技術屋かずのつれづれ日記

自分が体験したことで、ほかの人にもお勧めしたいことを書いていきます

ブログを通じて、仕事もプライベートも楽しく過ごす方法を探して多くの人と共有したいと思っています。
そのために、私が思ったことや感じたこと,得た情報などから「心が豊かになること」「社会に役に立つこと」を発信します。

旧ブログ「技術屋かずの徒然日記」 http://d.hatena.ne.jp/tkazu0408/ から引っ越してきました。
Twitterやってます。フォローしてもらえたら嬉しいです! https://twitter.com/t_kazu0408
Facebookページも作りました。「いいね!」してもらえたら、飛び上って喜びます! https://www.facebook.com/t.kazu0408

2015年10月10日 ここから再び「はてなブログ」に引っ越しました。
引っ越し先は”はてなブログ”でブログのタイトルは「日々是好日」
URLは http://kazu-eng.hateblo.jp/ です。
よろしければ、こちらものぞいてみてくださいm(__)m

知識

アタマはパソコン、知識はアプリケーション



おとといもまた「おがぷら」という朝活に参加してきました。


朝活に限らず勉強会や講演会には月に1~3回くらいのペースで参加している私ですが、私がいちばん楽しいと感じるのは

知らなかったことを知ったとき


今回も「ブレーン・ライティング」というアイデア出しのワークをやったのですが、

こういう方法があったんだ!

と、また新しいことを知ってしまいました(^^)


でも、どんなにいい方法を知っても、

ただ知ってるだけ

では意味がないんですよね~



アタマがパソコンやスマートフォンだとすると知識はアプリケーション。

知っているというのはアプリケーションをインストールしただけの状態です。

アプリは使ってなんぼ

ですよね?


どんなに優れたアプリも使わないのならデータ領域を占有する分、悪さをしたりもします。
だから私は一度 iPhone にインストールはしたものの、全然使わなかった、Word,Excel,PowerPoint,iMovie などはぜーんぶ削除してしまいました(;^_^A



勉強会に参加するということは、自分の時間とお金を投資するということ。

あー、楽しかった

だけで終わらせてしまったら、それは投資ではなく浪費。

投資だったら、しっかり回収しなければいけません。


では、どうやって回収するのか?

それは

知ったことをやってみること

だと思うんですよ。


教えてもらったときはいいと思ったけど、やってみたら自分には合わなかった

それならそれでもいいと思います。


1万回失敗したと言われるエジソンだって

失敗はしていない。ダメな方法を発見しただけだ!

と言ったらしいですからね(笑)



勉強会に参加して、せっかくインストールしたアプリ(知識)ですから、少しぐらいは使ってみましょう!

最後までお読みいただき、ありがとうございました!
最後にもう1つお願いがあります。
人気ブログランキングに参加しています。あなたの1票がランキングに反映されますので、よろしければクリックをお願いします。
   ブログランキング・にほんブログ村へ
feedlyへの登録はこちらから↓
follow us in feedly


なぜ本を読むのか??


150615_dokusho


それは、どの本を読もうかと本棚を眺めていたときでした。

資格の勉強もしたいし、それとは関係ない本を読んでる時間はないよな~

ということが頭をよぎったのです。


私は何のために本を読むのだろう?

と思ってしまったのです。


これまでほとんど毎日、読んできたし、昨日も本の紹介記事を書いたばかりだけど、

よーく考えると(考えなくても)、目的を持って読んだことって、あまりなかったような気がします。


書店やブックオフ、図書館で見て、読んでみたいと思ったから

おもしろそうだから

友人の紹介記事(ブログ)を読んで、読んでみたいと思ったから

……



そんな動機で読んだだけで、その本から

何かを知りたい! とか、

何かを得たい!

といった明確な目的は持たずにいたような気がします。


だから、たくさんの本は読んでいるけど、

しっかりと覚えているわけではないし、

ましてや、書いてあることを実行もできていなかったんだな~


と思ったのです。


私が読書をするのは主に通勤電車の中だから、

頭の中に残っていなかったり、実行できていなかったとしても、

ボーっとして何もしなかったり、

スマートフォンでゲームしているよりは有効な時間の使い方だとは思いますが、

でも、せっかく投資した時間ですから、得るものがないとダメですよねぇ……。



ということで、これからは本を選ぶときから、

何のために読むのか?

その本から何を得たいのか?

そして、書かれていたことを、どう使って,活かしていくのか?

そんなことを考えようと思います。



こうやって考えると、今までの私の読書は"娯楽"だったんだな~ と思います。


今はそれよりも身につけたいことがあるので、

単なる娯楽で終わらせるのではなく、

目的を持って本を読んで、

知識としてインプットするだけでなく

知恵にして、しっかり行動に移せるように,アウトプットできるようにしたいと思います!


そのためだったら、読む量が減っても、途中で止めてしまう本があっても仕方がないと思います。

だって、必要なのはインプットではなく、アウトプットの方なのだから……


みなさんも、アウトプットを意識してインプットしましょう!!




最後までお読みいただき、ありがとうございました!
最後にもう1つお願いがあります。
人気ブログランキングに参加しています。あなたの1票がランキングに反映されますので、よろしければクリックをお願いします。
    にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

feedlyへの登録はこちらから↓
follow us in feedly




自分にとっての当たり前は他人にとっては当たり前ではない


image


【エピソード1】

少し前の話ですが、仕事関係以外の人と会って話をするときに取り出した私のノートと手帳(上の写真)を見て

そのダブルクリップはなんですか??

と、聞かれました。


そのとき私は、

えっ? どうしてそんなことを聞くのだろう?? こんなのみんなやってるんじゃないの??

と思いながらも、

会議や打ち合わせに出席すると、いろんな人からバラバラと資料を配られるのでそれを束ねて保管するためです。普通にやってませんか??

と答えたのですが、その人は

初めてみました。いいですね~ 私もやってみよう

と言われたのです。




【エピソード2】

これは今週の火曜日の朝だったのですが、エクセル・ワードの便利技を紹介していた あるPodcast番組 を聴いていたら、そのパーソナリティーの人が

ワードで用紙の途中から文章を書き始めたい時は、そこでダブルクリックすればいいんですね。知りませんでした!

と言われたのを聴いて、私は

え~~~~~
そんなの10年以上前からやってるよ~~~


と思ってしまいました。



オフィス系の便利技といえば、他にも、あるIT系のライターさんが、

エクセルで数字を文字として入力するには数字の前に「’」を入れればいいということを始めて知りました

という書き込みをされたのを読んで驚いたこともありましたね~

だって、私は普通にやっていたことだったことに加え、これを言ったのがIT系のライターさんですからね。

── どういうことかというと、やってみるとわかるのですが、例えば「1/2」と入力すると「1月2日」と表示されてしまうのですが、「’1/2」と入力すると、ちゃんと「1/2」と表示されるのです。やったことがなかった人は試してみてください ──



エクセルの便利技といえば、セル内での改行。

よく見かけるのが、「自動的に折り返して全体を表示」に設定はしてあるのですが、複数行にわたる文字の頭をそろえるために空白を入れている人。
でも、これだとセル幅を変更するとぐちゃぐちゃに乱れてしまうんですよね~

ではどうするのか??

エクセルはセル内で 「Alt + Enter」 キーを押すと、セル内で改行できるのです。


私はこれも、何年も前から普通にやっていることなので、

こんなに偉そうに書くことか??

と思うんですけど、知らない人のほうが多いかもしれません。




こんな出来事を思い出していたら、

普段自分が当たり前だと思ってやっていることは、
他人にとっては全然当たり前ではないことの方が多いのかもしれないし、
教えることができる知識・知恵なのかもしれない


と思うと同時に、

でもそれは自分にとっては当たり前すぎることだし、
知らない,できない人がいるなんて思っていないから、
なにが自分の知識・知恵なのか気づくのは難しいよな~


とも思ったのです。


でも、ダブルクリップに驚かれた人に、気づくためのヒントとなる言葉を教えてもらいました。
それは「ありがとう」

どういうことか? その話は、また後日m(__)m





【参考グッズ】
私が使っているノートと手帳・ペンはこちら↓





あるPodcast番組はこれ↓でした(;^_^A





最後までお読みいただき、ありがとうございました!
最後にもう1つお願いがあります。
人気ブログランキングに参加しています。あなたの1票がランキングに反映されますので、よろしければクリックをお願いします。
   にほんブログ村 その他生活ブログ 手帳へ
feedlyへの登録はこちらから↓
follow us in feedly


知識は武器にも凶器にもなる


150417_包丁

「ペンは剣よりも強し」という言葉があるけれど、 
「ペン(言葉)」も「剣(モノ・道具)」も、人を守ることも、傷つけることもできるんですよね。

そして「ペン(言葉)」の素になるのは「知識」だと思うのです。


どんなにいろんなことを知っていても,知識があっても、それをひけらかしてばかりいるようでは、まわりの人に嫌われかねませんよね。

そればかりか、意識する,しないに関わらず他人を傷つけることさえあるでしょう。



美崎栄一郎さんは、その著書『「結果を出す人」の仕事のすすめ方』の中で「本は道具」と書かれていますが、知識も同じ。

包丁は料理を作るための道具だけど、使い方を間違えると人を傷つける凶器にもなる。

言葉や知識もこれと同じだと思うんですよね。
上手に使えば人を助けることができるけど、
使い方を間違えると、逆に傷つけてしまうこともある。


でも厄介なのが、言葉は目に見えないということと、人によって受け取り方が違うということ。
 
包丁を人に向けたら、だれが見ても間違った使い方をしているとわかります。
もちろん向けた本人もわかっているはずです。

でも、言葉は違うんですよね。
同じことを言われて傷つく人もいれば、まったく気にしない人もいる。
同じ人でも、そのときの気分や感情で感じ方も変わる。 

難しいですよねぇ……。


私がこれから勉強しようとしていることは、
正しく使えば相手を精神的に楽ににできることだと持っています。

でも、使い方を間違えると、他人の心の中にずかずかと入っていったり、
感情をコントロールしたりできるようになるかもしれないことです。


メスは悪いところを切り取るときには役に立つ道具ですが、間違えてしまうと傷つけることになる。

私が手に入れようとしているものは、そこまで危険なものではないかもしれませんが、間違った使い方をしないように気をつけようと思います。

包丁やメスは一度手に入れても手放すことができるけど、インストールしてしまった知識は、アンインストールすることができませんからね。



【参考書籍】



最後までお読みいただき、ありがとうございました!
最後にもう1つお願いがあります。
人気ブログランキングに参加しています。あなたの1票がランキングに反映されますので、よろしければクリックをお願いします。
   にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
feedlyへの登録はこちらから↓
follow us in feedly



本は読むものではない!

141109_工具

みなさん、本は読んでいますか??
もちろん私も読んでいます。

それなのに今日のタイトルを「本は読むものではない!」としたのは、
本は読むだけのものではない、書いてあることを行動に移してはじめて読んだ価値がある、と言いたかったのです。


私が勉強会などでたびたびお世話になっている美崎栄一郎さんの著書『「結果を出す人」の仕事のすすめ方』に、こんな文章があります。
 本は、著者にとっては大事な作品かもしれませんが、読む側の視点に立っと、あくまでも道具(ツール)に過ぎません。<中略>
 いわばカナヅチと同じです。カナヅチは釘を打つというアクションをして初めて価値を持ちます。仕事で読む本は、情報を活用して初めて価値を持つツールなのです。大工は釘を打つために、カナヅチを使います。カナヅチを飾って見ているだけでは意味がありません。本も読むだけでは意味が無いのです。ビジネスパーソンは、情報を活用するためにこそ本を使うべきなのです。
『読む』のではなく、『使う』です。
<中略>
だから、折り曲げても、書き込んでも、全て読まなくてもOK。あなたが使いたいように使えばいいのです。ツールであれば、必要なところだけを使えばいいのですから。例えば、パソコンのワープロソフトというツールを考えてみてください。全ての機能を使っているということはないでしょう。あなたも必要なところだけを使っていると思います。
 本もツールです。必要なところだけを使えばいいのです。<後略>(P16)
本がカナヅチといっしょとは…ですが、でも本も道具という点で同じだということや、パソコンソフトは一部の機能しか使っていないということは納得していただけますよね?


なーんてことを書いている私自身、全然実行できていないんですけどね(;^_^A

私は読んだ本のリストをつけているのですが、タイトル欄の次に「何を実行するのか!?」と赤太字で書いているにも関わらず、空欄ばかりになってしまっていますから(;^_^A

140109_読書の記録

 
でも、お金や、それより貴重な時間を使って読んだ本です。
おもしろかった~
いいことが書いてあったな~
だけで終わらせるのはもったいないと思いませんか??

本を読んで知識を得ただけなら、ただの雑学博士。
知識は使ってはじめて知恵に変わるし、本を読んだ効果が出ます。

私も今読んでいる本を読了したら、読書リストの「何を実行するのか!?」欄に必ず記入しようと思います!

みなさんも、たった1つでもいいので、何かを実行してみませんか??



私の今年の読書目標は月に10冊、年間150冊でしたが、来年は実行することを増やすために少しペースを落として、月7冊、年間100冊にしようと思っています。(といいつつ、今年はまだ111冊しか読めていないんですけどね(;^_^A)
その分、ブログで紹介する割合も増やせたらいいな~とも思っています。






最後までお読みいただき、ありがとうございました!

最後にもう1つお願いがあります。
人気ブログランキングに参加しています。あなたの1票がランキングに反映されますので、よろしければクリックをお願いします。
   にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ


feedlyへの登録はこちらから↓
follow us in feedly

プロフィール

かず

本業は快適空間創造家

1966年生まれ。
1992年、九州の某国立大学大学院修士課程修了後、大手建設会社に入社。
1996年から1998年の2年間イギリスの現地法人に出向。

入社以来オフィスビルやマンションの設計を行ってきたが、最近では大型ショッピングセンターなど主に商業施設関連の設備設計業務に携わっている。

8年ほど前、仕事のプレッシャーから軽度のうつ状態におちいるが、それを契機に完璧主義から脱却。今では、当時よりもプレッシャーがかかる状況であっても楽しく仕事をしている。

自分の経験を生かし、プレッシャーの中でも楽しく仕事をする方法を伝えるとともに、ココロが折れそうになっている人を少しでも支えていきたい。

今は仕事のストレスはほとんど感じていないが、あえて言うならストレス発散方法は週末のウォーキングと、通勤時間中の読書。電車内で本を読むことで、ONとOFF、仕事モードと家庭モードを切り替えている。

45歳にして勉強会デビュー。仕事関係以外の人との交流の楽しさを知る。


【取得資格】
一級建築士、建築設備士、設備設計一級建築士、CASBEE評価委員、珠算検定試験1級(笑)

【メディア掲載履歴】
Podcast 「美崎栄一郎の仕事の楽しさ研究所」第20回出演
日経ビジネスアソシエ:2011年11月号 手帳術
           2012年 7月号 ノート術
           2013年 7月号 ノートの極意
学研パブリッシング :仕事の教科書VOL.1 伸びる!ノート術
           仕事の教科書VOL.2 仕事が速い人の時間術
           仕事の教科書VOL.3 結果を出す人の手帳術

Twitter やってます
Facebookページ
記事検索 by Google
楽天カードでポイント生活はじめよう!
アクセスカウンター

    メッセージ

    直接のご連絡はこちらからどうぞ

    名前
    メール
    本文
    feedlyへの登録はこちらから!
    follow us in feedly
    ブログランキングに参加しています
    にほんブログ村 その他生活ブログ 手帳へ
    にほんブログ村
    かずの本棚(メディアマーカー)