技術屋かずのつれづれ日記

自分が体験したことで、ほかの人にもお勧めしたいことを書いていきます

ブログを通じて、仕事もプライベートも楽しく過ごす方法を探して多くの人と共有したいと思っています。
そのために、私が思ったことや感じたこと,得た情報などから「心が豊かになること」「社会に役に立つこと」を発信します。

旧ブログ「技術屋かずの徒然日記」 http://d.hatena.ne.jp/tkazu0408/ から引っ越してきました。
Twitterやってます。フォローしてもらえたら嬉しいです! https://twitter.com/t_kazu0408
Facebookページも作りました。「いいね!」してもらえたら、飛び上って喜びます! https://www.facebook.com/t.kazu0408

2015年10月10日 ここから再び「はてなブログ」に引っ越しました。
引っ越し先は”はてなブログ”でブログのタイトルは「日々是好日」
URLは http://kazu-eng.hateblo.jp/ です。
よろしければ、こちらものぞいてみてくださいm(__)m

武器

資格取得は通過点


150415_勉強



通信講座のテキストが届いたことは先週の土曜日の記事で報告しましたが、さっそく勉強を始めました(^^)

その記事にも書いたのですが、この講座の標準学習期間は4か月なのですが、実はその期間で一般と上級の2つの資格が取得できる講座なのです。

テキストは一般コース、上級コースともに4冊あって、どちらも1冊のテキストを2週間で学習するというのが標準ペースとなっています。

が……
1日分のボリュームって見開き1ページ(なので2ページ)しかないのです。
それも文字だけが書かれているわけではなく、絵や表も多くて、読むだけなら10分あれば1日分を終わらせられるという感じなんですよね。


これも前回の記事に書いたことですが、学習期間は1日1時間で4か月
ということは、見開き1ページを1時間かけてやればいいということになるのですが、どんなにじっくり読んでも、そんな時間はかかりません。

そこで、
1日分に1時間かけるのではなく、1時間でできるところまでやって、同じところを何度も繰り返そう
と思ったのです。

でも、
1回目の添削課題の範囲は終わったし、テキストを見てもいいのだからやってみよう
と思ってやってみたら、できちゃうんですよね〜
そりゃー、テキストを見ていいのだからあたりまえといえばあたりまえなのですが……(;^_^A


そこでまた考えれしまったのです。
今でもできるのに、同じところを何度も繰り返す必要があるのか?
って。

標準期間にこだわることなく、さっさと終わらせてしまってもいいんじゃないか?
って。

だって、当面の目的は資格を取得することであって、テキストに書かれたことを全部覚えることではないのだから。


資格取得でさえ目的ではありません。
それは、やりたいことをやりやすくするため,真の願いを叶えるための通過点にすぎないのです。

だから、
書かれていることを今は覚えきれていなくても、必要なときに見返せばいいんじゃないか? そうすることで自然に覚えられるんじゃないか? 
と思ったんですよね。


試験は見ても良いというもの以外を見たらカンニングで失格になりますが、世の中のほとんどのことは他人がやったことを見ても,真似してもいい、カンニングもOKなんですよね。

だから、
まずは資格という武器を手に入れて、それから、それを使いながら上達していけばいいんじゃないか? 
と思ったのです。


ということで、さっさと終わらせることにします!
目標は標準学習期間の半分の2か月で終わらせることにします!

それに、そのあとにも同時に申し込んだ別の資格講座も控えていますからね(;^_^A


さっ、今日も勉強しよう!





最後までお読みいただき、ありがとうございました!
最後にもう1つお願いがあります。
人気ブログランキングに参加しています。あなたの1票がランキングに反映されますので、よろしければクリックをお願いします。
   ブログランキング・にほんブログ村へ
feedlyへの登録はこちらから↓
follow us in feedly



知識は武器にも凶器にもなる


150417_包丁

「ペンは剣よりも強し」という言葉があるけれど、 
「ペン(言葉)」も「剣(モノ・道具)」も、人を守ることも、傷つけることもできるんですよね。

そして「ペン(言葉)」の素になるのは「知識」だと思うのです。


どんなにいろんなことを知っていても,知識があっても、それをひけらかしてばかりいるようでは、まわりの人に嫌われかねませんよね。

そればかりか、意識する,しないに関わらず他人を傷つけることさえあるでしょう。



美崎栄一郎さんは、その著書『「結果を出す人」の仕事のすすめ方』の中で「本は道具」と書かれていますが、知識も同じ。

包丁は料理を作るための道具だけど、使い方を間違えると人を傷つける凶器にもなる。

言葉や知識もこれと同じだと思うんですよね。
上手に使えば人を助けることができるけど、
使い方を間違えると、逆に傷つけてしまうこともある。


でも厄介なのが、言葉は目に見えないということと、人によって受け取り方が違うということ。
 
包丁を人に向けたら、だれが見ても間違った使い方をしているとわかります。
もちろん向けた本人もわかっているはずです。

でも、言葉は違うんですよね。
同じことを言われて傷つく人もいれば、まったく気にしない人もいる。
同じ人でも、そのときの気分や感情で感じ方も変わる。 

難しいですよねぇ……。


私がこれから勉強しようとしていることは、
正しく使えば相手を精神的に楽ににできることだと持っています。

でも、使い方を間違えると、他人の心の中にずかずかと入っていったり、
感情をコントロールしたりできるようになるかもしれないことです。


メスは悪いところを切り取るときには役に立つ道具ですが、間違えてしまうと傷つけることになる。

私が手に入れようとしているものは、そこまで危険なものではないかもしれませんが、間違った使い方をしないように気をつけようと思います。

包丁やメスは一度手に入れても手放すことができるけど、インストールしてしまった知識は、アンインストールすることができませんからね。



【参考書籍】



最後までお読みいただき、ありがとうございました!
最後にもう1つお願いがあります。
人気ブログランキングに参加しています。あなたの1票がランキングに反映されますので、よろしければクリックをお願いします。
   にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
feedlyへの登録はこちらから↓
follow us in feedly



プロフィール

かず

本業は快適空間創造家

1966年生まれ。
1992年、九州の某国立大学大学院修士課程修了後、大手建設会社に入社。
1996年から1998年の2年間イギリスの現地法人に出向。

入社以来オフィスビルやマンションの設計を行ってきたが、最近では大型ショッピングセンターなど主に商業施設関連の設備設計業務に携わっている。

8年ほど前、仕事のプレッシャーから軽度のうつ状態におちいるが、それを契機に完璧主義から脱却。今では、当時よりもプレッシャーがかかる状況であっても楽しく仕事をしている。

自分の経験を生かし、プレッシャーの中でも楽しく仕事をする方法を伝えるとともに、ココロが折れそうになっている人を少しでも支えていきたい。

今は仕事のストレスはほとんど感じていないが、あえて言うならストレス発散方法は週末のウォーキングと、通勤時間中の読書。電車内で本を読むことで、ONとOFF、仕事モードと家庭モードを切り替えている。

45歳にして勉強会デビュー。仕事関係以外の人との交流の楽しさを知る。


【取得資格】
一級建築士、建築設備士、設備設計一級建築士、CASBEE評価委員、珠算検定試験1級(笑)

【メディア掲載履歴】
Podcast 「美崎栄一郎の仕事の楽しさ研究所」第20回出演
日経ビジネスアソシエ:2011年11月号 手帳術
           2012年 7月号 ノート術
           2013年 7月号 ノートの極意
学研パブリッシング :仕事の教科書VOL.1 伸びる!ノート術
           仕事の教科書VOL.2 仕事が速い人の時間術
           仕事の教科書VOL.3 結果を出す人の手帳術

Twitter やってます
Facebookページ
記事検索 by Google
楽天カードでポイント生活はじめよう!
アクセスカウンター

    メッセージ

    直接のご連絡はこちらからどうぞ

    名前
    メール
    本文
    feedlyへの登録はこちらから!
    follow us in feedly
    ブログランキングに参加しています
    にほんブログ村 その他生活ブログ 手帳へ
    にほんブログ村
    かずの本棚(メディアマーカー)