技術屋かずのつれづれ日記

自分が体験したことで、ほかの人にもお勧めしたいことを書いていきます

ブログを通じて、仕事もプライベートも楽しく過ごす方法を探して多くの人と共有したいと思っています。
そのために、私が思ったことや感じたこと,得た情報などから「心が豊かになること」「社会に役に立つこと」を発信します。

旧ブログ「技術屋かずの徒然日記」 http://d.hatena.ne.jp/tkazu0408/ から引っ越してきました。
Twitterやってます。フォローしてもらえたら嬉しいです! https://twitter.com/t_kazu0408
Facebookページも作りました。「いいね!」してもらえたら、飛び上って喜びます! https://www.facebook.com/t.kazu0408

2015年10月10日 ここから再び「はてなブログ」に引っ越しました。
引っ越し先は”はてなブログ”でブログのタイトルは「日々是好日」
URLは http://kazu-eng.hateblo.jp/ です。
よろしければ、こちらものぞいてみてくださいm(__)m

嫌われる勇気

思ってることや言いたいことが言えないわけ


d903b400.jpg

みなさんは、相手が誰だろうと自分が思っていることを素直に口に出せますか?

私は自分が思っていることや言いたいことが言えないときが多々あります。
ただ言えないだけではなく、ときには思っていることと逆のことを言ってしまったり、してしまうこともあります。


なぜ言えないのか? それは、
そんなことを言ったら相手が傷つくんじゃないか? 悲しむんじゃないか? 怒るんじゃないか?
など、相手がどう感じるか,そんな気持ちにさせたくない、思っていたのですが、もっとよく考えると、それは

相手から、この人は人を傷つけたり、悲しませたり、怒らせたりする人なんだ、と思われたくない,嫌われたくない、という気持ちがあるからなんですよね。

相手のことを思っているフリをしているけど、実は自分がかわいいだけなのです。



それでも、そんな私の態度や行動を優しいと言ってくれる人もいます。

でも、そんな優しさ(と思っていること)は、逆に相手を傷つけてるかもしれないし、余計に悲しませているのかもしれません。
それから、相手だけでなく、その他の人に中にも傷つく人がいるかもしれないのです。



最近書いた記事「やさしさとはなんだろう?」の中にも書きましたが

男は強くなければ生きていけない。優しくなけれは生きていく資格がない

し、強くなければ優しくなれないのかもしれません。


嫌なことには、NO! と言えること,嫌いなものには、サヨナラできることが、強さであり自分に対してのいちばんの優しさなんでしょうね。



他人のことを幸せにしたいのなら、まず自分が幸せになる。そして身近なところから広げていく、というシャンパンタワーの法則がありますが、優しさも同じですね。
「人に優しく自分に厳しく」というけれど、自分に厳しい人は他人にも厳しいんだよ
と、私が大好きな斎藤一人さんもおっしゃっていますが、そのとおりなのでしょう。

他人に優しくなれるためには、まず自分に優しくなる。
でも、そのために必要なのは NO! と言える強さなんですよね。



捨てるということは本当に大切な物を残すこと

すべてを残そうとしたばかりに本当に大切なものを失わないために、残さなくていいものにはNO! と言える強さを身に着けなければいけませんね。あとで後悔しないためにも……。



【関連記事】
やさしさとはなんだろう?
シャンパンタワーの法則



【参考書籍】




最後までお読みいただき、ありがとうございました!
最後にもう1つお願いがあります。
人気ブログランキングに参加しています。あなたの1票がランキングに反映されますので、よろしければクリックをお願いします。
   ブログランキング・にほんブログ村へ
feedlyへの登録はこちらから↓
follow us in feedly



『【天狼院特別イベント】岸見一郎氏☓和田裕美氏対談「嫌われる勇気」を持とう!「私は私」で人間関係はうまくいく!』に参加しました!

2014-09-23-18-53-09


昨日、9月23日に天狼院書店主催で開催された『【9/23天狼院特別イベント】岸見一郎氏☓和田裕美氏対談「嫌われる勇気」を持とう!「私は私」で人間関係はうまくいく!』に参加しました。


対談されたおふたりのことはご存知ですか?

まずは岸見一郎先生ですが、49万部のベストセラーになった『嫌われる勇気』の著者というとわかっていただける方も多いかもしれませんが、
哲学者で、1989年からアドラー心理学を研究。精力的にアドラー心理学や古代哲学の執筆・講演活動、そして精神科医院などで多くの“青年”のカウンセリングを行う。日本アドラー心理学会認定カウンセラー・顧問、というプロフィールの持ち主です。

和田裕美さんは、私も旧ブログでも何度もご紹介していますが、外資系教育会社でのフルコミッション営業時代、プレゼンしたお客様の98%から契約をもらい、日本でトップ、世界142カ国中2位の成績を収めた女性営業のカリスマにして先駆者。現在は執筆活動の他、営業・コミュニケーション・モチベーションアップのための講演、セミナーを国内外で展開し、多くの人の啓発活動を中心に活躍中の方です。


私はこれまでにも天狼院書店主催で開催されたイベントには何度か参加しているのですが、このイベントの募集が始まったのは、たしか9月4日の午前8時ごろ。
私も『嫌われる勇気』は読んで感銘を受けていたし、和田さんの話もぜひ聴きたいと思ったので、このイベントのことを知った瞬間に迷わず「参加」ボタンをポチりました。

ところが、それから12時間後の午後8時には満員御礼で募集〆切。本日の講演会の冒頭で店主の三浦さんがお話をされましたが、なんと、募集開始から7時間で満員になったとのこと。

「チャンスの神様は前髪しかないから、通り過ぎた後につかもうと思っても捕まえることはできない」と言いますが、石橋を叩いて叩き壊してしまうと言われるほど慎重な私ですが、今回はタイミングよくつかみとることができました^^




本来見るべきは第3面だけど…
さて、講演の内容ですが、有料のセミナーということもあり、参加者特権ということで多くは語れませんが、ちょっとだけ……

今回の対談では、座ると後ろの方の人の顔が見えないからということで、おふたりとも立ったままでお話をされました。そして、主に岸見先生がお話をされ、そこに和田さんがつっこむ(笑)という形式だったのですが、

岸見先生から「人が悩んだりカウンセリングに来るとき、本来は3面を見なければならないのに、2面しか見ていない」というお話がありました。

見ている2面というのは
  • かわいそうな私
  • 悪いあなた
最初は相手にそんなことをされるなんて、「私はかわいそう」、と思っていたのが、だんだんと、そんなことをする「相手が悪い」というふうに変わっていくとのことでした。
でも、本来は、見えていないもう1面を見る必要がある、とのことでしたが、そのもう1面とは……
ここは聴いた人の特権かな??m(_ _)m

第3面は、このあと紹介するエピソードに通じる部分もあるので、私も意識してその面を見るように心がけたいと思います!(とまで、書いておきながら紹介しない??)


ところで、この3面の話をするときに、和田さんが一生懸命に三角柱を作っていたのですが、そのときの姿がこれ↓(笑)
2014-09-23-14-14-50
これ↑は岸見先生の貴重な本のカバーで作ろうとしていた時ですが、なかなかうまくいかず…
聴講している人からノートを1枚もらって作り上げたのがこれ↓
2014-09-23-14-34-31
第3面が写ってる写真じゃなくてよかった~(笑)






自分がどう扱われるかは自分が決めている
それから旦那様に浮気疑惑を抱いていた奥さんの話をされました。

その旦那様は
「夜10時会社は出たのだけれど、車で帰る途中疲れてそのまま運転しては危ないと思ったから、路肩に車を止めて寝て、気がついたら朝だった。」
と言って帰ってきたとのこと。

さて、これが本当か嘘かは別として、奥さまはどのような態度を取ったと思いますか?
「そんなのウソでしょ!」
と言って怒ったと思いますか?
普通はウソだと思いますよね。私だって、こんなことを言われても下手な言い訳,嘘だって思いますよ。

でも、その奥さんは
「お疲れ様でした。」
と言って、毎日お茶を出し続けたそうです。

みなさんもあると思いますが、人は自分のことを信じ続けてくれる人を裏切ることはできないのです。だから結局、旦那様は朝帰りすることもなくなり、きちんと家に帰ってくるようになったそうです。


このエピソードからどんなことが言えるかというと
旦那様に自分のもとに戻ってきてほしいと思うのなら、旦那様に戻りたいと思われる自分でいなければならない。

つまり、
他人からどう扱われるかは、自分自身の行動による。
好きになってもらいたければ、好きになってもらえるような行動をしなければならない。
ということですね。
もし逆の立場だったら,自分がそんな風に扱われたらどう感じるか? を想像しなければならないし、してほしいようにさせるような行動をとらなければならない、ということです。

アドラー心理学に限らず、いろんなところで言われていますが、
人は他人を変えることはできないのだから。


もちろん、やったことがないことをするのは、上手くいくかどうかもわからないし怖いもの。
でも、同じことをやっても、同じ結果が出るだけ。
今までのやり方で上手くいかなかったのなら、違う方法を試してみるしかないですよね?
怖いけど、やるしかない!
リスクとリターンの関係ですね。

その不安を乗り越えるには、最悪のことを想定してみること。
そして、それが受け入れられるのならば、やってみるしかない、と思います。





事実はひとつ、考え方は…
最後にもう1つだけ……
見方を変えると世界が変わる。過去も相手も変わる。
という話がありました。

このときのエピソードは岸見先生ご自身の経験だったのですが、
学生時代に、カレー粉を炒めるところから3時間かけて作ったカレーをお父様に食べさせたあとに
「もう作るなよ」
と言われたそうです。

そのとき、岸見先生は「まずいからもう作るな」と言われたのだと理解したけれど、ずいぶん時間が経ったあと、本当は
学生なんだから、3時間もかけてカレーを作るくらいなら、勉強とか、もっと他のことやりなさい
という意味で「もう作るなよ」と言われたのではないか、ということに気付いたそうです。

そう、「もう作るなよ」という1つの言葉でも、解釈の仕方でこんなにも感じ方が変わるし、相手に対する印象も変わるという例でした。


私もものごとは悪い方に考えがちです。
家に帰ったとき、妻が不機嫌そうだと
何か悪いこと,変なことしたかな??
と、自分が原因のように考えてしまうのです。
でも本当は職場で嫌なことがあったのかもしれないし、おなかが痛いだけかもしれない(笑)

すべて自分の責任と考えるのは、ある意味、自意識過剰でもあるので、
ときには自分の都合のいいように考えるようにしてみたいと思います!





これ以外にもいろんなお話をされたのですが、笑いが絶えず、非常に楽しい講演会でした。
岸見一郎先生,和田裕美さん、楽しい対談をありがとうございました!!



岸見先生の著書『嫌われる勇気』は、本当にいい本だと思うし、すでに3回か4回読んでいますが、また読み返したいと思います。


それから、和田裕美さんの新刊が9月26日に発売されるとのこと。こちらも楽しみです^^


同じ日に和田裕美さんプロデュースの手帳も発売されるんですよね~
今私も使っていますが、大判でいいですよ。
来年の手帳の候補にぜひ!
(私がどんなふうに使っているのかも記事にしていますのでよろしければ⇒『コピー実験(汗) 【旧ブログから】手帳を変更しました。コンセプトは「あとで見返したくなる手帳」』



ここまで読んでくれたお礼に…
せっかく最後まで読んでいただいたので、最初のエピソードで書いた第3面をバラしちゃいますね。それは
  • 私には何ができるのか?
自分がどういうことを話しているのかを意識して欲しい、ということでした。
これも「自分がどう扱われるかは自分が決めている」に通じるところがありますね。
ここから先はご自身で想像(妄想)してください!(笑)



人気ブログランキングに参加しています。よろしければクリックをお願いします。


読書日記 ブログランキングへ

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村









プロフィール

かず

本業は快適空間創造家

1966年生まれ。
1992年、九州の某国立大学大学院修士課程修了後、大手建設会社に入社。
1996年から1998年の2年間イギリスの現地法人に出向。

入社以来オフィスビルやマンションの設計を行ってきたが、最近では大型ショッピングセンターなど主に商業施設関連の設備設計業務に携わっている。

8年ほど前、仕事のプレッシャーから軽度のうつ状態におちいるが、それを契機に完璧主義から脱却。今では、当時よりもプレッシャーがかかる状況であっても楽しく仕事をしている。

自分の経験を生かし、プレッシャーの中でも楽しく仕事をする方法を伝えるとともに、ココロが折れそうになっている人を少しでも支えていきたい。

今は仕事のストレスはほとんど感じていないが、あえて言うならストレス発散方法は週末のウォーキングと、通勤時間中の読書。電車内で本を読むことで、ONとOFF、仕事モードと家庭モードを切り替えている。

45歳にして勉強会デビュー。仕事関係以外の人との交流の楽しさを知る。


【取得資格】
一級建築士、建築設備士、設備設計一級建築士、CASBEE評価委員、珠算検定試験1級(笑)

【メディア掲載履歴】
Podcast 「美崎栄一郎の仕事の楽しさ研究所」第20回出演
日経ビジネスアソシエ:2011年11月号 手帳術
           2012年 7月号 ノート術
           2013年 7月号 ノートの極意
学研パブリッシング :仕事の教科書VOL.1 伸びる!ノート術
           仕事の教科書VOL.2 仕事が速い人の時間術
           仕事の教科書VOL.3 結果を出す人の手帳術

Twitter やってます
Facebookページ
記事検索 by Google
楽天カードでポイント生活はじめよう!
アクセスカウンター

    メッセージ

    直接のご連絡はこちらからどうぞ

    名前
    メール
    本文
    feedlyへの登録はこちらから!
    follow us in feedly
    ブログランキングに参加しています
    にほんブログ村 その他生活ブログ 手帳へ
    にほんブログ村
    かずの本棚(メディアマーカー)