技術屋かずのつれづれ日記

自分が体験したことで、ほかの人にもお勧めしたいことを書いていきます

ブログを通じて、仕事もプライベートも楽しく過ごす方法を探して多くの人と共有したいと思っています。
そのために、私が思ったことや感じたこと,得た情報などから「心が豊かになること」「社会に役に立つこと」を発信します。

旧ブログ「技術屋かずの徒然日記」 http://d.hatena.ne.jp/tkazu0408/ から引っ越してきました。
Twitterやってます。フォローしてもらえたら嬉しいです! https://twitter.com/t_kazu0408
Facebookページも作りました。「いいね!」してもらえたら、飛び上って喜びます! https://www.facebook.com/t.kazu0408

2015年10月10日 ここから再び「はてなブログ」に引っ越しました。
引っ越し先は”はてなブログ”でブログのタイトルは「日々是好日」
URLは http://kazu-eng.hateblo.jp/ です。
よろしければ、こちらものぞいてみてくださいm(__)m

ノート術

私のノート術 ノートを完全リニューアルしました!

前回私のノート術について書いたのは2013年7月16日(その時の記事はこちら)なので、2か月近く経ってしまいましたね(;^_^A


その頃も、もう、

手帳・ノートの使い方は今のままでいいのか??変えたいな~

と思っていたのですが、9月に入ったのをきっかけに全面リニューアルしました。





変えたいと思っていた理由はいくつかあるのですが、第一に重かったから。

先日、あるところに持って行って重さを計ったら、750グラムもあったのです!

以前、自分で計ったときには450グラムだったのに・・・と思ったけど、家でも、もう一度計りなおしてみたけど、やっぱり750グラムありました!

でも、今度のノートも560グラムありますけどね(;^_^A

dab426bd.jpg
 (これは新しいノートの重さです)




2番目の理由は、ノート(手帳)に複数本のペンを刺して持ち歩きたかったから。

以前のノートにはフリクションの3色ボールペンを1本刺していたのですが、最近使うようになった万年筆も刺したいな~と思いまして...

筆箱に入れて持ち歩いてもいいのだけれど、そっちはそっちで大量に入ってますからね。これも700グラムぐらいあるし。ノートと合わせて1.5キロ。最近のモバイルノートPCより重いんだもの、やっぱり重いよね(;^_^A

9c1605dd.jpg




もう1つ、A5サイズでは小さいと感じるようになったから。

ノートに左側には作業した時刻を書くため,右側には予測と実績の時間を書くために余白を取っているから、実際に書けるスペースが足りないと感じるようになってきたのです。

それに、片面にしか書いていなかったから、紙の量の割には書ける部分は少ないし...




それから、スケジュールもタスクも、ほとんどデジタル化しているのに、手書きとダブルで書くのは(実績については3つ)ムダだと思うし、1つにしてしまおうというのもあり...


他にもいろいろと不満がたまってきたので、ここは!ということで全面リニューアルしました^^





新たなお供はこちら

9e2e6c45.jpg



外装はコクヨのカバーノート「SYSTEMIC[システミック]リングノートタイプ」のB5版です。

c7e8aaa5.jpg



でも、中身のノートは元々付属している「ツインリングノート〈エッジタイトル〉」ではなく、コクヨの「キャンパスバインダー<スマートリング>」に自作のリフィル(無地のルーズリーフに印刷したもの)を入れて使っています。

467c5070.jpg



市販の(リング)ノートを入れて使おうとしたのですが、気に入ったノートがなかなか見つからなかったので、今回も結局は自分で作ってしまいました(;^_^A

5d916414.jpg
 (今までと同じく、ドット&左右に罫線入りです)



他にも計画用のシートも作ったりしてみましたが、でも、変更して1週間足らず。まだまだ不満なところ,改善したい部分も多々ありますので、どんな使い方をしているのかは、ある程度固まった段階で紹介しますね。


使う本人としても、早く固めたいのですが(;^_^A

今週・来週くらいは、いろんな使い方をしてみて、ある程度固めて、その後も修正し続けていく、そんな使い方をしてみたいと思います。
















私のノート術 第2回 私のノート-リフィルのご紹介-

私のノート術について、前回書いたのが6月17日だったから、ほぼ1か月たってしまいました(;^_^A。

自分で自分のケツをたたく意味を込めて、今後の予定を書いたのに・・・



さて、前回書いた通り、本日は私が使っているリフィルたちを紹介します^^


f20968a8.jpg




■まず、最初のページに貼ってあるのが、付箋

2011f1f6.jpg


私はノートを取るときに限らず、本を読むときにも付箋を使っているので、メモ帳にも貼っているし、机の上も、すぐ取れるところに置いています。


ノートを取るとき、どんな風に付箋を使っているのかは、今後ご紹介しますが、インデックスとして使うことが多いですね。




■次は、「7つの習慣」に書かれている『成長の連続体』と「7つの習慣」とはなんなのか、ということ。

a7bdccc5.jpg


この本は私にとってのバイブルとでもいえる本。500ページ近い本ですが、年に3~4回は読み返すようにしています。

それだけ読んでも、読むたびに新たな気付きがあるスゴイ本です^^

だから、その習慣だけでも、いつでも読み返せるようにノートに綴じこんでいます。




■それから、今年の目標

30103bb9.jpg


目標も立てただけで読み返さないと忘れてしまうので、やはりこれも、いつでも読み返せるように、というより、ちょくちょく読み返すために綴じこんでいます。





■ここからが、手帳としての役割部分ですが、まずは月間と週間のスケジュール

efb4ad7d.jpg


このブログでも何度か書いたことがあるのですが、私はOutlookに入力したスケジュールを印刷してスケジュール帳にしているので、毎月初めに先月+今後3か月の合計4か月分を、週の初めに今週,来週分のスケジュールを印刷して綴じこんでいます。

ただ、今年初めからiPhoneを使うようになって、メインはスマホに変更しましたが、やはり紙での確認もしたいので、それまでとどおりの方法と併用しています。




■その次は、その日のスケジュール。

25ea6338.jpg


こちらも以前紹介していますが、真ん中で半分に分けて、左側には計画を,右側には実際の行動を記録しています。




■上の日スケジュールはA4横用紙の半分に印刷しているので、残り半分、右側はタスクを書き込むスペースとして使っています。

2d0835ed.jpg


書き込むといっても、毎回手書きでは大変なので、タスク管理アプリに入力したタスクの内、その日にやる予定のことを抽出して印刷、貼っています。

もちろん、そのあと発生したタスクは手書きで追記しますけどね。

タスク管理も後日紹介するつもりですが、つい最近まではwunderlistというアプリを使っていましたが、今はToodledoを使っています。




■それから、手持ちの仕事を管理するために、担当している仕事のリスト&工程表

0c2ab612.jpg


これがないと、仕事に優先順位が付けられませんからね。




■最後に、今年は受験申し込みをした技術士の過去問

200a8e5f.jpg


スキマ時間などに少しずつでも勉強できるようにと思って綴じこんでいます。

が、実際は・・・・・(;^_^A




私が使っているのがバインダーノートなので、穴さえあけられれば何でも綴じられるので、必要かな??と思ったものはとりあえず綴じこむことにしています。

不要あったら処分すればいいだけなので・・・




では、次回以降、それぞれの使い方をご紹介しますね。

今度は、1か月も空けないように気を付けます!!


【過去の記事はこちら↓】

私のノート術 第0回 ノートを取る目的

私のノート術 第1回 私のノート-持ち物編-

私のノート術 今後の予定







何のためにノートをとるのか!? 『伸びる!ノート術』

前回の記事で「書く」と言ったので、ちゃんと書きますよ~(笑)



まずは目次から・・・

b1c7eb9e.jpg

【目次】

interview

為末 大 ”成長するための技術”



Buisiness Person

ビジネスパーソンのノート事情を大公開


ノートメーカー社員ノートを拝見


美崎栄一郎のノート添削講義 ノートのお悩みズバッと解決します


すぐに役立つ”1枚”フォーマット



Technique

仕事の質が変わる一芸テクニック



午堂登紀雄の「稼ぐ」ノート術


上坂流!ヒアリング術、教えます



Special Lecturer

ベストセラーの「超」ノート術


佐藤 優 『知識を自分の財産にする読書ノート』


神田昌典 『仕事ですぐ使えるマインドマップ入門』


小室淑恵 『仕事と生活の時間アレンジ術』


出口 汪 『論理力がつくストックノート』



ノート&文具カタログ



デジタルメモツールの最前線



私が注目した記事は、もちろんこちら↓

美崎栄一郎のノート添削講義です

c7883edd.jpg

だって、この場にいたんだもの。。。(;^_^A


ということで、本誌に載っている添削・指導はもちろん、紙面の都合(だと思います)で載せられなかったアドバイスもぜーんぶ聞いています^^


が・・・・


今振り返ってみると、せっかくもらったアドバイスなのに、あまり実践できてないですね(;^_^A

何が実践できていないかって??

それは・・・・




ノートって、モレスキン(↑)などの高級ノートを除けば、100円程度で買えるんですよね。

缶コーヒー1本よりも安い!!


それなのに、もったいないと思うからなのか、学生時代の名残なのか、びっちり詰めて書いてしまう。。。

まるで、「漢字練習帳」のように・・・(笑)



社会人のノートは「記憶」するためではなく「記録」するため,あとで見返して思い出したり、追記したりするものだと思います。

だったら、見やすいように,追記しやすいように、意識して余白を設ける必要があるんですよね。。。

ということで、さっそく、今日からやってみよう!!!!!





その他は、4月6日の記事「本は最初から最後まで読むもの??」で紹介した

佐藤優さんの『知識を自分の財産にする読書ノート』(読書&ノートの組み合わせだもん、気にならないわけがない!(;^_^A)




それから、こちら「最短で資格を取る合格ノートの作り方」も・・・

6074dad6.jpg

私は技術士を受験しようと思いながらも、去年・おととしと、仕事が忙しいのを言い訳にパスしてしまったので(;^_^A

でも、今年は受験ぐらいはしてみようと思っているから、これを参考にスケジュールを立ててみたいと思います。




最後に、「ノート&文具カタログ」や「デジタルメモツール」が載っていますが、

アナログなノートとデジタルを組み合わせたいと思っている私が気になったのは、こちらの商品↓


こんなのがあるのは知らなかった。。。

早速探しに行きたいと思います^^



学生時代は、きれいにノートをとっている人から借りたりしていましたが、社会人になって、他人のノートを見ることはほとんどないと思います。

このムックでは、「ノートメーカー社員ノート」や美崎さんに添削していただいた8人のノートが載っています。

それを見るだけでも参考になると思いますよ。






美崎先生のノート術の本はこちら↓







せっかくなので手帳術の本も




【2013年05月21日追記】

私自身のノート術も書いてみようと思います。

まだ、第0回しか書いていませんが、こちらもどうぞよろしくお願いしますm(__)m

私のノート術 第0回 ノートを取る目的



【2013年07月17日追記】

私のノート術 第1回 私のノート-持ち物編-

私のノート術 今後の予定

私のノート術 第2回 私のノート-リフィルのご紹介-




プロフィール

かず

本業は快適空間創造家

1966年生まれ。
1992年、九州の某国立大学大学院修士課程修了後、大手建設会社に入社。
1996年から1998年の2年間イギリスの現地法人に出向。

入社以来オフィスビルやマンションの設計を行ってきたが、最近では大型ショッピングセンターなど主に商業施設関連の設備設計業務に携わっている。

8年ほど前、仕事のプレッシャーから軽度のうつ状態におちいるが、それを契機に完璧主義から脱却。今では、当時よりもプレッシャーがかかる状況であっても楽しく仕事をしている。

自分の経験を生かし、プレッシャーの中でも楽しく仕事をする方法を伝えるとともに、ココロが折れそうになっている人を少しでも支えていきたい。

今は仕事のストレスはほとんど感じていないが、あえて言うならストレス発散方法は週末のウォーキングと、通勤時間中の読書。電車内で本を読むことで、ONとOFF、仕事モードと家庭モードを切り替えている。

45歳にして勉強会デビュー。仕事関係以外の人との交流の楽しさを知る。


【取得資格】
一級建築士、建築設備士、設備設計一級建築士、CASBEE評価委員、珠算検定試験1級(笑)

【メディア掲載履歴】
Podcast 「美崎栄一郎の仕事の楽しさ研究所」第20回出演
日経ビジネスアソシエ:2011年11月号 手帳術
           2012年 7月号 ノート術
           2013年 7月号 ノートの極意
学研パブリッシング :仕事の教科書VOL.1 伸びる!ノート術
           仕事の教科書VOL.2 仕事が速い人の時間術
           仕事の教科書VOL.3 結果を出す人の手帳術

Twitter やってます
Facebookページ
記事検索 by Google
楽天カードでポイント生活はじめよう!
アクセスカウンター

    メッセージ

    直接のご連絡はこちらからどうぞ

    名前
    メール
    本文
    feedlyへの登録はこちらから!
    follow us in feedly
    ブログランキングに参加しています
    にほんブログ村 その他生活ブログ 手帳へ
    にほんブログ村
    かずの本棚(メディアマーカー)