、九州の某国立大学大学院修士課程修了後、大手建設会社に入社。
1996年から1998年の2年間イギリスの現地法人に出向。

入社以来オフィスビルやマンションの設計を行ってきたが、最近では大型ショッピングセンターなど主に商業施設関連の設備設計業務に携わっている。

8年ほど前、仕事のプレッシャーから軽度のうつ状態におちいるが、それを契機に完璧主義から脱却。今では、当時よりもプレッシャーがかかる状況であっても楽しく仕事をしている。

自分の経験を生かし、プレッシャーの中でも楽しく仕事をする方法を伝えるとともに、ココロが折れそうになっている人を少しでも支えていきたい。

今は仕事のストレスはほとんど感じていないが、あえて言うならストレス発散方法は週末のウォーキングと、通勤時間中の読書。電車内で本を読むことで、ONとOFF、仕事モードと家庭モードを切り替えている。

45歳にして勉強会デビュー。仕事関係以外の人との交流の楽しさを知る。


【取得資格】
一級建築士、建築設備士、設備設計一級建築士、CASBEE評価委員、珠算検定試験1級(笑)

【メディア掲載履歴】
Podcast 「美崎栄一郎の仕事の楽しさ研究所」第20回出演
日経ビジネスアソシエ:2011年11月号 手帳術
           2012年 7月号 ノート術
           2013年 7月号 ノートの極意
学研パブリッシング :仕事の教科書VOL.1 伸びる!ノート術
           仕事の教科書VOL.2 仕事が速い人の時間術
           仕事の教科書VOL.3 結果を出す人の手帳術

Twitter やってます
Facebookページ
記事検索 by Google
楽天カードでポイント生活はじめよう!
アクセスカウンター

    メッセージ

    直接のご連絡はこちらからどうぞ

    名前
    メール
    本文
    feedlyへの登録はこちらから!
    follow us in feedly
    ブログランキングに参加しています
    にほんブログ村 その他生活ブログ 手帳へ
    にほんブログ村
    かずの本棚(メディアマーカー)