技術屋かずのつれづれ日記

自分が体験したことで、ほかの人にもお勧めしたいことを書いていきます

ブログを通じて、仕事もプライベートも楽しく過ごす方法を探して多くの人と共有したいと思っています。
そのために、私が思ったことや感じたこと,得た情報などから「心が豊かになること」「社会に役に立つこと」を発信します。

旧ブログ「技術屋かずの徒然日記」 http://d.hatena.ne.jp/tkazu0408/ から引っ越してきました。
Twitterやってます。フォローしてもらえたら嬉しいです! https://twitter.com/t_kazu0408
Facebookページも作りました。「いいね!」してもらえたら、飛び上って喜びます! https://www.facebook.com/t.kazu0408

2015年10月10日 ここから再び「はてなブログ」に引っ越しました。
引っ越し先は”はてなブログ”でブログのタイトルは「日々是好日」
URLは http://kazu-eng.hateblo.jp/ です。
よろしければ、こちらものぞいてみてくださいm(__)m

ノート

成果を書き出す



私は1か月ほど前から、毎晩(ときには翌朝になることもありますが)、その日を振り返って日記を書く際に
「今日の成果」として、その日にやり遂げたこと(と言ったら大げさかな?)
をノートに書き出すようにしています。

どうしてそんなことを始めたのかは明確には思い出せませんが、
今日1日、なにをやっていたんだろう?
と思う日が多かったからじゃないか? という気がしますが。


なので昨夜も書き出したのですが、
仕事を終えて帰りの電車の中では、
今日はなにをやっていたんだろう? 大したことはやっていないよな~
と思っていたものの、ノートに書き留めたログを見ながら思い出してみると
  • ◯◯が完了、提出済み
  • △△完成
  • XXチェック完了
  • **は自分の所掌ではないので、依頼されたけど断った
  • ……
など、できたことは結構あったのです。

そして、
帰るときには「なにもできていない」と思っていたけど、結構できてるじゃん(^^)
と、気分が良くなったのです。

これは自己満足かもしれないけど、
これができていない。あれもやっていない。
と、できなかったことばかりに注目して落ち込むよりは、
できたことに目を向けて、気持ちよく1日を終わった方が良いと思うのですが、いかがですか?


もちろん、できたことを書き出して終わりにするのではなく、
そのあとに、まだ終わっていないこと,翌日以降にやるべきことも書き出しますが、
先にできたことに注目して気分がよくなっているので、
やり残したことを考えているときも
やろう!
と、前向きに考えられるのです。


人間は感情の動物だから、同じできごとを考えたとしても
そのときの気分で捉え方も変わってくるんですよね。

だから先に気分が上がることをやって、
次にできなかったこと,やり残したことを考える
という順番は良いと思います。


あなたも、できなかったことに目を向けるのではなく、できたことに注目してみませんか?
きっと、1日を気分よく終わることができますよ(^^)




最後までお読みいただき、ありがとうございました!

最後にもう1つお願いがあります。
人気ブログランキングに参加しています。あなたの1票がランキングに反映されますので、よろしければクリックをお願いします。
   にほんブログ村 その他生活ブログ 手帳へ

feedlyへの登録はこちらから↓
follow us in feedly


私のデジアナ併用法


2015-03-10-06-38-04


昨日はアナログ手帳をおすすめするような記事を書きましたが、だからといって私が何もかもアナログで記録しているわけではありません。というより、デジタルに移行しているものの方が多いです。
 
先週末に参加した手帳の座談会で話を聞いていて、
それはデジタルで記録してるな~
と思うことも多かったので、みなさんがどんなことを記録しているのか? 私はそれをどこに・どうやって記録しているのかをいくつかご紹介します。



予定と実績
手帳のメインの機能はスケジュール管理ですから、予定を書くには当然として、それに実績を併記するという方がいらっしゃいました。

いくら計画を立てても、そのとおりに実行できたのかどうかを確認しないと、特に、計画通りにできなかったときには、なぜできなかったのかを振り返らないと次回以降の参考にもなりませんからね。

ということで、以前は私もやっていたのですが、その時は1日1ページで記録していたので、あの手帳のスペースによく書くな~ というのが正直な感想でした(;^_^A
その時使っていた手帳(?)がこれ↓、OUTLOOKの予定を印刷してバインダーノートに綴じたものです。

150310_昔の手帳


今はこの方法はやっていませんが、MyStats というタイムログアプリでの記録は続けています。

私の手帳術・ノート術はいくつか記事も書いていますので、詳しくはそちらも読んでみてくださいm(__)m


【関連記事】
スケジュールの立て方を変えてみました
私のノート術 第2回 私のノート-リフィルのご紹介-
手帳



目標
手帳の最初のページ、あるいは最後のページに手書きで目標を書いている、人がいらっしゃいました。
ある人は、1年間の目標と、それをブレークダウンして月ごとにも書いている、と言われましたが、それはいいな〜 と思ったので、さっそく私もやってみようと思うのですが、私が目標を書いているのは手書きではなく Evernote

なぜかというと、いちばんの理由は、いつでもどこでも iPhone で読めるからです。
目標って、年初に立てる人が多いと思いますが、それ以降、読み返していますか?
まさか次に読むのは年末なんて人はいないと思いますが……(笑)

どんなに叶いそうな目標を立てても、その目標を忘れてしまっては叶うはずがありません。
ということで、手帳よりも手軽に、いつでも、どこでも読めるようにデジタルで記録しています。
追加や変更も簡単だしね(^^)





読書
読んだ本や、本の中で印象に残った文章を書き写している人もいらっしゃいました。
これは私はメディアマーカーをメインにしてブクログにも記録しています。
最近サボってるけど、気になった文章は引用とコメントを書くこともあるし、本のレビューを書いたりもします。本当は読んだ本、すべてのレビューを書きたいのですが、できていないので、1冊でも多く書いていきたいですね。

それだけではなく、何ページから何ページまでよんだか? というのを Excel で入力もしています。
読み終えた時には「読了」と書いているので、何冊読んだのか、バーチャートのように見えていいのですが、少ないと、これだけしか読んでないのか……。
という気持ちにもなってしまいますけどね。


以前はアプリメディアマーカーのiPhone アプリもあったのですが、見つからないということはなくなったのかな??



体重
多くの手帳のでは最初に方にある年間ページに体重を書いているという人がいらっしゃたのですが、これも Excel ですね。
その理由は、体重に限らず数値の変化は数字で見るよりもグラフ化したほうがわかりやすいからです。

222e5466.jpg



給与・賞与
給与や賞与額を手帳に書いてて、落としたらどうするんでしょうね? 見られたら、きっと恥ずかしいですよね?(笑)

というワタクシですが、これも Excel で入力しています。
私は管理職なので残業手当はつかないから毎月一定なのですが、長期間記録してあると、Excel を見るだけで過去分までわかるし、年間や年度での集計も容易にできるしね。



記録したものは見返すことが必要

なんだか雑多なことをつらつらと書いてしまいましたが、私が思うのは、記録すること自体が目的になってしまってはいけないということ。
何のために記録するのか??
それは、過去や今と比較して、もっとよくなりたい! もっとよくしたい! からですよね??

だったら、記録したことは改善するためのツールとして活かしましょう!
じゃないと、記録するために費やした時間が無駄になりますから……。




最後までお読みいただき、ありがとうございました!
最後にもう1つお願いがあります。
人気ブログランキングに参加しています。あなたの1票がランキングに反映されますので、よろしければクリックをお願いします。
   にほんブログ村 その他生活ブログ 手帳へ
feedlyへの登録はこちらから↓
follow us in feedly


ノートの全面リニューアルを計画中です

2014-11-17-06-46-41
(上の写真は、歴代私が使ってきたノートたち。今使っているのは左の黒いやつです^^)


昨年9月から今のノートを使っている私ですが(そのとき書いた記事はこちらからどうぞ)、少し前から使い方を含めて全面的に見直したいな~という気持ちになっています。

でも、具体的に、どこが嫌とか、どうしたいというところまではっきりと決まっているわけではなく、なんかしっくりこない、という感じなんですけどね。

でも、こんなことを考えている、ということはあるのでご紹介します。


サイズ
今使っているのはB5版ですが、書き込みスペースも十分だし普段机で作業する上では不満はないのですが、持ち運びや狭い机の上,たくさん資料が配布された会議の場などでは、ちょっと大きくてやりにくいな~と思うことがあるのです。 
 
だから、以前使っていたA5サイズに戻そうかな? とも考えるのですが、でも、踏み切れずにいます。
 
その理由は、私は手帳とは別にいつもメモ帳を持ち歩いていて、ノートを持っていないときや広げるスペースがないとき、このメモ帳に書いています。
 
"メモ"なので用件が済んだら捨てることも多いのですが、講演会でとったメモなどは保存用にノートに貼り付けるんですよ。
それがB5版だと1ページに4枚貼れるのですがA5版では2枚しか貼れそうにないのです。1ページに2枚しか貼れないんじゃなぁ… というのが私の気持ち。だから、サイズがまだ決まらないのです(>_<)
 
でも、今のB5版ままの可能性が高いかな?

 

2014-11-18-07-09-27


タイプ
ノートのタイプってなに? と思われるかもしれませんが、綴じノート(いわゆる普通のノート)なのかルーズリーフなのかレポート用紙のようなやつか、ということです。

今は無地のルーズリーフに自分で罫線を印刷してスリムバインダーに綴じたものをカバーノートに入れて使っていますが、見た目は良くなるけど、ほとんど使うことがない付箋もいっしょに入れてるけど(付箋はメモ帳にも貼ってあって、そちらを使うほうが多いので)、ノートは1冊しか刺していないので、わざわざカバーノートを使う必要があるのかな? と思い始めたんですよね。
でも、スリムバインダーを裸で持つのはちゃっちい感じがしているのですが…。

じゃあ、バリエーションも豊富な綴じノートにするか? というと、それも決断しかねているんですよねぇ…
 
なぜか? それは、私は書き終わったノートはすべてスキャンしてDropboxに保存するので、ページがバラせるほうが便利なのです。
だったら、リングノートやミシン目入りのノートにして、スキャンするときにバラしてファイルに綴じるというのもありなのかな?? なんてことも考えているのです。



141117_ノート

その他
私はノートに、何時から何時まで何をしていたか、とログを書きこんでいるのですが、それは別のノートか手帳かメモ帳にして、ノートはノートとして使おうか? でも、情報は1か所に集約したいし……なども考えてしまっているのです。


 

昨日の記事では中村修二さんの言葉
うんうん唸って考える時間を費やすのだったら、その時間で、もう1つの道を試した方がよっぽどいい。(中村修二(著)『成果を生み出す非常識な仕事術』より)
を引用したワタクシですが、ノートに関してはうんうん唸って考えているところです(;^_^A

さらに昨日は
手帳なんて千円程度、高くても数千円です。
どれにしよう?? と悩むぐらいなら、ある程度候補が決まった時点で全部買っちゃって試してみる、というのもアリだと思います。
と書いたけど、ノートなんて数百円ですからね。それこそ全部買っちゃって試したほうがいいですよね?
まさに「言うは易し行うは難し」だ!! (;^_^A 
















最後までお読みいただき、ありがとうございました!

最後にもう1つお願いがあります。
人気ブログランキングに参加しています。あなたの1票がランキングに反映されますので、よろしければクリックをお願いします。
   にほんブログ村 その他生活ブログ 手帳へ

feedlyへの登録はこちらから↓
follow us in feedly




自分のことを天才だと思っているのは私だけではなかった ~物事は予想の2倍の時間がかかる~

2014-10-18-09-05-31


先日もご紹介しましたが、『日経ビジネス Associe (アソシエ) 2014年 11月号』の手帳術特集を読んで、自分の手帳の使い方を少し見直してみようかな?? と思っているので、出張に行く新幹線の中で、もう一度じっくりとアソシエを読み返してみました。





物事は予想の2倍の時間がかかる
その時に見つけたのが、「ドラッカー曰く『物事は当人がこれだけかかると思っている時間の2倍かかる』。」ということば。
2014-10-18-08-57-04


そうなんですよ!
私は24時間365日、すべての時間に何をしていたのか記録しているし、作業開始する前にはノートに作業内容と見積時間を書いてからスタートするのですが、予定した時間で終わることはほとんどなく、2倍近くかかることもたびたびあります。

そんなことがあると
「俺って、自分のことどれだけ天才だと思っていたんだろう??」
なーんて、考えてしまうこともあったのですが、ドラッカーのこの言葉「物事は当人がこれだけかかると思っている時間の2倍かかる」を読んで、これは自分だけではなかったんだ、と少し安心したのでした^^





時間を記録する(私の方法)
では、実際にかかる時間と予想時間との差を少なくするために何をすればいいのか??
それには「まず自らの時間がどのように使われているかを知らなければ、時間の管理について考えることはできない『経営者の条件』)とドラッカー先生もおっしゃっています。
2014-10-18-09-29-34

私もこのことを知ってから、予測時間と実際にかかった時間を記録するようになったのですが、いまだにその差は縮まりませんけどね(;^_^A



ではここで、実際に私が記録している方法をご紹介します。
といっても、開始時刻と終了時刻,予定時間とかかった時間をこんな感じ↓でノートに書いてるだけですけど(;^_^A


(開始-終了時間を書いた部分)
141018_ノート


(予想時間を実際にかかった時間を書いた部分)
2014-10-18-09-27-01
上の写真の左側の青で書いたのが予想時間、右側の赤字が実際にかかった時間です。


そして毎晩、日記を書くときに、このノートとMyStatsに入力した記録を見がら1日の振り返りをしています。
MyStatsの集計はこんな感じ↓)
2014-10-18-10-02-16


それでもなかなか改善しないんですけどねぇ......。

記録する時間の方が無駄じゃないか?
なんて思ったりもするのですが、家計簿をつけるとお金のムダ使いが減るのと同じで、時間も記録しているとダラダラする時間が減ると思っているので、抑止効果はあると思って続けています。

だって、振り返るときに「ゲーム」とか「ネットサーフィン」とかって、見たくないじゃないですか!
あーぁ、こんなに遊んでたんだぁ...ってあとになって思いたくないから、やること自体が確実に減ります。

そういう意味では、記録する意味は十分にあると思っているので、この習慣はこれからも続けていきます。





私のノート
私が実際に使っているノートの写真を上でご紹介しましたが、何か変だと思いませんでしたか??
市販のノートって、ふつうはこう↓ですよね。
2014-10-18-08-59-50
左ページの場合、日付を書く欄は、左上にあるはずです。

でも、私のノートは右のページも左のページも右上にあります。
(さっきの写真をもう一度)
141018_ノート
2014-10-18-09-27-01

これは、私はノートはすべてスキャンしてDropboxに保存、いつでもどこでもスマートフォンで見られるようにしているので、日付は右上で統一したいからなのです。

それから、ノートの左側に時刻を記入する欄を作るために1本、右側には予想時間と実際の時間を書くための欄も引いています。
これ、手書きじゃないですよ。最初っから引いてあります。


こんな変なノート(ルーズリーフ)は見たことがないですよね?
それもそのはず、このノートは市販の無地のルーズリーフに自分で作ったフォーマットを印刷して作ったものですから(;^_^A

最初は3本の縦線を自分の手で書いていたのですが、毎回引くのがめんどくさくって......
それから、ドット入りのルーズリーフを使いたいのですが、市販のものは罫線が濃すぎるんですよね、私には。
なので、罫線の色も薄めのグレーで引いたものを自分で作っちゃいました(;^_^A

以前はA5サイズのノートを使っていたのですが、こういう理由で左右が取られてしまったので、今はひとまわり大きいB5サイズのノートを使っています。


手帳もノートも自分が使いやすい,使いたいと思うものを求めていくと、最後は自分で創るしかないのかな??
って感じになってしまっています。
でも、手帳は創りきれないので、自分の理想に近いものを探して、もっと使いやすくするためにカスタマイズしていこうと思います。

また何か変わったことをやったらブログでご紹介しますね^^
といっても、本人は何がわかったことなのか、よくわからない、というのも事実ですが。



NEOREX Co., Ltd.
NEOREX Co., Ltd.
MyStats
★★★★★
1185件の評価
App Store



私が使っているノートはこちら↓
ルーズリーフはこれ↓


人気ブログランキングに参加しています。よろしければクリックをお願いします。

手帳・手帳術 ブログランキングへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 手帳へ
にほんブログ村


 

私のノート術 ノートを完全リニューアルしました!

前回私のノート術について書いたのは2013年7月16日(その時の記事はこちら)なので、2か月近く経ってしまいましたね(;^_^A


その頃も、もう、

手帳・ノートの使い方は今のままでいいのか??変えたいな~

と思っていたのですが、9月に入ったのをきっかけに全面リニューアルしました。





変えたいと思っていた理由はいくつかあるのですが、第一に重かったから。

先日、あるところに持って行って重さを計ったら、750グラムもあったのです!

以前、自分で計ったときには450グラムだったのに・・・と思ったけど、家でも、もう一度計りなおしてみたけど、やっぱり750グラムありました!

でも、今度のノートも560グラムありますけどね(;^_^A

dab426bd.jpg
 (これは新しいノートの重さです)




2番目の理由は、ノート(手帳)に複数本のペンを刺して持ち歩きたかったから。

以前のノートにはフリクションの3色ボールペンを1本刺していたのですが、最近使うようになった万年筆も刺したいな~と思いまして...

筆箱に入れて持ち歩いてもいいのだけれど、そっちはそっちで大量に入ってますからね。これも700グラムぐらいあるし。ノートと合わせて1.5キロ。最近のモバイルノートPCより重いんだもの、やっぱり重いよね(;^_^A

9c1605dd.jpg




もう1つ、A5サイズでは小さいと感じるようになったから。

ノートに左側には作業した時刻を書くため,右側には予測と実績の時間を書くために余白を取っているから、実際に書けるスペースが足りないと感じるようになってきたのです。

それに、片面にしか書いていなかったから、紙の量の割には書ける部分は少ないし...




それから、スケジュールもタスクも、ほとんどデジタル化しているのに、手書きとダブルで書くのは(実績については3つ)ムダだと思うし、1つにしてしまおうというのもあり...


他にもいろいろと不満がたまってきたので、ここは!ということで全面リニューアルしました^^





新たなお供はこちら

9e2e6c45.jpg



外装はコクヨのカバーノート「SYSTEMIC[システミック]リングノートタイプ」のB5版です。

c7e8aaa5.jpg



でも、中身のノートは元々付属している「ツインリングノート〈エッジタイトル〉」ではなく、コクヨの「キャンパスバインダー<スマートリング>」に自作のリフィル(無地のルーズリーフに印刷したもの)を入れて使っています。

467c5070.jpg



市販の(リング)ノートを入れて使おうとしたのですが、気に入ったノートがなかなか見つからなかったので、今回も結局は自分で作ってしまいました(;^_^A

5d916414.jpg
 (今までと同じく、ドット&左右に罫線入りです)



他にも計画用のシートも作ったりしてみましたが、でも、変更して1週間足らず。まだまだ不満なところ,改善したい部分も多々ありますので、どんな使い方をしているのかは、ある程度固まった段階で紹介しますね。


使う本人としても、早く固めたいのですが(;^_^A

今週・来週くらいは、いろんな使い方をしてみて、ある程度固めて、その後も修正し続けていく、そんな使い方をしてみたいと思います。
















私のノート術 第2回 私のノート-リフィルのご紹介-

私のノート術について、前回書いたのが6月17日だったから、ほぼ1か月たってしまいました(;^_^A。

自分で自分のケツをたたく意味を込めて、今後の予定を書いたのに・・・



さて、前回書いた通り、本日は私が使っているリフィルたちを紹介します^^


f20968a8.jpg




■まず、最初のページに貼ってあるのが、付箋

2011f1f6.jpg


私はノートを取るときに限らず、本を読むときにも付箋を使っているので、メモ帳にも貼っているし、机の上も、すぐ取れるところに置いています。


ノートを取るとき、どんな風に付箋を使っているのかは、今後ご紹介しますが、インデックスとして使うことが多いですね。




■次は、「7つの習慣」に書かれている『成長の連続体』と「7つの習慣」とはなんなのか、ということ。

a7bdccc5.jpg


この本は私にとってのバイブルとでもいえる本。500ページ近い本ですが、年に3~4回は読み返すようにしています。

それだけ読んでも、読むたびに新たな気付きがあるスゴイ本です^^

だから、その習慣だけでも、いつでも読み返せるようにノートに綴じこんでいます。




■それから、今年の目標

30103bb9.jpg


目標も立てただけで読み返さないと忘れてしまうので、やはりこれも、いつでも読み返せるように、というより、ちょくちょく読み返すために綴じこんでいます。





■ここからが、手帳としての役割部分ですが、まずは月間と週間のスケジュール

efb4ad7d.jpg


このブログでも何度か書いたことがあるのですが、私はOutlookに入力したスケジュールを印刷してスケジュール帳にしているので、毎月初めに先月+今後3か月の合計4か月分を、週の初めに今週,来週分のスケジュールを印刷して綴じこんでいます。

ただ、今年初めからiPhoneを使うようになって、メインはスマホに変更しましたが、やはり紙での確認もしたいので、それまでとどおりの方法と併用しています。




■その次は、その日のスケジュール。

25ea6338.jpg


こちらも以前紹介していますが、真ん中で半分に分けて、左側には計画を,右側には実際の行動を記録しています。




■上の日スケジュールはA4横用紙の半分に印刷しているので、残り半分、右側はタスクを書き込むスペースとして使っています。

2d0835ed.jpg


書き込むといっても、毎回手書きでは大変なので、タスク管理アプリに入力したタスクの内、その日にやる予定のことを抽出して印刷、貼っています。

もちろん、そのあと発生したタスクは手書きで追記しますけどね。

タスク管理も後日紹介するつもりですが、つい最近まではwunderlistというアプリを使っていましたが、今はToodledoを使っています。




■それから、手持ちの仕事を管理するために、担当している仕事のリスト&工程表

0c2ab612.jpg


これがないと、仕事に優先順位が付けられませんからね。




■最後に、今年は受験申し込みをした技術士の過去問

200a8e5f.jpg


スキマ時間などに少しずつでも勉強できるようにと思って綴じこんでいます。

が、実際は・・・・・(;^_^A




私が使っているのがバインダーノートなので、穴さえあけられれば何でも綴じられるので、必要かな??と思ったものはとりあえず綴じこむことにしています。

不要あったら処分すればいいだけなので・・・




では、次回以降、それぞれの使い方をご紹介しますね。

今度は、1か月も空けないように気を付けます!!


【過去の記事はこちら↓】

私のノート術 第0回 ノートを取る目的

私のノート術 第1回 私のノート-持ち物編-

私のノート術 今後の予定







プロフィール

かず

本業は快適空間創造家

1966年生まれ。
1992年、九州の某国立大学大学院修士課程修了後、大手建設会社に入社。
1996年から1998年の2年間イギリスの現地法人に出向。

入社以来オフィスビルやマンションの設計を行ってきたが、最近では大型ショッピングセンターなど主に商業施設関連の設備設計業務に携わっている。

8年ほど前、仕事のプレッシャーから軽度のうつ状態におちいるが、それを契機に完璧主義から脱却。今では、当時よりもプレッシャーがかかる状況であっても楽しく仕事をしている。

自分の経験を生かし、プレッシャーの中でも楽しく仕事をする方法を伝えるとともに、ココロが折れそうになっている人を少しでも支えていきたい。

今は仕事のストレスはほとんど感じていないが、あえて言うならストレス発散方法は週末のウォーキングと、通勤時間中の読書。電車内で本を読むことで、ONとOFF、仕事モードと家庭モードを切り替えている。

45歳にして勉強会デビュー。仕事関係以外の人との交流の楽しさを知る。


【取得資格】
一級建築士、建築設備士、設備設計一級建築士、CASBEE評価委員、珠算検定試験1級(笑)

【メディア掲載履歴】
Podcast 「美崎栄一郎の仕事の楽しさ研究所」第20回出演
日経ビジネスアソシエ:2011年11月号 手帳術
           2012年 7月号 ノート術
           2013年 7月号 ノートの極意
学研パブリッシング :仕事の教科書VOL.1 伸びる!ノート術
           仕事の教科書VOL.2 仕事が速い人の時間術
           仕事の教科書VOL.3 結果を出す人の手帳術

Twitter やってます
Facebookページ
記事検索 by Google
楽天カードでポイント生活はじめよう!
アクセスカウンター

    メッセージ

    直接のご連絡はこちらからどうぞ

    名前
    メール
    本文
    feedlyへの登録はこちらから!
    follow us in feedly
    ブログランキングに参加しています
    にほんブログ村 その他生活ブログ 手帳へ
    にほんブログ村
    かずの本棚(メディアマーカー)