技術屋かずのつれづれ日記

自分が体験したことで、ほかの人にもお勧めしたいことを書いていきます

ブログを通じて、仕事もプライベートも楽しく過ごす方法を探して多くの人と共有したいと思っています。
そのために、私が思ったことや感じたこと,得た情報などから「心が豊かになること」「社会に役に立つこと」を発信します。

旧ブログ「技術屋かずの徒然日記」 http://d.hatena.ne.jp/tkazu0408/ から引っ越してきました。
Twitterやってます。フォローしてもらえたら嬉しいです! https://twitter.com/t_kazu0408
Facebookページも作りました。「いいね!」してもらえたら、飛び上って喜びます! https://www.facebook.com/t.kazu0408

2015年10月10日 ここから再び「はてなブログ」に引っ越しました。
引っ越し先は”はてなブログ”でブログのタイトルは「日々是好日」
URLは http://kazu-eng.hateblo.jp/ です。
よろしければ、こちらものぞいてみてくださいm(__)m

勉強会

お金を稼ぐために必要な思考の順番


151002_金塊



好きなことを仕事にしなさい

よく言われることですが、本当にそうでしょうか?


昨夜は「一流の人から学ぶ【お金の稼ぎ方】」というシークレットセミナーに参加してきました。
そこで質問されたのが、
お金を稼ぐという面から見たとき
  1. やりたいことを
  2. できるなこと
  3. 求められること
を、どの順番で考えますか?
 
ということだったのですが、冒頭であんなことを書いたからわかりますよね?

そうです、最初に考えるべきことは
やろうとしていることが他人に求められることかどうかということです。


考えてみれがわかりますよね~
どんなにいいもの、素晴らしいものでも、それを必要とする人がいなければ買ってもらえるわけがない。稼げるわけがないのです。

だからまずは、有償無償かかわらず、他人に求められていることをやる。
すると、どんなことが他人の役に立つことなのかがわかってくるし、できること、やりたいことが増えてくる。
そして、そのことが好きになってくる。

ということでした。

確かにそのとおりですよね~


昨夜も言われましたが、
 
趣味ならやりたいことをすればいい。
 
でも、お金を稼ぐのが目的ならば、
 
常に目の前にいる人をお客さんと考えて
 
自分はこの人のためになにができるのか? を考えて行動する。

ということです。


私も仕事で依頼された資料を作るときには、
 
あの人は、この資料で何をしたいのだろう? どんな結果を必要としているのだろう?

とは考えていましたが、それ以外のときには

目の前の人のためになにができるか?

なんてことは考えたことはありませんでした。
だから私は稼げるようになれていないんでしょうね(>_<)


もしあなたも稼げる人になりたいのなら

今、目の前の人にいる人はなにを必要としているのか?
その人のために自分はなにができるか?

を考えて行動してみましょう!

私もさっそく始めます。

だって、お金を稼ぎたいもの(^^)

151002_札束
(こんなことを経験してみたい!(;^_^A)




最後までお読みいただき、ありがとうございました!

最後にもう1つお願いがあります。

人気ブログランキングに参加しています。あなたの1票がランキングに反映されますので、よろしければクリックをお願いします。
   ブログランキング・にほんブログ村へ

feedlyへの登録はこちらから↓
follow us in feedly








「手帳・手帳術交流会」に参加しました


image

本日開催された「手帳・手帳術交流会」に参加してきました。

手帳好きの私としては、こういう交流会の案内がきたら参加しないわけにはいきませんからね(;^_^A


参会者は20人ほどだったのですが、

3つのテーブルに分かれて、

テーブルごとに自己紹介と手帳の使い方を紹介する。


1時間ぐらい経ったところで、席替えをして、違うメンバーで同じことをする

という流れだったのですが、

普段、他人の手帳を覗き見することはあっても、

じっくり見たり,使い方まで聴くことはないですよね??


手帳の使い方については、私も小さな部分ではチョコチョコと、

ときどき大きな変更も加えたりしながら試行錯誤し続けているので

こんなやり方があるのか!

と思うことも多く、非常に参考になりました^^

(具体的には、機会があればまた紹介しますm(__)m)


それだけではなく、

久しぶりに会う人や、始めてお会いする人もいたけれど、

そこは手帳好き同士、話も弾んで楽しい時間を過ごすことができました\(^o^)/


帰り道では手帳選びのポイントも聴けたので

10月下旬に予定している、手帳術の勉強会でのネタ集めもできたし、

やっぱり、行ってよかった^^


そろそろ2016年用の手帳も出始めるし、

このブログでも手帳ネタは人気があるカテゴリーなので、

少し頻度を上げて書いていこうと思っていますので、

これからをお楽しみに!!




最後までお読みいただき、ありがとうございました!

最後にもう1つお願いがあります。

人気ブログランキングに参加しています。あなたの1票がランキングに反映されますので、よろしければクリックをお願いします。
   にほんブログ村 その他生活ブログ 手帳へ
feedlyへの登録はこちらから↓
follow us in feedly









 

できる人の朝は早い


150416_朝


今日は朝から、プロコーチの指導のもと、

「『行動を促す自信の構築』に焦点を当てた勉強会」

に参加してきました。


勉強会といっても、ただ話を聴くではなく、

「カードワーク」をやったり、

自分で「ライフチャート」を書いたりと、

インプットよりアウトプットの方が多い勉強会でした。


でも、頭を使って考えるというよりは、

ゲーム感覚で楽しく、それなのに自分の現状を可視化できるというもので

あっという間の2時間半でした。(2時間の予定でしたが、30分延びました)




ところで、今日の勉強会の開始時刻は、朝8時でした。

これまで私が参加していた勉強会は、

平日開催の場合は始業前に終わらなければならないので、

朝7時から8時間・9時ごろまでというのも多いのですが、

休日開催の勉強会は9時開始が多かったんですけどね。



今日の勉強会も5月末から参加しているコミュニティーの主催で行われたのですが、

ここにいる人たちは朝が早いのです!


7月半ばの日曜日にも座談会があったのですが、その時も朝7時スタートでした。

6時半開始にできないか? という人がいたのですが、

座談会で使える店(その時はスターバックス)のオープンが7時からだからという理由で、7時になったのですが、もっと早くから開いていれば、6時半と言わず、6時からスタートともありえるかもしれません。

というより、平日開催のオンライン・ディスカッションは朝6時15分スタートですからね(;^_^A



なせこんなに早いのでしょう??

それは、やりたいことがたくさんあるから。


新しい予定が入ってきたときは、普通は夕方とか夜といって、後ろに追加するのですが、

ここの人たちは、他の予定の前に入れるようです。

そうすることで、他の予定を乱さないようにしているのではないかと思いました。



今日の勉強会のように、ワークが多いと、夜疲れた頭では働きませんからね。


それに、朝のうちに済ませてしまえば、そのあとの1日も有意義に使えるし、

見かけの上では、1日が長くなったような感覚にもなると思うのです。


だから、結果を出すこともできるのでしょう。



ということで、やりたいこと,やるべきことが増えてきたときには、

「残業」ではなく「早業」しようと思った技術屋でした^^




【関連記事】

習慣化は手段であって目的ではない

『小川晋平&中井信之&俣野成敏「一流の人はなぜそこまで、『習慣』と『見た目』にこだわるのか?」一流シリーズ出版記念パーティー』に参加しました!




最後までお読みいただき、ありがとうございました!

最後にもう1つお願いがあります。

人気ブログランキングに参加しています。あなたの1票がランキングに反映されますので、よろしければクリックをお願いします。
   ブログランキング・にほんブログ村へ

feedlyへの登録はこちらから↓
follow us in feedly



自分にあった手帳の選び方・使い方



ずいぶんと長い間、手帳の話題は書いていなかったようなので、久しぶりに……


今日のタイトルは

自分にあった手帳の選び方・使い方

としてみましたが、こんなタイトルの記事があったら読みたいですか??

勉強会や講演会があったら、聴きたいですか??


というのは、おととい参加した勉強家のあとの懇親会で、

講師をやらないか

と言われたのですが、

話をするネタがないし……

と答えたら、

手帳の話はどう??

と言われたので、少し考えて、思いついたのが、今日のタイトルなのです。


ということで、この記事に、その内容を書いているわけではないです。

まぎらわしいタイトルですみませんm(_ _)m



でも、これで終わらせるのは申し訳ないので、手帳選びのコツだけ簡単に書きますが、

それは、

手帳に何を書きたいのか??

によるんですよね。


予定、それも、会議や打ち合わせなど、他人とのアポさえ書ければいいのであれば、

大きな手帳はいらないし、薄いマンスリーページだけの手帳で十分でしょう。


予定だけではなく、毎日食べたものや行ったところの写真を貼りたい。

日記帳やライフログとしてまとめたい。

というのであれば、大判のデイリータイプがいいかもしれません。

でも、デイリータイプは厚いし重いし、携帯には不便だから、机に置きっぱなしになるのかもしれませんが。



ちなみに私は、その中間の使い方をしています。

使っている手帳は、日本能率協会マネジメントセンターから発売されている『NOLTY リスティ2』で、こんな感じで書きこんでいます↓

150802_手帳


左ページはスケジュールで、

青字は会議や打ち合わせなど、他人との約束

鉛筆で書いているのは、自分の作業予定。つまり自分との約束ですね。

下段の赤で書いたのは実績。

予定と見比べて、うまくいったのか、いかなかったのか。

うまくいかなかったのなら、なにが悪かったのか、

などを振り返るために記録しています。


右ページはメモページですが、縦に1本線を引いて2つに分けて、

右側にはタスクを、左側にはその日の振り返りを書いています。


ピンクでマーキングされているのは終わったタスクです。

左側のその日の振り返りは以下の4項目を書くことにしています。
  1. 今日会った人と話したことと、その時の自分の感情(楽しかったのか、頭にきたのか、など)
  2. 明日をよくするための今日の改善活動(毎日となると難しいので、週次に変更しようかと計画中ですが)
  3. 気付き・教訓
  4. 宣言(明日、なにを・どうするか)

実はもう1冊使っていて、そちらのメモページにはその日のできごとで”よかった”ことを

スケジュールページも予定は書かずメモ代わりに、夢や希望・願望(完全にエゴ)を10個書いています。

(が、こちらの手帳に書いたことは、完全にプライベートなことなので、披露できないですm(__)m)




かなり脱線してしまいましたが(;^_^A

こんな感じの話をします

と言ったら聴きに来てくれる人はいますかね??


やるかやらないかは別として、スライドくらいは作っちゃおうかなぁ^^



他に、こんなことが知りたい,聞いてみたい、ということがあれば、お気軽にコメントください!



【関連記事】

【勉強会参加報告】 【八丁堀・まなび塾】 7月 「聞く技術・書く技術」に参加しました

リスティ2のご紹介

なぜアナログ手帳を使うのか




私が使っているのはこれ↓ 
バーティカルタイプのリスティ1もあります 
日記や目標を書いているの手帳はこれ
ピンクバージョンもあります




最後までお読みいただき、ありがとうございました!
最後にもう1つお願いがあります。
人気ブログランキングに参加しています。あなたの1票がランキングに反映されますので、よろしければクリックをお願いします。
   にほんブログ村 その他生活ブログ 手帳へ
feedlyへの登録はこちらから↓
follow us in feedly


【勉強会】『【本を活かせる自分になる】エモーショナルリーディングのすすめ!』に参加しました


image


昨日開催された『【本を活かせる自分になる】エモーショナルリーディングのすすめ!』という講演会&ワークショップに参加しました。


先に感想を書いちゃいますが、

すーーごく楽しかった\(^o^)/

文章術の本を読むと
楽しかった,うれしかった,悲しかった……
などの感情は直接文字にするのではなく、それが伝わるような表現をしなさい
みたいなことが書かれていますが、そんな廻りくどいことはしたくないので、直球勝負です(笑)



さて、まずはセミナーの概要から紹介しますね。

講師は矢島雅弘さん

矢島さんは「新刊ラジオ」というPodcast番組のパーソナリティで、これまでに2000冊以上の本を紹介するとともに、そのノウハウを『一冊からもっと学べる エモーショナル・リーディングのすすめ』という本にまとめて出版された著者さんでもあります。

この本は以前、私のブログでも紹介していますので、よろしければ読んでみてください
ビジネス書は楽しい【本の紹介】矢島雅弘(著)『一冊からもっと学べる エモーショナル・リーディングのすすめ』



セミナーの内容は、大きく2つあって、
1つは、「エモーショナル・リーディング」とはなにか?どうやってやるのか?についての講演
もう1つは、参加者が実際に「エモーショナル・リーディング」をやって、インプロ的に表現しよう!
というものでした。

前述したとおり、私は矢島さんの著書は読んでいたので、エモーショナル・リーディングについてはわかっていると思っていたのですが、直接ご本人から話を聴くとまだまだ理解できていなかったんだな~ と思うこともたくさんありました。


ワークショップは、矢島さんが配布された本(の一部)を読んで、エモーションメモを書き込み、みんなで発表し合う、というのもでしたが、

やっぱりそこはそう思うよね~

と共感する部分もあれば、

えっ!? そこでそんなことを思ったんですか? 

ということもあり、同じ文章を読んでも感じることは人それぞれ違うんだな~ とあらためて思いました。


で、楽しかったのは、このワークショップの方。

上にも書いたとおり、このワークショップはただ単に自分が感じた部分や感じたことを発表するのではなく、
インプロ的に表現しよう!
ですから、感情を込めて話をしなければいけなかったのです。

でも、私もそうですが、感情豊かに表現するって、恥ずかしいじゃないですか~
つっこみたい部分があっても、お笑い芸人のように
なんでやねん!
とは、なかなか言えません(;^_^A


ところが、役者の勉強もされ、ラジオドラマにも出演されてる矢島さんですから、
なるほど! とか
へぇー、そうなんですね~ とか、私も書きこんでいたようなことも、感情豊かに表現されたので、それを聴いているだけでも楽しかったですね~

私だけでなく、全員がニコニコしながら参加していました^^


私は相変わらず読書は続けているけれど、あまりエモーショナル・リーディングにはなっていなかったような気がするので、目の前に著者さんがいて対話するような気持ちで読書をするようにしようと思ったのでした。



終始笑顔の講演&ワークショップは予定の2時間をちょっと過ぎた17時過ぎに終わったのですが、そのあとは読書とはまったく関係なく

本を20キロのコンクリートブロックだと思って運んで人に渡す とか
わたし・あなたゲーム とか

30分ほどインプロビゼーションのワークまでやっていただきましたが、これも楽しかった~

ということで、
次回はインプロの講演&ワークショップをしましょう!
という話になったようなので、興味がある人はアンテナを張っていてくださいね~


矢島 雅弘さん
楽しい講演をありがとうございました!
&次回のインプロも楽しみにしています!




【関連記事】

ビジネス書は楽しい【本の紹介】矢島雅弘(著)『一冊からもっと学べる エモーショナル・リーディングのすすめ』

私が書いた記事をを著者さまのブログで紹介していただきました\(^o^)/

やってみたいと思ったときが絶好のはじめどき




【関連書籍】




最後までお読みいただき、ありがとうございました!
最後にもう1つお願いがあります。
人気ブログランキングに参加しています。あなたの1票がランキングに反映されますので、よろしければクリックをお願いします。
   にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

feedlyへの登録はこちらから↓
follow us in feedly



昨夜開催された『八丁堀・まなび塾』に参加しました


150123_朝ごはん


昨夜開催された『八丁堀・まなび塾』に参加しました。

この会に参加したのは、いつ以来だろう?? と思ってGoogleカレンダーを検索したら、前回参加したのは、おそらく2013年8月の回。ということは約1年半ぶりのですね。
毎月開催されているのに、こんなに間が空いていたとは……(;^_^A
今年はもう少し頻繁に参加しよう! と思います。



ここで簡単に「八丁堀・学び塾」についてご紹介しておきますね。

「八丁堀・学び塾」とは
月1回開催している勉強会のコミュニティです。
2009年4月に第1回を開催し、5年以上継続して活動しています。

スタート時のコンセプトは、
「参加者がお互いの得意分野をシェアしよう!」
というものです。

コンセプトはいまも変わりません。
1回以上参加してくれた方の中から、
立候補、あるいは主催者から依頼をする形で講師役をお願いしています。

テーマはその方の得意とすること。
仕事や趣味、社外活動やセミナーなど学んだ気づきな、といったさまざまな話題について講演していただきます。
(Facebookグループの基本情報より抜粋)
ということで、この会は誰か講師に来てもらって話を聴くという会ではなく、勉強会や講演会には参加しても、普段は聴く側にいる一般の人が講師を務めるというものです。



1月のテーマ:朝ごはんのすすめ
ということで、今月は「朝ごはんのすすめ」というテーマで毛塚由紀子さんがお話をされましたが、彼女にとって面識がない人の前で話をするのは初めてのことだったそうです。


では、勉強会で学んだことを簡単に紹介します。

今回は3つのことを柱にお話をされました。その3つとは
・おもてなし(自分へ)
・ベストコンディション
・戦闘モード

と書かれても、なんのこっちゃ?? ですよね。これまた簡単にご紹介しましょう!


おもてなし(自分へ)
というのは、たとえスーパーやコンビニで買ってきたパンや惣菜であっても、そのまま食べるのではなく、きちんと皿に盛替えてから食べるということ。
そして、パンのときには、下に紙を敷くだけで普段使っているお皿でも別のものに感じられるということでした。

また、食材をお皿に並べるときにもお皿にフレームをつけて、ここはフルーツやヨーグルト,こっちはおかず,ここはご飯・パンと置き場所を決めて配置しているということでした。


こうした、ほんのちょっと手を加えることを「自分へのおもてなし」と言われたのです。

そして、こうやって自分におもてなしをするようになったら、自然とまわりに対しても小さな気づかいができるようになり人間関係が円滑になってきたそうです。

今思ったのですが、自分におもてなしができるよいうことは、気持ちに余裕があるということなんでしょう。だからまわりに対してもカリカリ・イライラすることが減って人間関係が円滑になったんじゃないかな??

やっぱり、余裕って大切なんですね。

 
ベストコンディション
これはですね~ 朝目が覚めたときに
・気分は??
・どこか痛む??
・調子は??
・お腹すいてる??
とお伺いを立てることで、自分の今の状態を早めにキャッチすることができるようになり、体調を崩しそうなときでも早めに対応できることで、コンディションを維持しやすくなるということでした。

 
戦闘モード
数年前までは遅刻常習犯だったという彼女ですが、しっかり朝ごはんを食べるようになってからは遅刻がなくなったそうです。
まぁ、そりゃーそうですよね。ゆっくり朝ご飯を食べてたから遅刻しました、と言われたら、それってどうなのよ??と思ってしまうようなことですからね(笑)

この「戦闘モード」というのは、企業内で他の従業員のサポートをしているという彼女の仕事にも関係するのかもしれませんが、
遅刻ギリギリで出社して、コンビニで買った朝ごはんをほお張っているときに相談に来られても、すぐに仕事モード(戦闘モード)に切り替えるというのは難しいですよね??

だから、仕事を開始するときまでには、食事も済ませて、人がくるのを戦闘モードに入って待つということだと思いました。

おもてなしのところに書いたのは”気持ちの”余裕ですがここでは”時間の”余裕が必要ということですね^^



感想
私も平日は朝4時過ぎに起きる超朝型人間ですが、朝ごはんは妻が前の晩に作っておいてくれたおにぎりを持って行って会社の自席で食べることがほとんどです。

このお話を聴いたからといって、家でゆっくり朝ごはんを食べてから出勤しようとは思わないのですが(出勤時間を変えるつもりはないので、それをやろうとすると何時に起きればいいのやら??なので)、でも、朝起きたときに自分にお伺いを立てたり、体が必要としているものを食べたいと思えるような体と精神状態のバランスをキープしたり、自分ですぐにできることから取り入れていきたいと思います。


毛塚由紀子さん、楽しいお話をありがとうございました!!
毎朝の写真アップも楽しみにしていますので、今後ともよろしくお願いいたしますm(_ _)m


【昨日紹介された参考書籍】


この本、書店に行くと平積みにされたり、気にはなっているんだけど、「痩せる必要はないしな~」と思っているから読んでないんだけど、やっぱり読んだ方がいいのかな?? (読んでないなんて書くと各所から怒られるかな??(;^_^A)





最後までお読みいただき、ありがとうございました!

最後にもう1つお願いがあります。
人気ブログランキングに参加しています。あなたの1票がランキングに反映されますので、よろしければクリックをお願いします。
   ブログランキング・にほんブログ村へ

feedlyへの登録はこちらから↓
follow us in feedly



 

「仕事の教科書ゼミナールVOL.02 ビジネスパーソンのための『会話術』超豪華セミナー」に参加しました



昨日、学研パブリッシング様主催で開催された「仕事の教科書ゼミナールVOL.02 ビジネスパーソンのための『会話術』超豪華セミナー」に参加してきました。

「仕事の教科書ゼミナール」のセミナーは3月に開催された「整理術」に引き続き2回連続の参加だったのですが、冒頭写真にプログラムを載せたとおり、今回の講師陣も超豪華でした。(第1回に参加したときも旧ブログに書いていますので、よろしければ読んでみてください ⇒ 『ビジネスパーソンのための「整理術」超豪華セミナー』に参加してきました



前回同様に、おなか一杯になりすぎた感がありますが、3名の講師の方からうかがった話を少しずつシェアしますね。

トップバッターは美崎栄一郎さん


「美崎栄一郎のプレゼン上達術」という演題で話されたのですが、ここでのポイントは
  • 誰が聴くのか? 聴き手の中で重要な人物は誰なのか?を意識してその人に合わせた資料を作る
  • 評価のポイントは何なのか?を押さえて、高得点がとれるような資料を作る
ということだったと思います。


実は、昨日は家を出たあとで本を持ってくるのを忘れたことに気付いたのですが、
まぁ、考えごとをしてメモ書きすればいいや!
と思って、いろいろ考えたことをメモに残していたのですが、その中に

「なんのため? 誰のため?」

という言葉があったのです!
シンクロしてしまいました(笑)


 
本題に戻って・・・

それから、美崎さんが言うには、
いつも聞き手が聴きたいと思っているわけではない。
そんな人を聴く気にさせるためには、導入部からのスライドの導線を考えて作る
ということでしたが、確かに、美崎さんのプレゼンを聴いていても

うんうん、なるほど、それで……

ときれいにつながっていて、まったく違和感なく聴くことができました。
というより、聴いてしまいました、といった方が正しいかもしれませんね。


私もプレゼン資料を作る際には、導入部から本題まで、綺麗に流れるようなスライド構成を考えたいと思います。



せっかくなので著書の紹介も……

美崎さんの最新刊はこちら↓


もう、来年の手帳も出ているのですね。
美崎さん手帳は10月から翌々年の3月まで、18か月間使えるので便利ですよ^^






美崎さんのお話のあと、コクヨS&T様のプレゼンツールのご紹介と実機での体験会があったのですが、コクヨさんがレーザーポインターなどを出されているとは知りませんでした(;^_^A
興味がある方はコクヨS&T様のホームページを確認してみてください。 たくさん載ってますよ。 





続いては、大島さくら子先生による「ビジネスパーソンのための英語上達法」 


レッスン形式での講演だったのですが、
英語が上達する上での天敵は「恥ずかしいと思う気持ち」だとおっしゃいました。

私も以前、2年間の海外勤務を経験していますが、その最初の3か月くらいはまったく話せませんでした。
話せないというより、話したくなかった、というのが正しいですね。
その理由も「恥ずかしい」と思ったからだったので、大島先生のお話は自分の体験として聴くことができました。


他にも、学校で習ったままの英語表現だと、ネイティブスピーカーにはキツイ言い方になってしまうけど、1つか2つの単語を足すだけで柔らかくなる、ということを具体的はフレーズを挙げて紹介していただきました。

これも、知っていれば使えるんだけど…という感じですね。(知らなきゃ使えないのは当たり前ですが)


それから英語の勉強方法ですが、
インプットありき!
インプットがなければ、アウトプットはできないので、ということでしたが、おっしゃる通りですよね。

それに、勉強を続けていると必ず停滞期が訪れるということ。
でも、そこでくじけずに続けるとまた上昇期がくるそうです。
なにごともあきらめずにやり続けるのが大事ということですね。


最後に、これは最初に書いた天敵にも関連すると思うのですが、
英語に限ったことではありませんが、言葉は伝えるための道具である
ということ。

英語を勉強する目的が、テストで高得点を取ることでなければ,コミュニケーションツールとしての英語がつかえればいいのであれば、間違ってはいけないと思い過ぎないことですね。


私の旧ブログにも書いていますが、外国人に

ワタシ ニホンゴ アリマセーン

と言われても、その人が何と言いたいのか、わかりますよね(笑)

それと同じなのです!恥ずかしがらずに、バンバン話しましょう!!
(という私も、このセミナーのときに英語は小声でしか言っていませんでしたが(;^_^A)



大島先生の著書も紹介しておきますね。

短期間で上達したい,しなければならない、という方にはこちらを


もう1冊この『日本人に共通するビジネス英語のミス』は、知っていると他の日本人からは
へぇ~
と思われることが書かれていると思います。
もちろん、外国人からは、こいつは英語がわかってるなと思われるんじゃないかな。
私は英語を使うことはまったくと言っていいほどないけど、知っているだけで楽しめそうなので勉強してみようかな? 






最後は河野栄太郎さん


「99%の人がしていない たった1%のコミュニケーションのコツ」についてお話いただきました。


マネージャーとリーダーの違いや
他人(特に部下や後輩)をやる気にさせるにはどうすれはいいか?
リーダシップはリーダーだけに求められているものではなく、全員に必要だということ,
リーダーシップを持った人が多い組織が強いから、そんな人を育てなければならないこと,
どうすれば育てることができるのか
など、たくさんのことを教えていただきました。


そして最後に、良好なコミュニケーションをとるうえでの最優先事項
自分自身の状態を最善に保つこと
とのことでした。


そうですよね。
上の写真のような、仕事を抱え込んでまったく暇がないような人や、ブスッとした人とコミュニケーションをとろうなんて思いませんものね。



私が大好きな著書の一人である斎藤一人さんの著書『』にもこんなことが書かれています。
いつまでもブスッとしながらね、地獄言葉をまき散らしてるってことは、人に迷惑をかけてんだよ。
そうなんです、ブスッとしたままネガティブな言葉ばかり使っているだけで、まわりのひとに迷惑をかけているんです。

ほとんどに人は子供のときから「他人に迷惑をかけてはいけない」と言われ続けてきたと思います。
迷惑をかけないように、いつも上機嫌(一人さん風だと「上気元」)でいるように心がけましょう!



河野さんの著書も紹介しますね。2冊ともベストセラーなので読まれた方も多いのではないでしょうか。





今回のセミナーのきっかけとなった、こちらのムック本もよろしくお願いします!




最後に斎藤一人さんの本も



いやぁー、ホントに内容盛りだくさんでおなか一杯になりました。
もっともたくさんのいいお話を聴かせていただいたのですが、それをお伝えしようとするとかなりの長文になってしまうので、大部分を端折らせていただきましたm(__)m

楽しそう,面白うそうだな、と思った方は、ぜひ次の機会には参加してみてください!
間違いなく満足できますよ^^



最後に、すぐに役立つお話をしていただいた講師のみなさま、そして、このような豪華なセミナーを企画していただいた学研パブリッシング様、どうもありがとうございました。

次回があれば、また参加したいと思いますので、その時もよろしくお願いいたしますm(__)m





プロフィール
Twitter やってます
Facebookページ
記事検索 by Google
楽天カードでポイント生活はじめよう!
アクセスカウンター

    メッセージ

    直接のご連絡はこちらからどうぞ

    名前
    メール
    本文
    feedlyへの登録はこちらから!
    follow us in feedly
    ブログランキングに参加しています
    にほんブログ村 その他生活ブログ 手帳へ
    にほんブログ村
    かずの本棚(メディアマーカー)