150307_ヤマメ

150307_サクラマス


上の写真、上がヤマメで下がサクラマスですが、もともと同じ種類の魚だったと言われて信じられますか?


ヤマメとマスって、確か同じ魚だったよな~  と思ったけど、自信がなかったのでググってみたら、Yahoo 知恵袋でこんな回答を見つけました。

ヤマメは川の上流に住んでいますが、ずっと川で生活しているといくらかの弱いヤマメは海に下ります。海で大きくなって川にもどってきたものをサクラマスと呼びます。一方、ずっと川にたのは、ヤマメのままです。
<中略>
一度海に降りたサクラマスと陸封型のアマゴは見た目がまったく異なります。でも、実は同じ魚なのです。川でどちらかというと弱かった(いじめられた)ヤマメが、海に下り、修行をして強くなって帰ってきたともいますね。サクラマスは断然強そうなフォルムになりますし・・・。
<後略>

これを読んで、
私の記憶は正しかったようでよかった(^^)
と思うと同時に、もともと弱かったヤマメの方が海に下ったというのは知りませんでした。


なぜこんな話を書いたのかというと、
どちらかというと弱かった(いじめられた)ヤマメが、海に下り、修行をして強くなって帰ってきた
という部分。これは人も同じなんじゃないかな~ と思ったからです。


海に下ったヤマメも自ら望んで海に出て行ったのではないかもしれません。
でも、海の中で荒波にもまれることで強く大きくなった。
というより、生きていくためには、そうならざるを得なかったのでしょう。

人も同じ。
厳しい環境下に置かれると、強くならざるを得ない。
それがいいことなのか? 悪いことなのか? は別にしてね。
 
でも、人生に無駄なことはないというからすべてはよかったことと考えると、荒波にもまれたことも、その環境下で強く大きくなったこともよかったことなんですよね。


果たして、今の私はヤマメなのだろうか? それともサクラマスなのだろうか?
 
あまり荒波にもまれたとは思っていないので、まだヤマメなのかもしれません。
 
でも、海があることを知ってしまったんですよねぇ……。
それに、海まで出てみたいという気持ちもあります。

今はヤマメの私が、今から海に出て果たしてマスまで成長できるのか? とも思いますが……。


でも、マスとヤマメの中間くらいにはなれるかな?
その名は、マスの最初の一文字「マ」とヤマメの最後の一文字「メ」を取って
マメ
ちっちゃ(笑)



最後までお読みいただき、ありがとうございました!
最後にもう1つお願いがあります。
人気ブログランキングに参加しています。あなたの1票がランキングに反映されますので、よろしければクリックをお願いします。
   ブログランキング・にほんブログ村へ
feedlyへの登録はこちらから↓
follow us in feedly