技術屋かずのつれづれ日記

自分が体験したことで、ほかの人にもお勧めしたいことを書いていきます

ブログを通じて、仕事もプライベートも楽しく過ごす方法を探して多くの人と共有したいと思っています。
そのために、私が思ったことや感じたこと,得た情報などから「心が豊かになること」「社会に役に立つこと」を発信します。

旧ブログ「技術屋かずの徒然日記」 http://d.hatena.ne.jp/tkazu0408/ から引っ越してきました。
Twitterやってます。フォローしてもらえたら嬉しいです! https://twitter.com/t_kazu0408
Facebookページも作りました。「いいね!」してもらえたら、飛び上って喜びます! https://www.facebook.com/t.kazu0408

2015年10月10日 ここから再び「はてなブログ」に引っ越しました。
引っ越し先は”はてなブログ”でブログのタイトルは「日々是好日」
URLは http://kazu-eng.hateblo.jp/ です。
よろしければ、こちらものぞいてみてくださいm(__)m

好き

人は感情の生き物 ~ 好きな人はもっと好きに、嫌いな人はますます嫌いになる ~


150630_喜怒哀楽

ものすごく仕事はできるのだけれど、自分ができるからなのか、部下やまわりの人に対しても非常に厳しい女性上司がいる。
 
その人のせいで(おそらく精神的に追い込まれて)休職した人が何人もいるのだけれど、どうすればいいのか?

ある人から、こんな相談をされました。


「8対2の法則」や「6対4対6の法則」を出すまでもなく、人間関係において

好きな人がいれば嫌いな人もいる

というのは、ある意味仕方がないことですが、休職するまで追い込んでしまうとなると問題ですよね。


どうすればいいのか?

と問われても、アドバイスできることはないのですが……。


いちばん早く解決する方法は、その女性上司が自分で気づいて改めることなのはわかりきっていることですが、そうではない場合、どうすればいいのでしょう?
関わる側の人間としてできることはあるのでしょうか?



「人は鏡」と言われるから、

こちらが苦手だな~ と思いながら接すると、きっとその感情は相手にも伝わって、相手に同じような扱いをされてしまうのでしょう。

それが上司だったら、厳しいことを言われて、ますます苦手意識が強くなる。

そして、「またダメ出しされるんじゃないか」とビクビクしながら話をするから、そのとおりのことが起きてしまう。


悪循環ですよねぇ……。



じゃぁ、どうすればいいのか?

相手の良いところを見つけて、そこを見るようにする

とは、いろんな本にも書かれていることですが、正直、私にはできません(;^_^A

だって、苦手な人は苦手だし、嫌いな人は嫌い。そんなにすぐに好きには変われません。



と、こんなことを書いても、なんの解決にもなりませんね(;^_^A


「できない」と思っていると、やればできることでもできなくなってしまうので、
 
なんとかしようという気持ちを持ちを持つことかな?


その時に

上司とは仕事上の関係であって、24時間365日ずっといっしょにいるわけではない

と割り切って付き合うことが必要です。


ちょっと計算してみましょう(さすが技術屋(;^_^A) 

1日は24時間で、1年は365日だから……

24 x 365 = 8,760 時間


1日8時間、月に20日働くとすると、1年では240日ですね。(ゴールデンウィークや夏休み,正月休みがあるので、実際にはもう少し少ないはずですが……)

ということは、仕事に掛ける時間は

8 x 240 = 1,920 時間


∴ 仕事に割り当てられた時間の比率は

1,920 ÷ 8,760 = 0.219 ≒ 22%


実際には残業もあるでしょうから、もう少し多いかもしれませんが、それでも、自分の時間の4分の1しか仕事には使っていないのです。

上司と顔を合わせる時間は、さらに少ないはずですよね。
それに一生付き合うわけではないし、上司か自分かが移動になるかもしれないし。

そう考えると、人生の中で馬の合わない上司といっしょにいる時間なんて、ほんの数パーセントです。


自分時間のたった数パーセントの時間のために、それ以外のこともすべてダメにしてしまう

なんてもったいないと思いませんか?



今日のタイトルに

好きな人はもっと好きに、嫌いな人はますます嫌いになる

とは書きましたが、小さな部分,嫌な部分だけではなく、もっと全体を見ると、

たったこれだけのことなんだから、なんとかしよう 

とも思えるんじゃないかな??
(と、自分にも言い聞かせている技術屋です(;^_^A)


自己防衛できるとしたら、これくらい。
あとは、上司よりもっと上の人間に何とかしてもらうしかないですね……。

 
わたしも2度と折れたくないので、気をつけなきゃ!!


【参考書籍】
ここで相談された女性上司のようだったけど、自分で気付いて改善し、今では部下とのコミュニケーションのセミナーや出版もされている人の書籍です。
これをその女性上司に読ませることができればいいけど、それも難しいですよねぇ……




最後までお読みいただき、ありがとうございました!
最後にもう1つお願いがあります。
人気ブログランキングに参加しています。あなたの1票がランキングに反映されますので、よろしければクリックをお願いします。
   にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
feedlyへの登録はこちらから↓
follow us in feedly



もしも私が人前で話をするとしたら… ~得意分野の見つけ方~


150102_セミナー

先日は参加者同士が講師になって自分の得意分野について話をするというコンセプトで開催されている「八丁堀・学び塾」に参加したことを紹介しましたが、
もし私が話をするとしたら、何について話すのだろう??
と思ったので少し考えてみました。

でも、私が人に話をできるほど得意なことって思いつかないんですよねぇ......。

どうしても、となると、「早起き」かな??
もう10年以上になると思うけど、平日は毎日4時半には起きていますからね。


誰だって1つや2つは他人より得意なことを持っているとは思っています。
でも得意なことって、自分にとっては当たり前のこと,何も考えなくても自然にできてしまうことだから、人と比べたり、よくよく考えたりしないと気づかないんですよね。


もう1年以上前になりますが、池田千恵さんに自分の強みや弱みを見つける方法,自分の棚卸をする方法についてコンサルティングしてもらったときにやったのが、自分が「好き」「得意」「勝てる」ことをあぶり出す”ストカ分析”でしたが、またひとりでやってみようかな??(コンサルしてもらったとの記事はこちら=>池田千恵さんに個別コンサルティングしていただきました


というのも先日読んだ『21世紀を生き抜く3+1の力』という本に「自分の目指したいもの」を見つけるためにやることとして、自分の「好き」×「得意」×「やりたいこと」 を書き出す方法が紹介されていたし、別の本(どの本だったのか思い出せません)では、 「好き」×「得意」×「他人の役にたつこと」と書かれていたからです。

気付いた人も多いと思いますが「好き」「得意」なことは、この3つともに入っているんですよね。


私は自分の強みを見つけたいという気持ちと同時に、これからどういう方向に進んでいけばいいのだろう? ということも考えたいと思っています。
そのためにも、「好き」「得意」なことだけでも書き出しておけば、3つ目を「勝てること」「やりたいこと」「他人の役にたつこと」と変えていけば、いろんな自分を発見できそうですから。

それに、この作業をするためにゆっくり時間を取らなくても、思いついたときにメモ書きしておくこともできますからね。


自分を知るという意味でも、自分自身の棚卸は必要だと思います。
自分が好きで得意なことは何なのか?? みなさんも書き出してみてはいかがでしょうか。



池田千恵さんと言えば、朝活の女王。朝活と言えばこれでしょう。

こちらもいっしょにいかかがですか??

ところで、得意なことはやっぱり好きなことの中にあるのかな?
学校の勉強では好きではないけど点数は良かった科目もあったけど……
と思ってしまった技術屋でした(ボソッ) 



【2015年1月29日追記】
別の本が何だったのかわかりました!
こちらです↓

こんな説明も載っています^^
2015-01-28-12-56-32





最後までお読みいただき、ありがとうございました!
最後にもう1つお願いがあります。
人気ブログランキングに参加しています。あなたの1票がランキングに反映されますので、よろしければクリックをお願いします。
   にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

feedlyへの登録はこちらから↓
follow us in feedly



プロフィール

かず

本業は快適空間創造家

1966年生まれ。
1992年、九州の某国立大学大学院修士課程修了後、大手建設会社に入社。
1996年から1998年の2年間イギリスの現地法人に出向。

入社以来オフィスビルやマンションの設計を行ってきたが、最近では大型ショッピングセンターなど主に商業施設関連の設備設計業務に携わっている。

8年ほど前、仕事のプレッシャーから軽度のうつ状態におちいるが、それを契機に完璧主義から脱却。今では、当時よりもプレッシャーがかかる状況であっても楽しく仕事をしている。

自分の経験を生かし、プレッシャーの中でも楽しく仕事をする方法を伝えるとともに、ココロが折れそうになっている人を少しでも支えていきたい。

今は仕事のストレスはほとんど感じていないが、あえて言うならストレス発散方法は週末のウォーキングと、通勤時間中の読書。電車内で本を読むことで、ONとOFF、仕事モードと家庭モードを切り替えている。

45歳にして勉強会デビュー。仕事関係以外の人との交流の楽しさを知る。


【取得資格】
一級建築士、建築設備士、設備設計一級建築士、CASBEE評価委員、珠算検定試験1級(笑)

【メディア掲載履歴】
Podcast 「美崎栄一郎の仕事の楽しさ研究所」第20回出演
日経ビジネスアソシエ:2011年11月号 手帳術
           2012年 7月号 ノート術
           2013年 7月号 ノートの極意
学研パブリッシング :仕事の教科書VOL.1 伸びる!ノート術
           仕事の教科書VOL.2 仕事が速い人の時間術
           仕事の教科書VOL.3 結果を出す人の手帳術

Twitter やってます
Facebookページ
記事検索 by Google
楽天カードでポイント生活はじめよう!
アクセスカウンター

    メッセージ

    直接のご連絡はこちらからどうぞ

    名前
    メール
    本文
    feedlyへの登録はこちらから!
    follow us in feedly
    ブログランキングに参加しています
    にほんブログ村 その他生活ブログ 手帳へ
    にほんブログ村
    かずの本棚(メディアマーカー)