技術屋かずのつれづれ日記

自分が体験したことで、ほかの人にもお勧めしたいことを書いていきます

ブログを通じて、仕事もプライベートも楽しく過ごす方法を探して多くの人と共有したいと思っています。
そのために、私が思ったことや感じたこと,得た情報などから「心が豊かになること」「社会に役に立つこと」を発信します。

旧ブログ「技術屋かずの徒然日記」 http://d.hatena.ne.jp/tkazu0408/ から引っ越してきました。
Twitterやってます。フォローしてもらえたら嬉しいです! https://twitter.com/t_kazu0408
Facebookページも作りました。「いいね!」してもらえたら、飛び上って喜びます! https://www.facebook.com/t.kazu0408

2015年10月10日 ここから再び「はてなブログ」に引っ越しました。
引っ越し先は”はてなブログ”でブログのタイトルは「日々是好日」
URLは http://kazu-eng.hateblo.jp/ です。
よろしければ、こちらものぞいてみてくださいm(__)m

当たり前

無理してやらないと決めたけど……



1万歩歩くために、たりまえのようにウォーキングしているけど
これって、本当にやらなきゃいけないことなのだろうか??

ということが頭をよぎった

と書いたし、そのあと、

1万歩歩くためだけの散歩は止めよう

と決めたのだけれど、

最初の写真のように、昨日は14,645歩と、1万歩を大きく超えて歩いてしまいました。


昨日も特に用事はなかったので、

お昼過ぎから神社にお詣りに行って、そのまま図書館に本を返却に行っただけ。


なるべく歩こう!

という気持ちはあるものの、わざわざ遠回りして歩数を稼ごう、という気持ちはないので、普通のルートを歩いたのですが、こんなに歩いてしまいました。

これまで何度も歩いたことがあるルートだったけど、こんなに距離があったとはねぇ……


いつも当たり前にやっていたことは、

どれだけの距離があるのか?

どれだけ時間がかかっているのか?

とうことが、よくわかっていなかった、ということですね。


無意識だったことに気づいてはじめて意識するようになるし、

意識できてはじめて変われる
と思うので、

これからも

それが当たり前だから

という理由だけでやっていることがないか探して、ドンドン変えていこうと思います!



なんとなく流されるままに過ごすのではなく、

自分の意志で動けるようになりたいな~

と思う技術屋でした。



【関連記事】

”あたりまえ”だと思ってやっていることは、本当に”あたりまえ”なのか?




最後までお読みいただき、ありがとうございました!

最後にもう1つお願いがあります。

人気ブログランキングに参加しています。あなたの1票がランキングに反映されますので、よろしければクリックをお願いします。
   ブログランキング・にほんブログ村へ

feedlyへの登録はこちらから↓
follow us in feedly



自分にとっての当たり前は他人にとっては当たり前ではない


image


【エピソード1】

少し前の話ですが、仕事関係以外の人と会って話をするときに取り出した私のノートと手帳(上の写真)を見て

そのダブルクリップはなんですか??

と、聞かれました。


そのとき私は、

えっ? どうしてそんなことを聞くのだろう?? こんなのみんなやってるんじゃないの??

と思いながらも、

会議や打ち合わせに出席すると、いろんな人からバラバラと資料を配られるのでそれを束ねて保管するためです。普通にやってませんか??

と答えたのですが、その人は

初めてみました。いいですね~ 私もやってみよう

と言われたのです。




【エピソード2】

これは今週の火曜日の朝だったのですが、エクセル・ワードの便利技を紹介していた あるPodcast番組 を聴いていたら、そのパーソナリティーの人が

ワードで用紙の途中から文章を書き始めたい時は、そこでダブルクリックすればいいんですね。知りませんでした!

と言われたのを聴いて、私は

え~~~~~
そんなの10年以上前からやってるよ~~~


と思ってしまいました。



オフィス系の便利技といえば、他にも、あるIT系のライターさんが、

エクセルで数字を文字として入力するには数字の前に「’」を入れればいいということを始めて知りました

という書き込みをされたのを読んで驚いたこともありましたね~

だって、私は普通にやっていたことだったことに加え、これを言ったのがIT系のライターさんですからね。

── どういうことかというと、やってみるとわかるのですが、例えば「1/2」と入力すると「1月2日」と表示されてしまうのですが、「’1/2」と入力すると、ちゃんと「1/2」と表示されるのです。やったことがなかった人は試してみてください ──



エクセルの便利技といえば、セル内での改行。

よく見かけるのが、「自動的に折り返して全体を表示」に設定はしてあるのですが、複数行にわたる文字の頭をそろえるために空白を入れている人。
でも、これだとセル幅を変更するとぐちゃぐちゃに乱れてしまうんですよね~

ではどうするのか??

エクセルはセル内で 「Alt + Enter」 キーを押すと、セル内で改行できるのです。


私はこれも、何年も前から普通にやっていることなので、

こんなに偉そうに書くことか??

と思うんですけど、知らない人のほうが多いかもしれません。




こんな出来事を思い出していたら、

普段自分が当たり前だと思ってやっていることは、
他人にとっては全然当たり前ではないことの方が多いのかもしれないし、
教えることができる知識・知恵なのかもしれない


と思うと同時に、

でもそれは自分にとっては当たり前すぎることだし、
知らない,できない人がいるなんて思っていないから、
なにが自分の知識・知恵なのか気づくのは難しいよな~


とも思ったのです。


でも、ダブルクリップに驚かれた人に、気づくためのヒントとなる言葉を教えてもらいました。
それは「ありがとう」

どういうことか? その話は、また後日m(__)m





【参考グッズ】
私が使っているノートと手帳・ペンはこちら↓





あるPodcast番組はこれ↓でした(;^_^A





最後までお読みいただき、ありがとうございました!
最後にもう1つお願いがあります。
人気ブログランキングに参加しています。あなたの1票がランキングに反映されますので、よろしければクリックをお願いします。
   にほんブログ村 その他生活ブログ 手帳へ
feedlyへの登録はこちらから↓
follow us in feedly


当たり前のことはありがたいこと


150319_洗い物


出張のために乗った飛行機が、目的地の空港周辺の視界不良のため着陸できずに羽田に引き返したことは昨日の記事に書いた通りですが、昨日、その出張先から東京に戻ってきました。

昨日の朝、目が覚めて外を見たら100m先が見えるかどうかというほどの濃霧でしたが、打ち合わせ場所まで行くのに乗ったタクシーで運転手さんと話をしていたら「昨日はもっとひどかったよ」とのこと。それじゃあ着陸できないよな~ と納得したのでした。

でも、昨日は東京に戻る日。夕方までには霧も晴れるだろうとは思ったものの、飛行機が飛ばなかったら帰れないな~ と思ったのも事実です。

それから、お昼前になったら雨音が聞こえはじめたので、外を見たら今度は大雨。
またまた、飛行機は飛ぶかな? と思ったのでした(;^_^A


その後も打ち合わせは順調に進み予定の時刻になったので、東京に向けて移動を始めたのですが、気になったのは、やはり飛行機のこと。
またUターンしたらどうしよう?
と思いながら乗ったのは事実です。

でも、Uターンなんてそうそう起こることではないので、帰りの飛行機は何事もなくいつも通りに着陸したのでした。

それでも無事に羽田に着陸して思ったのは、
普通に,当たり前に飛ぶって、ありがたいことなんだな~
ということ。


よくよく考えてみると、私たちが当たり前と思っていることは、そんなに簡単なことではないことも多いと思うんですよね。

飛行機に限らず電車でも時刻表通りに運行するのが当たり前。遅れたり止まったりすると怒る人もいますが、ちょっと違うんじゃないかな? とも思ったのです。



もっと身近なことで他にないかな? と考えてみたら、家事も同じですね。
 
自分が使った食器は自分で流しまで下げるのは当たり前だけど、そのあとは嫁がやるのが当たり前。
嫁が出かけている休日の昼間なら、自分が使った食器は、子供たちといっしょに食事をしたのならそれも、洗い物までするのが当たり前だと思っていたのに、です。

まぁ、家族みんなで食事したのなら、誰か(ほとんどの場合、嫁)が全員分を洗うのは当たり前だとしても、遅れて帰って1人で食事をするのに使った食器を嫁が洗うのを当たり前と思うのはどうなんだろう? と思ってしまったのです。

ということで、さっそく今夜からは自分で使った食器は自分で片づけてみよう! とは思ったものの、これまでそんなことをしたことがないのに、急にやったら嫁に”どうしたの??”と思われるかな? とも思うんですけどね(;^_^A


なんてことを考えていたら、昨夜届いていたメルマガにこんな記載がありました。
タイトル:過去は生ゴミだと言いたくなりませんか?
 
「相手が過去やってきた事をこだわって前に進まない」 
「もう、いい加減にしてくれないかな?」 
ってシチュエーションってありませんか? 
 
<中略>
 
相手が過去にフォーカスしてしまって、 
「過去はこうだった、だから●●できない」 
と過去を起点に話を始めていまい一向に前に進まない事って経験あるはず。 
 
<中略>
 
変えれない&帰れない過去ではなく 
いくらでも変えれる未来に 
質問使ってシフトしていきましょう 

<後略> 
なんか背中を押されるような言葉ですよね。
これもめぐり合わせ,引き寄せなのかな??


ということで、何もしなければ今までどおりなので、こっちの方がいい、と思ったことにはどんどん変えていこうと思います!





最後までお読みいただき、ありがとうございました!
最後にもう1つお願いがあります。
人気ブログランキングに参加しています。あなたの1票がランキングに反映されますので、よろしければクリックをお願いします。
   ブログランキング・にほんブログ村へ
feedlyへの登録はこちらから↓
follow us in feedly



プロフィール

かず

本業は快適空間創造家

1966年生まれ。
1992年、九州の某国立大学大学院修士課程修了後、大手建設会社に入社。
1996年から1998年の2年間イギリスの現地法人に出向。

入社以来オフィスビルやマンションの設計を行ってきたが、最近では大型ショッピングセンターなど主に商業施設関連の設備設計業務に携わっている。

8年ほど前、仕事のプレッシャーから軽度のうつ状態におちいるが、それを契機に完璧主義から脱却。今では、当時よりもプレッシャーがかかる状況であっても楽しく仕事をしている。

自分の経験を生かし、プレッシャーの中でも楽しく仕事をする方法を伝えるとともに、ココロが折れそうになっている人を少しでも支えていきたい。

今は仕事のストレスはほとんど感じていないが、あえて言うならストレス発散方法は週末のウォーキングと、通勤時間中の読書。電車内で本を読むことで、ONとOFF、仕事モードと家庭モードを切り替えている。

45歳にして勉強会デビュー。仕事関係以外の人との交流の楽しさを知る。


【取得資格】
一級建築士、建築設備士、設備設計一級建築士、CASBEE評価委員、珠算検定試験1級(笑)

【メディア掲載履歴】
Podcast 「美崎栄一郎の仕事の楽しさ研究所」第20回出演
日経ビジネスアソシエ:2011年11月号 手帳術
           2012年 7月号 ノート術
           2013年 7月号 ノートの極意
学研パブリッシング :仕事の教科書VOL.1 伸びる!ノート術
           仕事の教科書VOL.2 仕事が速い人の時間術
           仕事の教科書VOL.3 結果を出す人の手帳術

Twitter やってます
Facebookページ
記事検索 by Google
楽天カードでポイント生活はじめよう!
アクセスカウンター

    メッセージ

    直接のご連絡はこちらからどうぞ

    名前
    メール
    本文
    feedlyへの登録はこちらから!
    follow us in feedly
    ブログランキングに参加しています
    にほんブログ村 その他生活ブログ 手帳へ
    にほんブログ村
    かずの本棚(メディアマーカー)