技術屋かずのつれづれ日記

自分が体験したことで、ほかの人にもお勧めしたいことを書いていきます

ブログを通じて、仕事もプライベートも楽しく過ごす方法を探して多くの人と共有したいと思っています。
そのために、私が思ったことや感じたこと,得た情報などから「心が豊かになること」「社会に役に立つこと」を発信します。

旧ブログ「技術屋かずの徒然日記」 http://d.hatena.ne.jp/tkazu0408/ から引っ越してきました。
Twitterやってます。フォローしてもらえたら嬉しいです! https://twitter.com/t_kazu0408
Facebookページも作りました。「いいね!」してもらえたら、飛び上って喜びます! https://www.facebook.com/t.kazu0408

2015年10月10日 ここから再び「はてなブログ」に引っ越しました。
引っ越し先は”はてなブログ”でブログのタイトルは「日々是好日」
URLは http://kazu-eng.hateblo.jp/ です。
よろしければ、こちらものぞいてみてくださいm(__)m

行動

行動を変えるのは難しい(>_<)


20150212_蝉の抜け殻


1か月ちょっと前に『”あたりまえ”だと思ってやっていることは、本当に”あたりまえ”なのか?』という記事を書きましたが、またまた同じようなことを考えてしまいました。

ブログにしろ,1日1万歩歩くことにしろ,タイムログを記録することにしろ、何か成果が上がらない限り、やることに意味はないんですよね。

上に書いたことは、私が毎日続けていることだけど、果たして成果が上がっているのだろうか??
これらに費やしている時間を、他のことに当てたほうが成果が上がるんじゃないか??


と思ったのです。


それと同時に、

新しいことを始めるときには、それがうまくいかなければ止めてしまえばいい。
それまでやっていたわけではないから、元に戻るのは簡単。

でも、これまでやってきたことを止めるのは、それが毎日続けてきたことであれば、
止めた時点で少なくとも、連続していたことが途切れるわけで……

続けていたことを止めて成果が出ればいいのですが、そうじゃなかった場合、

せっかく〇〇日続けてきたことなのに、途切れてしまった。
止めなきゃよかった(>_<)

という気持ちになってしまうのではないか??


と思ってしまうんですよね……。

だから、試しに止めてみる、ということができない。



そんなことを考えながら電車に乗って、そのとき携帯していた本を取り出して読み始めたら、こんなことが書かれていました。

 ビジネス活動である限り最終的に求められるのは成果です。具体的に成果が上がらなければ企業では評価されません。成果の質を上げるには、「よし、明日から頑張ろう!」といった精神論(根性やガンバリズム)だけでは心もとなく、行動を変えなければいけません。新しい行動が新しい成果を生み出すのであり、行動を変えずして成果の質は、大きく変わりません。
 
 ところが、人間が行動を変えるのはそう簡単ではありません。いくらアメとムチで無理やり変えようとしても、行動の意味や重要性を理解していないと、期待する行動に結び付きません。それどころか、頭と心や体がチグハグになり、余計に妙な結果になってしまいます。
 
 行動を変えるには、まずは考え方を変えなければなりません。固定化された思考の枠組みを打ち破ってこそ、新しい行動が生まれてくるのです。
 
 そこで問題となるのが、頭の固い自分の思考をどうやって打ち破るかです。これはまさに至難の業です。しかも歳をとればとるほど難しくなってきます。

まさに今思っていたことを言い当てられたような気持ちになりましたね。

なんで、こんなことを考えているときに、こんな文章を目にするのだろう?? って……。


この文章で、

これまで続けてきたからという理由だけで続けるのなら、意味がない。

と言われているような気もします。


いわゆるサンクコストみたいなものですよね。


それから「完璧主義で几帳面」という私の性格も悪さをしているのでしょう。

自分が勝手に続けているだけだから、それが途切れたからといって、私以外の誰かが残念がるわけでもないんですよね。

うまくいっても行かなくても、

まぁ、いいか~ しょうがない

そんな気楽な気持ちで始められたらいいのにね……。



自分が望む成果が何なのか??

今やっていることで、その成果に近づいているのか??

それとも、今やっていることを止めて新しいことを始めたほうが成果に近づきやすいのか??


そんなことを考えてみたいと思います。

そして、後者だろうと思ったら、試しに行動します!!




【関連記事】

”あたりまえ”だと思ってやっていることは、本当に”あたりまえ”なのか?




【参考書籍】



最後までお読みいただき、ありがとうございました!
最後にもう1つお願いがあります。
人気ブログランキングに参加しています。あなたの1票がランキングに反映されますので、よろしければクリックをお願いします。
   にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

feedlyへの登録はこちらから↓
follow us in feedly



なかなか上手くいきませんね(>_<)





昨日の記事で、体重がヤバいことになってきたので、

朝食は果物だけにしようかな? と思っている

と書いたにもかかわらず、今朝の朝食は上の写真のようになってしまいました(>_<)


だって、このホテルの朝食バイキングにはフルーツがなかったんだもん……(ノ_-。)


でも、前回泊まったときと比べると少ないですよね??


(これが前回宿泊したときに食べた朝食です。今回より多いよね??)


そう感じるのは私の気分だけかな??(;^_^A



いやぁー、でも、お風呂に入って自分のお腹を触ってみたら、

ずいぶん浮き輪が膨らんできたような気がするな~

とあらためて感じてしまったので、なるべく早めに萎ませるように、いろんなことをやっていきます!


本物の浮き輪みたいに、栓を外したらスーーーーっと抜けてくれればいいのになぁ(;^_^A



どんなことでもアタマで考えているだけでは何も変わりません。

変わる,変えるために必要なことは行動すること!

小さなことでもコツコツ積み上げれば、結果的には大きく変わります。


考えるだけではなく、少しずつ行動を変えていきましょう!!




【関連記事】

ますますやばくなってきました(>_<)





最後までお読みいただき、ありがとうございました!

最後にもう1つお願いがあります。

人気ブログランキングに参加しています。あなたの1票がランキングに反映されますので、よろしければクリックをお願いします。
    ブログランキング・にほんブログ村へ

feedlyへの登録はこちらから↓
follow us in feedly



ビジネス書は参考書




昨日届いたメルマガにこんなことが書かれていました。
【読書=>行動じゃなくて・・】

事業をやる上で、
  • 課題になること
  • 新たに身に付けなければならないこと
  • 誰に聞けばよいか、何を質問すればよいかわからないこと
そんな「課題」を補強するために、書籍を活用することをオススメします。

つまり、読書=>行動 ではなく行動=>読書=>行動 ということ。

事業課題があって、それを解決するために本を読んで行動するのであれば「忘れません」し、むしろ、「忘れても構わない」かと。

問題が解決することがゴールであって、本の内容を覚えていることがゴールなのではないはずですから。

ということで、まとめると
  • 事業課題を解決するために本を読む。※本の全部を読まなければならない訳ではない。
  • 本を読んで覚えることを目標に「しない」。※行動解決することを目標とする。
です。

これを読んで私は、

ビジネス書を読むということは、参考書を見るのと同じなんだ。

学生時代にわからないことがあったり、
もっと深く知りたいことがあったときに参考書を買っていたけど、
それと同じ。

参考書は、自分にとって必要なところは何度もじっくり読むけど、
知っていること、できている部分は飛ばして読む。

小説だったら最初から最後まで読まないストーリーがわからないけど、
ビジネス書は必要なところだけつまみ食いでいいんだ。

そう思ったのです。


でもねぇ……。

ビジネス書は参考書、とか
本は道具だから使うもの、とか

何度も聞いたことがあるし、その度に
全部読まなくていいんだ
とは思うものの、どうしても最初から最後まで通して読んでしまうんですよねぇ……。

それは、
せっかく手にしたのだから、最初から最後まで全部読まなきゃもったいない、とか、
読み飛ばしたところに、もっといいことが書いてあるのではないか?、
という気持ちがあるからなのかもしれません。

これって、貧乏性なんですかね?(;^_^A



本は参考書であり、最初から最後まで全部読む必要はない

あらためてインプットしたので、今度はこれを行動に移さなければ!
ですよね~

最近ビジネス書を読む量は減っているけど、次に読むときは、
特にハウツー本のときには、
自分にとって必要なところを重点的に読むように心がます!



時間は有限だし、貯めることも人からもらったり借りたりすることもできないという点ではお金よりも貴重です。
そんな貴重な時間を無駄に使わないようにしましょう!!


最後までお読みいただき、ありがとうございました!
最後にもう1つお願いがあります。
人気ブログランキングに参加しています。あなたの1票がランキングに反映されますので、よろしければクリックをお願いします。
   にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

feedlyへの登録はこちらから↓
follow us in feedly



考え方を変えれば、感情や行動・結果も変わるのか?


150414_考える

ブログを書くとき、私はそのときに気になっていることしか書かない(書けない、といった方が正しいかもしれません)のですが、最近書いた記事一覧を見て

鬱々と考えて,悩んでばかりいるな~

と思ってしまいました。

が、今日もそんな話を書いてしまうんですけどね(;^_^A



松井秀喜さんの座右の銘であり、中村俊輔選手の『夢をかなえるサッカーノート』にも出てくる(らしい)
心が変われば行動が変わる
行動が変われば習慣が変わる
習慣が変われば人格が変わる
人格が変われば運命が変わる
──ウィリアム・ジェイムズ(心理学者、哲学者)──
という言葉がありますが、みなさんは、1行目

心(=思考・考え方)が変われば行動が変わる

が簡単にできると思いますか?


私は、

心(=思考・考え方)は、これまで生きてきた中で、親やまわりの人の影響を受けながら、自分が生きやすいように無意識に学習してしまったこと

なので、これを自分の意志で変えようとするのは難しいのではないか、と思っているのです。


でも、今までと同じことをやっていては出てくる結果も同じだとも思っています。
だったら、まず最初に何を変えるのか??
それは「行動」だと思うんですよね。

やりたいとかやりたくないとか、成功するか失敗するか、なんてことは関係ない。
まずは、やると決めて行動することが大事なんじゃないかって。(「やらない」と決めることも行動だとも思いますが)


「人間万事塞翁が馬」という故事がありますが、幸か不幸か、成功か失敗かなんて、その時点でわかるものではないのです。

大事なのは、やると決めたことが正解だったと思えるように、自分が行動すること

「どうせ無理」と思いながら始めたら、最初っからできないことを前提にしているのだから、上手くいくわけがありません。


白熱電球を発明する際、エジソンは1万回失敗したと言われてますが、エジソン自身は
失敗したのではない。上手くいかない方法を発見しただけだ
と言ったそうですが、この精神は必要だと思うんですよね。

うーん、でも、これも「考え方」といえば「考え方」か(;^_^A


ということで、
あれこれ悩むことに時間を使うよりも、さっさと行動して、上手くいかない方法でもいいから発見してしまいましょう!! (と自分に言い聞かせる(;^_^A)


【人間万事塞翁が馬の解説】

昔、中国北方の塞(とりで)近くに住む占いの巧みな老人(塞翁)の馬が、胡の地方に逃げ、人々が気の毒がると、老人は「そのうちに福が来る」と言った。
 
やがて、その馬は胡の駿馬を連れて戻ってきた。
人々が祝うと、今度は「これは不幸の元になるだろう」と言った。
 
すると胡の馬に乗った老人の息子は、落馬して足の骨を折ってしまった。
人々がそれを見舞うと、老人は「これが幸福の基になるだろう」と言った。
 
一年後、胡軍が攻め込んできて戦争となり若者たちはほとんどが戦死した。
しかし足を折った老人の息子は、兵役を免れたため、戦死しなくて済んだという故事に基づく。
 


最後までお読みいただき、ありがとうございました!
最後にもう1つお願いがあります。
人気ブログランキングに参加しています。あなたの1票がランキングに反映されますので、よろしければクリックをお願いします。
   にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
feedlyへの登録はこちらから↓
follow us in feedly



悩むのは結果が出てからでいい


141030_お金


失敗したらどうしよう?
怒られたらどうしよう?
嫌われたらどうしよう?
……

こういうのを心配ごとと呼ぶんですよね?

ところで、これらすべてに共通していることは何かわかりますか?

それは、すべて、まだ起こっていないということ。
まだ失敗していないし、怒られていないし、嫌われてもいないのです。


それなのにどうして心配するのでしょうか?
それは、今持っているモノ ── モノといっても物体だけではなくお金や人間関係まで含めたすべてのこと ── を失いたくないからだと思うのです。



ハングリー精神がある人は強いと言いますよね? それはなぜか?
その人には失うものがないから,欲しいと思う気持ちしかないから取りに行く、つまり行動できるのだと思います。

そう思うと私たちはいろんなものを持ちすぎているのかもしれません。
今あるものを少しずつ手放して、ハングリーになって、欲しいものは欲しい! そんな気持ちで取りに行く行動力が必要なのでしょうね。



昨日SNSを見ていたら 
過去のことばかり考えていたら、これからのことを考える時間が足りない。本当は上手くいくはずのことも、上手くいかなくなってしまうかも。
という言葉が流れてきましたが、心配したり悩んだりするのも同じ。

まだ起きていない未来のことに対して、起こってしまったらどうしよう? と考えてばかりで動かない(動けない)のは時間の浪費です。


もちろん失敗したら全財産を失いかねないことや命を落としかねないことはやるべきではありませんが、最悪のことを想定して、それを乗り越えられると思ったら行動するべきです。

だって、人生は悩むには短すぎるのですから……。

という私もあれこれ考えてばかりで、なかなか行動に移さないんですけどね(;^_^A


でも、今あらためて気づいたのだから、今からまたやればいい。

三日坊主がいけないのは、4日目にやらなくて、その後もやらなかったから。
たとえ4日目にやらなくても、5日目に再びやればいいのです!
そうすれば、たとえ三日坊主を繰り返したとしても、4日のうち3日、75%の割合でできたことになるのですから……。


それに気づくのも早くなると思います。

最初は夜になって、あっ、またやってしまっていた(>_<)
と思うかもしれないけど、そのうち、1時間か2時間後に気づくようになるtだろうし、直後に気づくけるようにもなるでしょう。
そして最後はやらなくなる。

人間って、なかなか1度でできるようになる生き物ではありませんからね。
自然にできるようになるように,習慣になるように繰り返しやっていきましょう!


【関連記事】
人は忘れる生き物


【参考サイト】
TABI LABO みんな違って、みんないい。あなたが変えるべきではない「6つのコト」



最後までお読みいただき、ありがとうございました!
最後にもう1つお願いがあります。
人気ブログランキングに参加しています。あなたの1票がランキングに反映されますので、よろしければクリックをお願いします。
   にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
feedlyへの登録はこちらから↓
follow us in feedly





後悔先に立たず


昨日の記事では「絶対に失敗しない方法」は「何もしないこと」「行動しないこと」だと書きましたが、それは違うんじゃないか? 「行動しないこと」はいちばんリスクが高いことじゃないか? と思い始めました。

なぜなら、
行動しなければ失敗することはないでしょう。
でも、もしかしたら手に入れることができるかもしれないものを自らあきらめてしまうことだから。
それだけならまだいいのですが、自分が行動しなかったことで他人が取ってしまう可能性があるということでもあるからです。

他人に取られたあとで、「やっぱり欲しかった,行動すればよかった」と思っても遅すぎるのです。
「後悔先に立たず」と言いますが、これこそ後悔ですよね。

また、「据え膳食わぬは男の恥」(これは意味が違うか(;^_^A)とか、「チャンスの神様は前髪しかない」とも言います。

(この写真は「イマジンプラス社長 笹川祐子の感謝ブログ」から拝借しました)



行動しないことは一見リスクがなさそうに見えますが、実はそれが最大のリスク。
常にそういう気持ちで、目の前に現れたチャンスは積極的につかみにいきたいですね。

来年から、と言わず今日から、いやっ、今から、
チャンスの神様の前髪をつかみに行こう!!





最後までお読みいただき、ありがとうございました!

最後にもう1つお願いがあります。
人気ブログランキングに参加しています。あなたの1票がランキングに反映されますので、よろしければクリックをお願いします。
   ブログランキング・にほんブログ村へ

feedlyへの登録はこちらから↓
follow us in feedly



リスクとリターン


141224_失恋


絶対に失敗しない方法があるとしたら、知りたいですか?
知りたいですよね?

その方法は後半で書くことにして、まずはリスクとリターンのことから。


リスクというと失敗する,損をする可能性と思われていますが、そうではないんですよね。
予想・想定から外れる可能性だから上にズレる、投資の話で例えると予想以上に儲かることもリスクの内に入るんです。


よく、ローリスク・ローリターン,ハイリスク・ハイリターンと言われますが、ローリスク・ハイリターンはないのです。(私は、私に限らずみんなかな? ゼロリスク・ハイリターンなものがあれば、すぐに飛びつきますけど)

やっぱり高いリターンを求めるのなら、それ相応のリスクも覚悟しなければいけません。

ときどき「ローリスク(ゼロリスク)・ハイリターンな商品です」とかって売り込みの電話がかかってくることがありますが、そんなにオイシイ話はないと思うんですよ。
そんな商品なら、売ってる本人は買ってるの? って。(今、変換間違いで「勝ってる」と出たけど、この字の方が正しいかも、と思ってしまいました)



ではここで最初に書いた「絶対に失敗しない方法」ですが、それは「何もしないこと」「行動しないこと」です。
なーんだ、あたりまえじゃん、と思われるでしょけど、そう、あたりまえなんです。世の中、あたりまえのことしか起きないと思うんですよ。


じゃあ、いつでもリスクを覚悟で行動しているかというと、私は「何もしない」という選択をしていることもかなりあります。それは失敗が怖いから……。

たとえばこんなとき。
会議で言いたいことがあるのに、そんなことを言っても否定されるんじゃないか? と思ったら言えない、とか
質問があっても、こんなことを聞いたらそんなことも知らないのか? と思われるんじゃないか? とか
好きな異性がいるのに、告白してもフラれるんじゃないか? と思うから告白できない、とか……。
あげたらきりがないほど浮かんできます(;^_^A


では、行動できるときとできないときの違いは何なんでしょう?
それは成功する「自信」があるかないかですね。


でも、100%できることだけやってて楽しいのかな?
 
先日、あるPodcast番組を聴いていたら
ジェットコースターやお化け屋敷は怖いから楽しい
という話をされていましたが、私は、そうだよな~と納得してしまいました。(この話をしたら友人から、それは安全が保障されている前提で、とも言われましたけどね)



またリスクの話に戻りますが、
失敗したらどうなるのか? その責任は取れるのか? 取る覚悟はあるのか?
の答えが YES! なら行動するべきだと思うんですよね~ このごろ。

失敗したって命まで取られるわけじゃない
会社をクビになるわけでもない
破産するわけでもない

そう思ったらたいていのことはできるんじゃないかな??

でも、私にも守るべきものもあります。
守ってあげなきゃいけない立場の私がリスクを冒し過ぎて守ってもらわなきゃいけない立場になってはいけませんけど。

そのあたりのバランスを考えながら、来年は今年以上に行動しようと思います。
まずは、どんなことをやりたいのか? 年内に計画を立てよう!


でも、いくら計画を立てても,人に聞いたり本で読んで勉強してもそれだけでできるようにはなりません。
それは、どんなに本を読んだり人に聞くだけでゴルフがうまくならないのといっしょ。
やっぱり自分の身で経験しないと上達しませんから。


100回やって99回失敗したとしても、たった1回の成功で100回投資した以上のリターンが得られるのならやった価値がある
そういうつもりで来年は行動する年にします!

女性に振られて悲しいと落ち込んだまま、過去をひきずったままいるのか?
はっきりしてよかった。これから次を探そう、と前に進んで行くのか?
どちらを選んだ方がいいかは明らかですよね。

失敗しないために行動しないのではなく、失敗したら次で取り返す、そんな気持ちで行動していきましょう!!
 


最後までお読みいただき、ありがとうございました!

最後にもう1つお願いがあります。
人気ブログランキングに参加しています。あなたの1票がランキングに反映されますので、よろしければクリックをお願いします。
   ブログランキング・にほんブログ村へ

feedlyへの登録はこちらから↓
follow us in feedly





プロフィール

かず

本業は快適空間創造家

1966年生まれ。
1992年、九州の某国立大学大学院修士課程修了後、大手建設会社に入社。
1996年から1998年の2年間イギリスの現地法人に出向。

入社以来オフィスビルやマンションの設計を行ってきたが、最近では大型ショッピングセンターなど主に商業施設関連の設備設計業務に携わっている。

8年ほど前、仕事のプレッシャーから軽度のうつ状態におちいるが、それを契機に完璧主義から脱却。今では、当時よりもプレッシャーがかかる状況であっても楽しく仕事をしている。

自分の経験を生かし、プレッシャーの中でも楽しく仕事をする方法を伝えるとともに、ココロが折れそうになっている人を少しでも支えていきたい。

今は仕事のストレスはほとんど感じていないが、あえて言うならストレス発散方法は週末のウォーキングと、通勤時間中の読書。電車内で本を読むことで、ONとOFF、仕事モードと家庭モードを切り替えている。

45歳にして勉強会デビュー。仕事関係以外の人との交流の楽しさを知る。


【取得資格】
一級建築士、建築設備士、設備設計一級建築士、CASBEE評価委員、珠算検定試験1級(笑)

【メディア掲載履歴】
Podcast 「美崎栄一郎の仕事の楽しさ研究所」第20回出演
日経ビジネスアソシエ:2011年11月号 手帳術
           2012年 7月号 ノート術
           2013年 7月号 ノートの極意
学研パブリッシング :仕事の教科書VOL.1 伸びる!ノート術
           仕事の教科書VOL.2 仕事が速い人の時間術
           仕事の教科書VOL.3 結果を出す人の手帳術

Twitter やってます
Facebookページ
記事検索 by Google
楽天カードでポイント生活はじめよう!
アクセスカウンター

    メッセージ

    直接のご連絡はこちらからどうぞ

    名前
    メール
    本文
    feedlyへの登録はこちらから!
    follow us in feedly
    ブログランキングに参加しています
    にほんブログ村 その他生活ブログ 手帳へ
    にほんブログ村
    かずの本棚(メディアマーカー)