技術屋かずのつれづれ日記

自分が体験したことで、ほかの人にもお勧めしたいことを書いていきます

ブログを通じて、仕事もプライベートも楽しく過ごす方法を探して多くの人と共有したいと思っています。
そのために、私が思ったことや感じたこと,得た情報などから「心が豊かになること」「社会に役に立つこと」を発信します。

旧ブログ「技術屋かずの徒然日記」 http://d.hatena.ne.jp/tkazu0408/ から引っ越してきました。
Twitterやってます。フォローしてもらえたら嬉しいです! https://twitter.com/t_kazu0408
Facebookページも作りました。「いいね!」してもらえたら、飛び上って喜びます! https://www.facebook.com/t.kazu0408

2015年10月10日 ここから再び「はてなブログ」に引っ越しました。
引っ越し先は”はてなブログ”でブログのタイトルは「日々是好日」
URLは http://kazu-eng.hateblo.jp/ です。
よろしければ、こちらものぞいてみてくださいm(__)m

読書法

私の読書法

141201_本

読書法には、速読・精読・熟読・積読・・・いろいろあるけど、みなさんはどんな方法で読んでいますか??(積読は実際には読まないんだから読書法とは呼べないですね(笑))


先日も読書法に関する書籍を紹介しましたが(その記事はこちら)、今の私は精読・熟読に近い読み方をしています。
 
だからといって、ずっとそればかりやってきたわけではなく、
もっとたくさんの本を読みたい! そのためには早く読めるようにならなければ!
と思って速読とまではいえないけど、早く読もうとしたことはあります。
あっ、フォトリーディングってどんな方法だろうと思って、『あなたもいままでの10倍速く本が読める』を読んだりもしましたね。でも、一度もやらなかったけど(;^_^A


どうすれば早く読めるようになるのだろう? と思っていたとき、友人に
早く読むには大事なところを探すように読めばいい 
と教えてもらってやってみたこともありました。
確かに早くは読めたのだけれど、仕事や勉強で探し物をしているような感じで全然楽しくなかったんですよね…。
だから数回やってみただけでやめました。

だって私にとって読書は、それ自体が楽しいことであり、そのあとなにかする──たとえばブログに感想を書く──というのは二次的なものなので。

せっかく時間をかけるのなら自分が楽しいと思う方法でやりたいんですよね。
私の場合は、たくさんの本を読むために速読するより、自分が理解できるスピードで読む方が楽しかった、だから速読はやめて普通の読むことにした、ということです(^^)


勉強や仕事の役に立つのなら速読を身につけてもいいでしょう。でも、趣味の読書の場合は自分が楽しい方法でするべきですよね。だって、どんなことでも楽しくないと続かないし、続かなければ身にもつかない。「継続は力なり」といいますからね(^^)


ということで、読書に限らず、どんなことでも、
どうやったら自分が楽しめるのか?
を考えてその方法で続けていきましょう!!
(今の私はブログを楽しく書く方法を見つけなければ(;^_^A)



【参考書籍】

フォトリーディングってどんなの? どうすればいいの? と思ったときに読んだ本です。

先日紹介した本ですね^^ 
著者と対話しながら読む「エモーショナル・リーディング」をすすめられています。

ライフネット生命元CEOの出口治明さんの著書ですが、出口さんも本は著者との対話だから速読はしないとおっしゃっています。それに目次も読まないとか...。
本書には出口さんお薦めの本も載っているので参考にしてみてはいかがでしょうか。


これもブログで紹介しましたね。齋藤孝先生は速読推奨派だし、本書には3分とか30分で1冊を理解する方法も紹介されていました。


読書法の本といえば、こんな本もありました。私も読みましたが、ここまではなかなか……(;^_^A



読書法に限らず手帳やノートのところでも書いていますが、本に載っている方法はあくまで”著者がやって効果があった方法”であり、自分も同じことをやって効果があるかどうかはわからないし、まったく同じ方法ができるはずがありません。
”そんな方法があるんだ”ということを知って、自分がやりやすくて効果が出る方法を見つけ出してくださいね^^
(ブログを楽しく書く方法の参考になる本はないかなぁ??...ボソッ)



今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました!

最後にもう1つお願いがあります。
人気ブログランキングに参加しています。あなたの1票がランキングに反映されますので、よろしければクリックをお願いします。
   にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ


feedlyへの登録はこちらから↓
follow us in feedly


私が書いた記事をを著者さまのブログで紹介していただきました\(^o^)/

先日書いた記事『ビジネス書は楽しい【本の紹介】矢島雅弘(著)『一冊からもっと学べる エモーショナル・リーディングのすすめ』』を、この本の著者である矢島雅弘さんのブログでご紹介いただきました(^^)
紹介していただいた記事はこちら

こんな経験は初めてなので、うれしいような恥ずかしいような……
やっぱり少し照れくさいですね(;^_^A



矢島さんが私のブログを読んだ感想を、まず最初に
文章を読んだときに、執筆者のかずさんは僕に近い本の読み方をされてる人だなぁ~と感じました。
というのも、このブログ。僕の書く新刊ラジオの台本にそっくりなんです(笑)
情報を紹介していく順番とか、感想の入れ方とか。
違う点は、ブログなので画像が入っていること、でしょうか。
と書かれていますが、それもそのはず。
どうすれば矢島さんみたいな説明ができるようになるんだろう??
「学ぶ(まなぶ)は真似ぶ(まねぶ)」新刊ラジオはテキストでも読めるし、参考にしよう!
と思って読んでいた
と紹介いただいた記事の前日に書いた『やってみたいと思ったときが絶好のはじめどき』という記事の中で暴露しちゃってますからね(;^_^A

「真似しよう」とはそれほど意識はしていなかったのですが、「門前の小僧習わぬ経を読む」のごとく、気づかない間に身についてきてしまったのかもしません。(そういう意味でも、いいリスナーだな~(笑))

それに、矢島さんは著書の中で「(新刊ラジオの)喋り出しを問いかけで始める」ようにテコ入れが行われた(p22)と書かれていましたが、私も質問から始めることも多いですもんね。


あーー、でもこんなことまで書いちゃうと、次から意識しちゃいそうだなぁ...(;^_^A




本を読んだだけではわからなかったけど、ブログを読んで、「そういう理由だったのか!」と思ったこともありました。それは、読書メモの取り方のこと。

私は本文を書き写すのがめんどくさいので、付箋にメモ書きして貼っていますが、ノートに書いておくと、そういう利点があるんだ~ということもわかりました(^^)
どういう理由なのかは、矢島さんのブログを読んで考えてみてくださいね~

私も読書メモ(本文引用と、その部分へのコメント)はノートではなく、メディアマーカーに入力していたけど、最近はサボっているので、復活させなきゃな~とも思ったのでした(;^_^A



それから、私の記事からも引用していただいたうえに、
うわあ~!こういう感想って嬉しいですね!!
僕はアウトプットありきの読書家なので、こういう読み方をして頂ければ本望です。
というお言葉までいただいてしまいました。


本書の中で
「もし会えたら著者が喜ぶくらいの読者になってやろう」という意気込みで「著者の分身」である本と「対話」すれば、一冊の本はより雄弁にあなたに語りかけてくるようになるのです。(P79)
と書かれていますが、私のブログを読んで矢島さんに喜んでいただけたのなら、私は「いい読者」だったのかな^^

これからも著者と対話するような気持ちで本と向かい合い
ああ、良かった~ちゃんと読み取ってくれたなぁ~
と思ってもらえるような読者になりたいと思います!


まだまだ矢島さんの紹介の仕方には足元にも及ばないワタクシですが、この本や新刊ラジオを参考にしながら学び(真似び?)続けたいと思っていますので、今後ともよろしくお願いいたします!



【追伸】

12月7日(日)に開催される
で講師として登壇されるとのこと。

私も参加したいな~~~
とは思っているものの、別のイベントもあり、どちらに参加しようか(あるいは、14時スタートの方を途中で抜け出そうか)と考えているとことです。
日曜日の遅い時間からですが、懇親会もあるようなので、お時間のある方は参加してみてはいかがでしょうか。






最後までお読みいただき、ありがとうございました!

最後にもう1つお願いがあります。
人気ブログランキングに参加しています。あなたの1票がランキングに反映されますので、よろしければクリックをお願いします。
   にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ


feedlyへの登録はこちらから↓
follow us in feedly



プロフィール

かず

本業は快適空間創造家

1966年生まれ。
1992年、九州の某国立大学大学院修士課程修了後、大手建設会社に入社。
1996年から1998年の2年間イギリスの現地法人に出向。

入社以来オフィスビルやマンションの設計を行ってきたが、最近では大型ショッピングセンターなど主に商業施設関連の設備設計業務に携わっている。

8年ほど前、仕事のプレッシャーから軽度のうつ状態におちいるが、それを契機に完璧主義から脱却。今では、当時よりもプレッシャーがかかる状況であっても楽しく仕事をしている。

自分の経験を生かし、プレッシャーの中でも楽しく仕事をする方法を伝えるとともに、ココロが折れそうになっている人を少しでも支えていきたい。

今は仕事のストレスはほとんど感じていないが、あえて言うならストレス発散方法は週末のウォーキングと、通勤時間中の読書。電車内で本を読むことで、ONとOFF、仕事モードと家庭モードを切り替えている。

45歳にして勉強会デビュー。仕事関係以外の人との交流の楽しさを知る。


【取得資格】
一級建築士、建築設備士、設備設計一級建築士、CASBEE評価委員、珠算検定試験1級(笑)

【メディア掲載履歴】
Podcast 「美崎栄一郎の仕事の楽しさ研究所」第20回出演
日経ビジネスアソシエ:2011年11月号 手帳術
           2012年 7月号 ノート術
           2013年 7月号 ノートの極意
学研パブリッシング :仕事の教科書VOL.1 伸びる!ノート術
           仕事の教科書VOL.2 仕事が速い人の時間術
           仕事の教科書VOL.3 結果を出す人の手帳術

Twitter やってます
Facebookページ
記事検索 by Google
楽天カードでポイント生活はじめよう!
アクセスカウンター

    メッセージ

    直接のご連絡はこちらからどうぞ

    名前
    メール
    本文
    feedlyへの登録はこちらから!
    follow us in feedly
    ブログランキングに参加しています
    にほんブログ村 その他生活ブログ 手帳へ
    にほんブログ村
    かずの本棚(メディアマーカー)