技術屋かずのつれづれ日記

自分が体験したことで、ほかの人にもお勧めしたいことを書いていきます

ブログを通じて、仕事もプライベートも楽しく過ごす方法を探して多くの人と共有したいと思っています。
そのために、私が思ったことや感じたこと,得た情報などから「心が豊かになること」「社会に役に立つこと」を発信します。

旧ブログ「技術屋かずの徒然日記」 http://d.hatena.ne.jp/tkazu0408/ から引っ越してきました。
Twitterやってます。フォローしてもらえたら嬉しいです! https://twitter.com/t_kazu0408
Facebookページも作りました。「いいね!」してもらえたら、飛び上って喜びます! https://www.facebook.com/t.kazu0408

2015年10月10日 ここから再び「はてなブログ」に引っ越しました。
引っ越し先は”はてなブログ”でブログのタイトルは「日々是好日」
URLは http://kazu-eng.hateblo.jp/ です。
よろしければ、こちらものぞいてみてくださいm(__)m

絞る

「なんでもできます」は目立つところがないということ


今朝も、ある勉強会(ワークショップ)に参加してきました。

事前にSWOT分析をして自分の
  • 強み(Strength)
  • 弱み(Weekness)
  • 機会(Opportunity)
  • 脅威(Threat)
を書き出してくる、という宿題がだされていたので、機会のところに

ブログは書いている

と書いていたし、そのことを発表したときに、いっしょにいた人から

ときどき読んでるけど、日記みたいなのが多くて……
芸能人じゃないんだから……
普通の人の日記を読みたい人なんていないんだから、自分が得意なことを前面に押し出して尖がった方がいいですよ。

と言われてしまいました(;^_^A


確かに、「ブログに何を書くのか?」といったことが書かれたブログや本を読んでも同じようなことが書かれています。

それに私自身も、何か探し物をして訪問したページに日記が書かれていたら、それ以外の記事を読んでみようとは思いませんからね。


150913_雑貨
(ブロガーは雑貨屋,百貨店ではなく、専門店になった方がいいってことですね)




6月に『なんのためにブログを書くのか?』という記事の中で、

私がどんな人なのか?
どんなことに興味があるのか?
なにができるのか?
そんな私自身のことを知ってもらえるような内容を書こうと思う。
 
と書いたし、実際に、いろんなことを書いてきたけれど、それだと逆に

いろんなことがありすぎて、結局どんな人なの??

と、余計にわからなくなっているかもしれませんね。



このブログの説明に

「自分が体験したことで、ほかの人にもお勧めしたいことを書いていきます」

とは書いているものの、自分がどういう人と見られたいのか? を少し意識して書く内容を絞り込んでいこうと思います。


どんな話題を増やしていくのかといえば
  • 手帳・手帳術
  • ノート術
  • 時間管理の方法
です。


ということで、明日は、今日作り直した「日次・週次レビューシート」を紹介することを予定します。

毎週の振り返りのときに使えるシートなので、気になる人はチェックしてくださいね^^



【関連記事】
なんのためにブログを書くのか?




最後までお読みいただき、ありがとうございました!
最後にもう1つお願いがあります。
人気ブログランキングに参加しています。あなたの1票がランキングに反映されますので、よろしければクリックをお願いします。
   にほんブログ村 その他生活ブログ 手帳へ
feedlyへの登録はこちらから↓
follow us in feedly



対象は絞るもの? それとも広げるもの?



ブログやSNSで発信するときには、

いろんな人とに読んでもらいたいと思うのではなく、

特定の誰か(その対象者を「ペルソナ」という)に向けて書いた方がいい


1人に向かって書く

と言われました。



結果を出している人たちが言っているので、きっとそうなのでしょう。

でも、ちょっと気になったことがあって……。



私もペルソナを設定して書いていた時期もあるし、今でも「こんな人に向けて」という思いはあります。

ただ、私が「こんな人」と設定したときは

いろんな人の中から絞り込んで設定したわけではなく、最初からそれしか考えなかったのです。


1つしか知らないからそれを選ぶ

というのと

たくさんあることを知っていて、その中から1つを選んでいる

というのは、似ているようで大違いですよね。



1つしか知らなければ、それしか選べないけど、

それ以外にもあることを知って見回してみたら、

今選んでいるものよりも自分に合うものが他にあるかもしれませんから。


それに、自分が対象としている人以外にフックしているかもしれません。

そんなことに気付くためにも視野は広げておいた方がいい



いろんなモノ・コト・ヒトがいることがわかった上で、絞り込まなければいけないのです。

私も何かに向かって進もうとすると視野が狭くなって、ソコしか見えなくなってしまいがちですが、その道は渋滞しているかもしれません。

そんなときに、ちょっと視線を変えてみると、抜け道があることに気付くかもしれない。


ということで、今見ているところだけではなく、まわりも眺めてみようと思った技術屋です。

やっぱり、頭は柔軟に,四角いアタマは丸くすることが大切ですよね~



最後までお読みいただき、ありがとうございました!

最後にもう1つお願いがあります。

人気ブログランキングに参加しています。あなたの1票がランキングに反映されますので、よろしければクリックをお願いします。
    ブログランキング・にほんブログ村へ

feedlyへの登録はこちらから↓
follow us in feedly

プロフィール

かず

本業は快適空間創造家

1966年生まれ。
1992年、九州の某国立大学大学院修士課程修了後、大手建設会社に入社。
1996年から1998年の2年間イギリスの現地法人に出向。

入社以来オフィスビルやマンションの設計を行ってきたが、最近では大型ショッピングセンターなど主に商業施設関連の設備設計業務に携わっている。

8年ほど前、仕事のプレッシャーから軽度のうつ状態におちいるが、それを契機に完璧主義から脱却。今では、当時よりもプレッシャーがかかる状況であっても楽しく仕事をしている。

自分の経験を生かし、プレッシャーの中でも楽しく仕事をする方法を伝えるとともに、ココロが折れそうになっている人を少しでも支えていきたい。

今は仕事のストレスはほとんど感じていないが、あえて言うならストレス発散方法は週末のウォーキングと、通勤時間中の読書。電車内で本を読むことで、ONとOFF、仕事モードと家庭モードを切り替えている。

45歳にして勉強会デビュー。仕事関係以外の人との交流の楽しさを知る。


【取得資格】
一級建築士、建築設備士、設備設計一級建築士、CASBEE評価委員、珠算検定試験1級(笑)

【メディア掲載履歴】
Podcast 「美崎栄一郎の仕事の楽しさ研究所」第20回出演
日経ビジネスアソシエ:2011年11月号 手帳術
           2012年 7月号 ノート術
           2013年 7月号 ノートの極意
学研パブリッシング :仕事の教科書VOL.1 伸びる!ノート術
           仕事の教科書VOL.2 仕事が速い人の時間術
           仕事の教科書VOL.3 結果を出す人の手帳術

Twitter やってます
Facebookページ
記事検索 by Google
楽天カードでポイント生活はじめよう!
アクセスカウンター

    メッセージ

    直接のご連絡はこちらからどうぞ

    名前
    メール
    本文
    feedlyへの登録はこちらから!
    follow us in feedly
    ブログランキングに参加しています
    にほんブログ村 その他生活ブログ 手帳へ
    にほんブログ村
    かずの本棚(メディアマーカー)